喫茶 輪

コーヒーカップの耳

『故郷七十年』柳田國男著

2017-03-06 16:38:08 | 宮崎修二朗翁
昨日の神戸新聞夕刊にこんな記事が。
←クリック
柳田國男の『故郷七十年』がまた復刻されたと。
柳田の自伝となってますが、これは実は、お話しになられたのを記者が聞きとってテープ起こししたものがもとになっている。
この本が成るまでのこと、『KOBECCO』2013年4月号5月号6月号と3回にわたり書きました。
この『故郷七十年』は、柳田翁も「あれは失敗だった」とおっしゃっていたということですし、宮崎翁のあとを受けて聞きとりをされた嘉治隆一さんも「10年遅かった」(柳田翁が衰えてからだったので)と言われていたもの。
色々と問題のある本なのですが、今となっては貴重な柳田の証言ということになってしまっている。
興味のある人には、合わせて宮崎修二朗翁の『柳田國男トレッキング』(編集工房ノア)や『柳田國男その原郷』(朝日選書)なども読んでほしいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異常なし。 | トップ | 本名にしたので… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮崎修二朗翁」カテゴリの最新記事