富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

CTRA遺伝子群

2016-10-31 09:28:59 | 日記

 一昨日の夜、たまたまテレビをつけたら標題の言葉が出てきた。NHKの放送。センテナリアン(百寿者)つまり一世紀以上を生き続けている者、これについて新しい知見が明らかになったとか。

 うろ覚えながら・・・人体は加齢に伴って様々な炎症を起こす→これには急性の炎症と慢性炎症があり、この慢性炎症が老化を促進する→新たに発見されたCTRA遺伝子群はストレスを受けると活性化して慢性炎症を助長する→これは個体が満足感を得ると抑えられる(慢性炎症を促進しなくなる)→満足感には自分の欲求をのみ満たす快楽型と世のため人のために働いて生きがいを感じる生きがい型との二種類がある→前者はむしろCTRA遺伝子群を逆に活性化し慢性炎症を助長するが後者はこれを抑える→めでたしめでたし。

 高齢人口の増加は昨今様々な場面で現実の問題として取り上げられているように、ただ長く生き続けることはそれ自体では果たして良いことなのかどうなのか。横浜でも87歳の男性が追突した挙句、集団登校中の児童の列につっこみ一人が死亡している。この男性には認知症の疑いがあるとの事。もし、このCTRA遺伝子群をうまくコントロールできたならそれこそ健康で穏やかで充実した老後を送ることができる、と言う、高齢者には自分にとっても社会にとっても何より有り難いお言葉!!

 さらにこの番組では世界各国のセンテナリアンを紹介し、それぞれ『今』が人生で一番素晴らしい時間であることを語らせていた。彼らの頭の中では嫌な記憶が消去され楽しい記憶が把持されていると言う。楽しい記憶しかない『今』。ん〜ん、ご同輩、ここは一つ、世のため人のために一肌脱いでみようではありませんか。尤も、その機会に恵まれているかどうかはそれまでの人生にほぼすべて委ねられているので、・・・、いや、これがいかんのです。まだまだこれから。何せ、明るい老後が待っているのですから。

 ところで、この素晴らしい『今』、これって仏教で言う『法悦』の境地ではないでしょうか。人々はこれを求めて座禅を組んだり厳しい戒律を守って暮らしたり、或いはお題目を唱え続けてこの法悦を得ようとしてきたのではないでしょうか。更に言えば、これを手っ取り早く安直に手に入れようと、マリファナなどのドラッグに手を出すのではないでしょうか・・・。

 いずれにしろ、暗いニュースがほとんどの中で、妙に明るい話題でした。

 さて、今日は晴天。少し薄雲が流れていますが、気持ちの良い一日を過ごせそうです。そんな朝の富士山。6時9分撮影。

 そして6時16分には淡い彩りが強調され、

 いいですねぇ。一度消えた雪も戻ってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫或いは老いるということ

2016-10-30 09:40:02 | 日記

 と、三文文芸批評みたいなタイトルになりましたが、単に内容の希薄さをおどろおどろしいタイトルでケムに巻こうというだけの話。

 実は一時期、我が家のトラが痩せ細ってきていました。昔、猫を飼っていたというお客さんがいらっしゃって、その方の猫が死ぬ前、食餌の量が減ってきたと思ったらどんどん痩せてきて最期には顔が小さくなって死んでいった、というお話を伺ったばかり。トラも食餌が細くなってきていたのです。

 我が家のトラ、すでに10歳は超えています。十数歳。人間で言えば70歳前後でしょうか。野良猫の寿命は4、5年と聞いたことがあるので、それに比べてもそろそろなのかなぁ、など心配していたのです。

 さて、お立ち会い、以前何かの理由で餌を替えたことがあります。するとその新しい餌はさっぱり食べなかったのでまた前の餌に戻したところ、普通に食べるようになりました。その時は「なに、生意気な!出された餌を黙って食え!!」くらいに思っていたのですが、それもあって躊躇していた『年寄り猫用』の餌に切り替えてみました。すると食うわ食うわ。またすっかりデブ猫への道を歩み始めているのです。こうです。

 

 そこでツラツラ考えてみたのです。そう言えば思い当たることがあるのです。しばらく前ですが、なんだか面白い顔をしていたのです。普段は口の中に収まっている右下の牙が口の外に出ているのです。それも斜めを向いて。当然口元も歪みます。なんだ?!『猫ギャグ』でも覚えたのか、など不思議な気分でその変な顔を見ていたのですが、それが実は抜けかかってグラグラしていたために、口を閉じても外に出ていたのですね、どうも。それがいつの間にか抜けたようで、きっと掃除機の中にでも吸い込まれたのでしょう。

 そこで、例の『年寄り猫用』の餌、これが以前のものより柔らかくできているのです。きっと他の歯もぐらついていて、硬い餌は食べられなかったんじゃないでしょうか。『年寄り猫用』ってのは単に運動量などに合わせた栄養成分が違うだけじゃないかと思っていたのですが、そうじゃなかったのですね。猫の歯周病、これだったようです。こういう餌が売られているということは、需要がある、つまり他にも同じ悩みを抱え苦しんでいる猫がいる、そういう話のようです。猫も犬も、人間同様、かつては見られなかった高齢化が進み、同じような問題が発生しているのですね。

 良い子のみんな、ちゃんと歯を磨いてるかな?うちのトラみたいになっちゃうぞ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれれ?! 消えちゃった!

2016-10-29 09:38:57 | 日記

 今朝は薄曇りに始まって濃い霧に包まれました。その霧が晴れるとお約束の晴天、とはいかず、しばらく重たい空だったのですが、偏西風がきっちり仕事をしているのか、西の方から晴れ間が広がり、今は見事に晴れ渡っています。

 ところが、です。せっかく初雪化粧宣言ではなく初冠雪宣言(こだわってます)が出たにも拘らず、なんと山頂の雪はほとんど見えません。昨年の写真など見ますと、今くらいには8合目あたりまでは雪に覆われていたのですが。やっぱり暖かくなっているようです。これがたまたま今年は、と言う事態なら良いのですが、傾向としてこうであるならちょっと嫌ですね。

 ま、それはともかく今日は風も強い所為か、実にクリアーな富士山が姿を現しました。ご覧ください。

 ね。雪、ほとんど消えちゃったでしょ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋そしてHarley!

2016-10-28 09:51:31 | 日記

 昨日は絵に描いたような秋晴れ。尤も、それもほぼ午前中だけだったのですが。それにしてもここを乗らずしてどこを乗るのかってくらい。で、行ってきましたよ、ハーレーで。確か11月からは河口湖のもみじ祭り。その会場となるあたり、まだ真っ赤っかとか真っ黄っきには今一歩でしたが、始まっちゃうと人や車でごった返すので、その前に。地元の強みです。残念ながらこの辺はバイクを停めるのがちょっとメンドくさいので通過。従って写真はありません。

 そして河口湖をぐるりと回って北岸の大石公園。ここで一休み。やっぱりここも外国人観光客がたくさん。

 湖は細長くしか写っていませんが、タイミングによってはここに逆さ富士が映ります。その駐車場に停めた我がハーレー。

 左下、マスターの影が映っています。実物が映っちゃうと些か不気味なので、影だけにしておきました。そこから河口湖をぐるりと回りお約束の『道の駅かつやま』で一服。そこの展望台からの眺めです。

 とか

 とか。

 それから富士山を上へ向かって少し走りました。樹間を走り抜ける快感!実は今年初めてのライディングだったのです。鹿や猿は当たり前、最近では熊やイノシシの目撃情報、この辺でも時々聞かれますので、若干スピードを落とし気味に走った訳です。ま、熊やイノシシとて、鉄馬の咆哮を聞けば逃げてゆくでしょうけれど。でも用心に越したことはありませんね。マスターは万事、慎重なのです。身長はちょっと寸詰りですが。

 そんなこんなで2時間ほど周辺を走り回り無事帰宅。ほぼ一年ぶりだと言うのに、ハーレー、実に好調でした。

 思えば、東京にいた時は目白通りで渋滞に引っかかり、トラックの排気ガスを吸わされ、河口湖を走り回るなど、1日がかりの小旅行でした。今では「ええ、ちょっとそこまで」気分なのですから、有り難い限りではありませんか。

 さて、今朝は曇りでスタート。今は薄日が差していますが、予報では夕方から雨。朝の富士山も雲とのコラボ。ぱっとしませんがご覧ください。7時55分撮影。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪化粧宣言、ん? 初冠雪宣言んん?

2016-10-26 09:47:12 | 日記

 

 これです。ちょっと近づいて見ると

 

 山頂の右側、影になっていて見えませんが、ここにも雪が降っています。

 さて、ここで問題になるのが、9月25日に富士吉田市から出された富士山初雪化粧宣言との関係。この日はマスターもこの目で確認してブログにも載せたのですが、気象庁からは梨の礫。で、ちょっとネットで調べて見ると、山梨日日新聞のサイトに、ありました。

 曰く、気象庁の初冠雪宣言は甲府気象台の職員が目視して確認できた日に出されるようです。富士吉田市の初雪化粧宣言との間に例年ズレがあるのは、この所為だったのですね。桜の開花宣言も一定の基準を満たしたことを気象庁の職員の目視で出されるようですから、同じ流れのようです。

 確かに甲府から見えても、雲が低く垂れ込めていれば却って地元では山頂が見えないという事態もあるのでしょうけれど、飽く迄も甲府気象台の目視によって決まるというのも、ナンダカナァ〜みたいな気がしないでもありません。その辺、「どうです?そちらからは見えましたか?」「はい、こちらからははっきり冠雪が確認されます。」「分かりました。それでは今日が初冠雪、と言う事で。ありがとうございました。」「どういたしまして。よろしくお願いします。」ガチャッ、ってな具合には行かないものなのでしょうかね。ま、そこが『権威』なのでしょう。日本的と言えば確かに日本的です。

 そんな訳で今日は快晴。本当に久方ぶりの快晴です。強烈な紫外線です。この辺でも下手をすれば夏日になりそうな24度の予想。昨日は確か最高気温が14度。いやはや、気温のジェットコースターですね。その所為か、風邪が流行っているようです。お気をつけください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加