富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

ちょいと体調が…

2014-01-31 10:13:08 | 日記
 昨日はちょっと体調を崩し、ブログ、お休みしました。幸い定休日だったので(定休日だったから、かな?)午後はゆっくり寝ていました。今朝もまだ完全ではないのですが、臨時休業する訳にはいきません。いつもの時間に起きて、いつも通りの準備を終え、開店を待ちます。コンジョですねd(  ̄  ̄ )。
 でも、まだちょっとフラフラするので、今日は朝焼けの富士山のご紹介で失礼します。左側にたなびく雲でしょうか強風に吹き飛ばされる雪でしょうか、ご覧下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンターの風景

2014-01-29 10:23:21 | 日記
 例えば誰もいないときに店に入っていらっしゃって、迷わずカウンターに座るお客さんは、ザックリ、二通りに分けられる気がする。一方は静かに本を読みたい、一人なのでテーブル一つ占領するのも気が引ける、そんなお客さん。他方は話したい或いは話しを聞いて貰いたい。
 前者はそのまま静かな環境を提供できればおおむねOK。さて、後者である。ここにはいろいろな人がいろいろな背景を持っていろいろなモノを求めていらっしゃる。もちろん駆け出しマスターにそのすべてにお応えできる力量はない。ないが、まずは耳を傾ける、これを徹底する。するとむしろ赤の他人であればこそ話せる内容もあるようで、千変万化、実に様々なお話を伺うことができる。時々はこのブログでもそれとなくご紹介しているが、なにせ広いようで狭く、狭いようで広いのが世の中。当然、関係者がその内容について個人を特定できるような情報は排除している。特に法的に守秘義務が課されている訳ではないが、社会人として最低限のマナー、ですね。
 その後者、話したい或いは話しを聞いて貰いたい、の群の方々で、一部の言いたいことは言う、という方を除いてほとんどがシャイな方であることに最近気づいた。むしろ、普通は逆に思えるのだが、そうではなさそうだ。だからこそ、普段なかなか聞けないようなことも聞くことができる。この辺、なにやら心理的なネジレがありそうで、そのうち暇を見てちょっと分析してみたいな、と思っているのですが、何かしらの結論がでたら、その時はこのブログでご披露いたします。

 なんだか思わせぶりで恐縮ですが、今朝は起きてすぐ東側の窓から外の風景を撮影してみました。中央少し上の右側、下弦の月、左側に明けの明星が見えています。空の色の見事なグラデーション、ご覧下さい。


 そして“お約束”の朝焼けの富士山です。因に富士山は南の方向に位置しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山

2014-01-28 10:06:20 | 日記
 昨日、最後にいらっしゃった女性お二人連れと富士山の話しで盛り上がりました。お二人とも地元の方で、地元の方は富士山はずうっとそこにあるものなので、あまり盛り上がらないことが多いのですが、お二人の言では、確かにそうだけれどもそれでも富士山を褒められると嬉しい、と。一体感というか富士山がむしろ自分の一部になっているのでしょうか。
 毎日、裾野から富士山を眺めるのは東京で見るのとは雲泥の差があります。大きさ、山ひだ、日々の或いはその日のうちでも時間による変化。特に、月明かりの空にシルエットで浮かぶ富士山!存在感がまるで違います。やっぱり素晴らしい山です。

 と言うことで、今朝の富士山。時間も昨日とほとんど同じですので、ほぼ同様の写真ですが(^_^;)、今朝撮ったものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜の午後

2014-01-27 09:46:11 | 日記
 昨日は一昨日のような怒濤の大賑わいはなく、静かな、それでいてそこそこお客さんが入っているという、絵に描いたような理想的な状態でした。その中にご近所のご夫婦とおぼしき二人連れ。多分二回目。日曜の静かな午後のひと時、お茶を飲みにきてくれました。
 休日の午後、勤め人ならこの時間がどれほど貴重であるか、言うをまたないでしょう。その時間をご夫婦で
「お茶でも飲みにいこうか」
とご主人が言い
「そうね、たまにはいいわね」
と奥さんが返す。そして連れ立って我が一楽へ。と想像してみました。で、ふと、自分が現役の頃のことを思い出した訳です。
 休日の午後、この時間の過ごし方が大げさな言い方をすれば、翌週の流れをすら決めてしまいます。その貴重な時間を、一楽で過ごして下さる。これは仇やいい加減な対応はできない…責任感というかモラルというか、いずれにしても「いやなら来なきゃいい」などとウソブくことの許されないような緊張感を覚えました。しかもオーダーはお二人ともブレンド。これがいい加減では他がどれほど良くても終わっています。正直、久しぶりに緊張して淹れました。
 ご主人は新聞を、奥さんは雑誌をみながら時々静かな会話を交わしています。そして帰り際、ご主人が
「コーヒー、おいしかった」
とニコッとして言ってくれました。(^∇^)v です。
 素敵な日曜日でした。

 では、寒い寒い朝の富士山です。ご覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客さん、ありがとう(^O^)/

2014-01-26 10:28:45 | 日記
 いえ、ね、きのうは久しぶりの大賑わいだったのです。棚に並べているカップ、グラス、サーバー、みな出払ってしまいました。シンクには洗い物が二段重ねになっています。水を持ってオーダーを伺う前に次のお客さんがいらっしゃる。いやいや、びっくりです。その大波の最後のお客さんにオーダー戴いたものをお持ちできたのは何分後だったか、よく覚えていません (^◇^;) 。それでも文句を言うでもなく、テーブルにお持ちするとニコニコして「ありがとう」と。何組かは前にも来て戴いているグループ。マスター、アドレナリンじゃぶじゃぶ状態で泡食ってバタバタしていると、ついに見かねて、お客さんご自身で水の入ったピッチャーをとり、お仲間に注いでくれていました。
 お一人でゆっくり本を読もうとしていらっしゃった女性の方も、テーブル席からカウンターに移って下さったり、半狂乱で騒いでいたのはマスターだけでした。ちなみに普段の土曜日は比較的静かな日が多かったのですが…いろいろな意味でお客さんに感謝感謝の一日でした。
 さて、きょうは如何相成りますか。戦々兢々の朝です。

 その朝の富士山。今日は昨日から妙に暖かく、助かるのは確かですがちょっと腰砕け気味くらいの気分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加