富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

万灯練り供養

2017-10-19 16:28:10 | 日記

 さて、それでは池袋東口出発の万灯練り供養の様子です。

 これはまだ出発前です。片側二車線の道路の駅と反対側の外側一車線分を講の連中が待機しています。7時出発。その時間が近づくと先頭の方から例の団扇太鼓が鳴り始めます。講によっては鉦や笛が入ります。そしてリズムというかアクセントというか、これも講によって若干違います。いずれにしろ、その音量は相当なものです。右端に写っているのが万灯。そして左側に法被を着たお兄さんが粋に纏を回しています。これが鬼子母神の表参道に入ると道幅いっぱいに広がりますから、この纏回しも大層大ぶりになりますが、ここでは左側一車線分しか使えないのに加えてもう一車線は車が通過していきます。だから、少し遠慮気味になっています。

 そして万灯ですが、これです。

 詳しくは分かりませんが中は塔がデザインされているようです。これは直接首からかけた紐と手で持っていますが、中には台車に積んで練っていく講もありました。この、手で持っていく万灯は時々揺すられるので、夜の空間をたゆたうクラゲを見るような緩い律動に引き込んでくれます。

 そして、団扇太鼓です。

 これを持って打ちながらずうっと練り歩くのですから、手にマメができ、それが潰れて・・・しかもこれが三日続く訳ですから、相当な疲労ではないでしょうか。そしてその音量の大きさにはびっくりします。たった一枚の皮を貼った太鼓なのに、両側のビルに反射して横を通る車の音をもすっかり圧倒してしまいます。それが腹にドンドンドンと響いてくるたび、何やらトランス状態に入っていくような気がします。尤も、宗教的にはそここそが重要な部分なのでしょう。

 やがて7時になると先頭から少しずつ進み始めます。この日のコースは池袋東口を出発して明治通りを千歳橋まで進み、目白通りに入ってそこから鬼子母神表参道を目指し、最後は鬼子母神本堂まで。普段はとても歩いて行こうとは思わない距離です。それを老いも若きも太鼓や鉦を叩きながら練り歩くのです。祭りの力、すごいものです。

 花火のドドーンも凄いものですが、それに勝るとも劣らないこの太鼓の響き。それが立ち並ぶビルに反射してしかも延々と続いていく。日々変わっていく都会の姿とその中で連綿と続く祭りとの年一回の出会い。或る意味、人間の精神が持つ、相矛盾する在り方の相克を見ているような不思議な感覚に捉えられます。

 来年も来ようかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玉手箱 | トップ | 大雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事