富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

待宵草

2015-07-29 10:40:11 | 日記

 庭に待宵草が花を見せてくれています。

 なんだかこれ、毎年載せているような気がします。お約束の太宰の『富士には月見草がよく似合う』のフレーズと共に。一昨年は確か1本。昨年は2本だったように覚えていますが、今年は4本生えています。詳しく調べたらもっとかも知れません。

 

 それにしても、待宵草、なんともロマンチックな名前です。宵を待つ。当然ただ暗くなるのを待つという事ではないでしょう。それなら泥棒だって暗くなるのを待つ訳ですから。泥棒にわざわざ託してこの名をつけたとは思えません。そうです、「いい人」が訪ねて来るのです。ただの推測ですが、妻問婚の名残ではないでしょうか。明治くらいまでは結構日本中でその習慣が残っていたそうですが。夜這いってやつですね。この『よばい』という言葉も『呼ばう』の名詞形だとか。

 そんなこんなを思わせる草です。

 

 初夏にはマーガレットが咲き誇り、それが勢いを落とし始めた頃オダマキが紫の花を見せ、そして月見草が一面を黄色に彩る、ん~ん、いいですねぇ~。来年が楽しみです。

 さて、今日は曇っているのでいくらか過ごしやすいようです。従って富士山は今日も見えません。それでも暑いところは今日も暑いようです。体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グダ~~ | トップ | 今日も暑い! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待宵草 (iina)
2015-08-02 22:04:01
待宵草(まつよいぐさ)とも女郎花(おみなえし)ともいい、あかばな科まつよいぐさ属だそうです。


『宵待草』 
1〕
  待てど暮らせど来ぬ人を  
  宵待草の やるせなさ  
  今宵は月も 出ぬそうな
2〕
  暮れて河原 星一つ 
  宵待草の 花が散る 
  更けては風も 泣くそうな 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事