富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

トゥオネラの白鳥

2017-02-22 09:11:10 | 日記

 朝、店の掃除や準備作業をしている時、マスターはiPhoneに落としてある音楽をランダムに聞いています。歌謡曲以外はなんでもありのガラガラポンです。で、今朝もいつものように作業に励んでいると、The Band の Evangeline が終わって、なんとシベリウスの『トゥオネラの白鳥』が流れました。いやいやいや、暗い!!。トゥオネラ、何と言ってもフィンランド神話の中の死の国だそうですから、暗くて当然と言えば当然なのですが。

 この曲、以前ドラマか何かで比喩的に使われていたのを聞いて、何故か引っかかりを覚え、購入したもの。シベリウスと言えばフィンランディアがあまりにも有名ですが、これはiPhoneに落としてないので、iPhoneのシベリウスはこの1曲のみ。従って、ランダム再生では滅多にかかることはありません。

 ところで、死の国は日本の神話にも黄泉の国が出てきます。例のイザナギ・イザナミの話ですが、こちらはイザナミが変わり果てた姿で出てきたり黄泉の醜女(しこめ)が追いかけてきたり、それを桃をぶつけて辛くも逃げ延びた、とかとか、と、中々の賑わいを見せております。翻ってフィン族のトゥオネラの場合はもっともっと静謐な、物理学に喩えて言えば、絶対零度の世界、そんな感じでしょうか。もちろんその世界を誰も見たことはないし、その可能性もゼロですが、どうもそんな印象を受けます。いずれにしろ、一日のスタートにかかる曲にしては極端に不適切なものであることは間違いありません。なのに、何故かそのまま最後まで聞いてしまい、結果、今に尾を引いている、そう言う話なのです。でも、もちろん嫌いじゃないんですよ。或る意味、『有』を以って『無』を表す、みたいな禅問答的魅力も感じます。

 さて、朝っぱらからヘンテコリンな話になってしまい、恐縮至極に存じます。お詫びのしるしに今朝の富士山です。まずは6時29分。

 背景の雲が中々いい雰囲気を作り出しています。そして9時9分には

 パッカーン、ですね。心晴れ晴れ。さすが富士山!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手紙 | トップ | あまり長生きしたくありません »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事