富士山…コーヒー…そしておしゃべり

富士河口湖駅からほど近い小さな喫茶店。店の事や近所の話題、富士山、季節の移ろい等々、見た事思った事をのんべんだらりと…

スペインからの

2017-10-15 08:41:39 | 日記

 昨日、雨で他にする事もなかったからでしょうか、スペインからの若いカップルが来てくれました。男性はカプチーノだったのですが、女性はグリーン・ティーのご注文。英語で話してくれるのですが、レベルはマスターをちょっと超えるくらい。な訳で今一歩スッキリとは聞き取れません。そのグリーン・ティーのご注文をいただいた際に、シュガーがなんとかかんとかとおっしゃっています。てっきり、砂糖は入っているのか?というご質問かと思い、入ってませんよ、とお答えするとどうもそうではないらしく、得意のパードン?を連発したのですが、結局、砂糖が欲しいとのご希望でした。難しい話でなくて良かったと胸を撫で下ろした訳です。

 それにしても、食文化の違い、面白いものです。一般に西欧の料理には砂糖をあまり使わないという話を以前どこかで見た?聴いた?覚えがあるのですが、それでほぼ必ず食後にはデザートを食べて糖分を補う、そんな流れと記憶しております。彼らが見えたのは午後を少し回ったところでしたから、多分どこかで食事を済ませてそれからいらっしゃったのでしょう。もしこれらの仮説が正しければ、彼らは習慣上、何か甘いものが必要になります。日本料理は特にこの辺では結構砂糖を使っているのですが。

 さて、カプチーノにもグリーン・ティーにも3g入りのスティックシュガーを2本ずつおつけしたのですが、お二人とも全部使っていらっしゃいました。体型は二人ともスリムなのです。なんとなくその勢いではぷっくりしていてもおかしくはないのですが。

 ところで、スペイン語、もちろんマスターにはちんぷんかんぷんです。イタリア語との区別さえつきません。それでハローに相当するのはスペイン語でなんて言うの?と聞くと、『オラ!」と元気よく教えてくれました。あとで調べたら、hola と綴るようですが、最初のHは発音されないのですか、ね?すると、彼がさようならは「アディオス」と付け加えてくれました。これはマスターでも知ってました。で、彼らがお帰りになる時、やりましたとも!「アディオス!!」。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加