野の花

ブログ小説、川柳、ジョウーク等です。

都の日暮れ 2

2016-10-16 11:12:00 | 日記
倉田洋平は二年前にある経済界の新年会で世話係りとして来ていた宮沢智恵子と初めて会った。こまめに各席を回っていた宮沢智恵子の大変な美貌に大きな衝撃とも云うべき胸の高まりを感じたのである。確かに宮沢智恵子は稀に見る美貌の女性で長身で長い髪がひときわ目立っていた。竹下景子か竹内結子に良く似ていると周りの人は言った。倉田洋平はなかなか宮沢智恵子に会う事が出来なかったが宮沢智恵子への思慕の情は日に日に高まっていった。
つづく
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都の日暮れ第1 回 | トップ | 都の日暮れ 3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。