野の花

ブログ小説、川柳、ジョウーク等です。

都の日暮れ 5

2016-10-16 11:14:26 | 日記
倉田洋平は部下の幼なじみの野中浩司を連れて週末に初めて久茂地にあるフランス料理店ラセーヌオンに行った。確かにあの経済人の集まりで世話役をしていた宮沢智恵子が二人の女性と食事を楽しんでいた。倉田洋平は嬉しかった。ビールを飲みながら宮沢智恵子らの席を時々見た。倉田洋平はマスターを呼んだ。私はこんな者だがと名刺を渡しながらこの店の最高級のワインを出してくれと言った。それから部下の野中浩司にあの宮沢智恵子達にそのワインを何とかして飲んで貰うことは出来ないものかと言った。マスターにお願いしてみましょうと云い、肉料理を注文しながらしきりにマスターに頼んでいた。暫くして肉料理が運ばれ倉田洋平らは雑談をしていた。あのうーといきなり背後から声を掛けられた。宮沢智恵子だった。ワインの礼を言った。倉田総合産業さんの方々ですか、私はと宮沢智恵子は自分の名刺を渡した。どうぞよろしくと云い席に戻った。倉田洋平は嬉しくて、嬉しくてたまらなかった。これをきっかけに倉田洋平は毎週末、このラ セーヌオンに通うようにな
っていった。
つづく
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都の日暮れ 4 | トップ | 川柳 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。