What A Wonderful World

本&漫画&映画&アニメ&スポーツ、好きなものを語ります。

ゾンビ映画の父 ジョージ・A・ロメロ監督 死去

2017年07月17日 15時59分09秒 | 映画
 映画のジャンルに”ゾンビもの”を創りだした偉大な監督さんでした。映画「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」はねぇ、やっぱり初見の時は、相当なショックを受けましたよ~(なにせ怖がり)

監督の死去についてのどこかの記事のコメント欄に、「すぐに還ってくるさ」と書きこまれていて、好いなと思いました。漫画家の水木しげるさんが亡くなられた時も「もとの世界に還られただけ」「妖怪になって、きっとこの世のどこかにおいでになるに違いない」という書きこみを読んで、作品と共に、ファンの心の内にずっと生きて残るというのは、創作家として本望だろうと思いました。

☆「ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロ監督が死去 77歳 肺がんのため」
( https://www.cinematoday.jp/news/N0092985 )より引用

 映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』『ゾンビ』などを手掛け、ゾンビ映画の巨匠として知られるジョージ・A・ロメロ監督が亡くなったと、現地時間16日に LA Times が報じた。77歳だった。

ロメロ監督は1940年2月4日生まれでアメリカ・ニューヨーク出身。1968年に、人間の肉をもとめる死者たちの恐怖を描く『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』を発表し、1978年に郊外のショッピングセンターで死者におおわれた世界で生きる男女たちを描く『ゾンビ』を製作。その後のゾンビ作品の礎を築き、“ゾンビ映画の父”とも称された。

そのほか『ザ・クレイジーズ』『死霊のえじき』『ダーク・ハーフ』『サバイバル・オブ・ザ・デッド』などゾンビ物に限らず数多くの作品を発表。ホラー映画でありながら、その作品には常に真摯(しんし)な社会的メッセージが込められ、数多くの映画ファンから愛された。(編集部・入倉功一)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「伊達を生きる」 | トップ | ほっと一息。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。