What A Wonderful World

本&漫画&映画&アニメ&スポーツ、好きなものを語ります。

花散らしの大風

2017年04月20日 16時59分13秒 | 日常
 ようやく風が治まりました~~。昨日の朝から、ず~~~っと強風が吹き荒れていて凄かったです。ここは風が強く吹く土地ではありますが、それにしたってすごかったです。

プランターに植えたチューリップやスイセンは風の当たらない所に移動したけれども、地植えのチューリプは風に押されて、根元の球根が見えるくらい倒されていたので、せっせと土をかけてやりました。電車が止まったり、転んで怪我をした人もいたり、いやはや、今年の花散らしの大風はすごかったです。


さて、ここ最近、アウトプット不足だなぁと感じているのですが、感じた事をひゃっはー!と語るエネルギーが、なぜだか足りなくて。

↓の話を読んで「疲れた表情をした体長80センチほどのワニを発見した。」という一文に、ワニの疲れた顔ってどんなんだ? と思った事を書こうと思いつつ、二日たってしまいました。

ともあれ、お家に帰れて良かった。早くもう一匹も見つかるといいな~。

☆「時事ドットコム / 動物園から盗まれた子ワニ、川岸で日光浴中に市民が発見」
( http://www.jiji.com/jc/article?k=20170418035563a&g=afp )より引用

【シドニーAFP=時事】

 オーストラリアの移動動物園から盗まれたオーストラリアワニの子どもが16日、シドニー市内の川岸で日光浴していたところを散歩中の家族に発見され、無事に動物園へ返された。
 
地元に住むアーロン・ヒューズさん一家はシドニー南西の川岸を散歩中、疲れた表情をした体長80センチほどのワニを発見した。ヒューズさんは少しも抵抗する様子のないワニの首の後ろを捕まえ、自宅へ持ち帰ったという。
 
その後、警察によってこのワニが移動動物園「ゲットワイルド・アニマル・エクスペリエンス」から3月に盗まれた2匹のワニ、スナップとクラックルのうちの1匹だったことが明らかになった。同動物園はフェイスブックに「行方不明のワニのうち1匹が戻ってきてくれて大変喜んでいる」「寒そうでやせ細り生気がないが、手厚く世話をすればすぐに正常な状態に戻ってくれるだろう」というメッセージを投稿した。警察は、もう1匹のワニも程なく発見されるだろうと期待を寄せている。【翻訳編集AFPBBNews】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春がきた♪ | トップ | うまくいかない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。