『BIG FISH』

幼い頃、
絵本を開くと、
そこには不思議なお話がたくさんありました。

《雲の上まで届く豆の木》
《お菓子で作られたお家》
《額に1本の角と翼の生えた白い馬》
《コロボックルという小人達の住む村》
《聴く者を虜にしてしまう美しい人魚の歌声》
そして、
《クリスマスの夜にプレゼントを運ぶサンタクロース》


夜が更けると、
「今日はコレ読んで~!」と
親父やお袋に無理矢理せがみ、
絵本の中の世界に夢を馳せていた幼い頃の僕。

そんな事を思い出させてくれた映画です。

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション

『BIG FISH』
2003年製作。

映画を観終えた後、
しみじみと哀しいのに、
なぜか心に涼やかな風が吹き抜けました。
父親とその息子。
その関係は、
時折お互いの感情から、
すれ違いや屈折めいた心情を生み出します。
しかし、改めて気付かされてしまうのは、
やはりその根底にある《愛》。
ティム・バートン監督が描く
父と子の愛の物語です。

これから、
僕も2歳の息子にたくさんおとぎ話を聞かせてあげよう。
そして、
彼の心に何か豊かなものが芽生えてくれたら…。

コメント ( 20 ) | Trackback ( 12 )このエントリーを含むはてなブックマーク
« ◆2004年10月の... 『STEEL BALL ... »
 
コメント
 
 
 
こんにちわ♪ (のん@*モナミ*)
2004-11-03 07:54:20
トラックバック、ありがとうございました。



昔、子供の頃に聞いた御伽噺を思い出させてくれるような映画でしたね。



父と子っていうのは、いつの間にか距離が出来てしまうものだけど、きっとそれは「似たもの同士」だからかもしれませんね。。。
 
 
 
こんにちは (Matilda)
2004-11-03 16:12:53
コメントいただいたので遊びにきました。

確かに、空想したり、想像したりする力って、

大切ですね。

そういえば、ハロウィンは何もせずにすぎてしまいました。せめて大好きな「ナイトメア ビフォア クリスマス」でも見ればよかったな。

 
 
 
☆こんばんは☆ (coelacanth0707)
2004-11-04 03:11:46
のん@*モナミ*様♪

Matilda様♪

コメントありがとうございます!



【似たもの同士】だからっていうのは、

けっこう当たっていそうですね~。

僕にも思い当たる節があります。



素敵な映画に出会えてよかったです。

ティム・バートン監督が好きでよかったです!

 
 
 
改めて観たくなりました♪ (アウラ)
2004-11-05 02:12:18
TBありがとうございます。

映画館で観たのを思い出し、あらためてDVDで観たくなりました♪

>しみじみと哀しいのに、なぜか心に涼やかな風が吹き抜けました。

まさにそんな感じでしたね。

ティム・バートン氏の作品はほとんど好きですが、

この作品が一番好きかもしれません。
 
 
 
ありがとうございました (ろっこ)
2004-11-05 23:44:18
トラックバック、ありがとうございました。

幻想的なほんのりしたいい映画でしたね。

何度見ても飽きない映画の一つになりました。
 
 
 
☆ありがとうございました☆ (coelacanth0707)
2004-11-06 00:42:02
アウラ様♪

ろっこ様♪

コメントありがとうございました!



『ビッグ・フィッシュ』は、

ティム・バートン監督の作品で、

『シザーハンズ』に並ぶくらいの名作になりました。

素敵な物語ですよね。

 
 
 
ありがとうございました。 (yuria)
2004-11-10 08:06:21
トラックバック、ありがとうございました。

素敵な感想で、また改めて観たくなりました。

お父さんが聞かせてくれる

おとぎ話は、ず~っと心に残りそうですネ。

 
 
 
☆こんにちは☆ (coelacanth0707)
2004-11-10 13:15:08
yuria様♪

コメントありがとうございます。



僕もそろそろまた観たくなって来ました。

いい映画ですよね~。



『お人形を作る仕事』をされているのですね。

夢のある素晴らしいお仕事ですね。

 
 
 
はじめまして。 (poyan)
2004-11-14 02:04:43
TBして頂き、ありがとうございます♪



>時折お互いの感情から、すれ違いや屈折めいた心情を生み出します。

>しかし、改めて気付かされてしまうのは、

>やはりその根底にある【愛】。



そうですよね、ソレにグッときて涙が溢れちゃうんですよねー。

その事を、父が息子に語っていたおとぎ話とうまく絡ませて表現しているトコロは、さすがバートン監督だなーと思いました。

何度観ても飽きなさそうな作品に、久々に出会った気がします。



 
 
 
☆こんばんは☆ (coelacanth0707)
2004-11-14 02:59:06
poyan様♪

コメント&TBありがとうございます!



本当に何度も観たくなってしまう作品ですね。

ティム・バートン監督の新しい魅力を

発見した気がします。

次回作も凄く楽しみですね~。

 
 
 
TB、コメントありがとうございます (5656)
2004-11-17 08:49:20
ティムバートンというと、『シザーハンズ』もすごくいい!って聞くんですが、私、『シザーハンズ』はまだ観てないんですよ。

ウチは夫婦でティムファンで、妻は『シザー・・・』を見ている上、ウチには妻の買った『シザー・・・』のDVDがあるので「さっさと見ろ!」といつも言われています。

ここんとこ『ビッグフィッシュ』『ナイトメアー』と続きましたので、勢いで観ちゃおうと思います。
 
 
 
☆そうなんんですか☆ (coelacanth0707)
2004-11-17 11:49:36
5656様♪

こちらにもコメント感謝します!



『シザーハンズ』も『ビッグフィッシュ』に並ぶ

名作だと思います。

もし観るなら、クリスマスイヴの夜に

観てはいかがでしょうか?

素敵なイヴになる事間違いナシですよ!

 
 
 
こんにちは~。 (Ichi)
2004-11-18 00:14:41
遊びに来ました~。 お名前の由来、素敵ですね。



僕もこの映画大好きです。 自分のBlogのプロフィール画像にしちゃってるくらいです。 最後の方は涙が止まりませんでした。。。



親子の愛がなかったとして、ファンタジーの部分だけだったとしても、十分素晴らしい出来ですよね。 本当に名作ですね。
 
 
 
☆よォこそ☆ (coelacanth0707)
2004-11-18 03:29:27
Ichi様♪

僕のブログによォこそいらっしゃいました。

コメントありがとうございます!

HNを褒められるのは何だか照れてしまいます。

凄く嬉しいで~す。



プロフィール画像拝見しました。

『BIG FISH』が本当に大好きなんですね。

素敵な親子の物語ですよね~。

僕もあんな父親になりたいと思います。

 
 
 
はじめまして! (keicyuke)
2004-12-04 03:54:16
TBありがとうございます。

私の中で「シザーハンズ」と並ぶくらい好きな作品です。ティム・バートンの描くおとぎ話の世界は好きなので、またこういった作品を作っていただきたいです。
 
 
 
☆初めまして☆ (coelacanth0707)
2004-12-04 13:59:56
keicyuke様♪

コメントありがとうございました。



本当にティム・バートン監督って

素敵な世界を持っていますよね~。

何度でも観たくなる様な映画を撮る監督を挙げるとすれば、

真っ先にティム・バートン監督を挙げてしまいます。

12月に入るとやはり!

『シザーハンズ』。

クリスマスまでにまた観ようと思っています。

 
 
 
お伽話 (la-panda)
2005-01-19 02:34:13
TBさせていただきました。私も子供にTVや絵本の世界だけでなく、自分のお伽話いっぱい聞かせてあげたいです。ネタが思い付かないのが情けないですが;。
 
 
 
☆こんばんは☆ (coelacanth0707)
2005-01-19 20:14:43
la-panda様♪

お久しぶりです☆

コメント&TB感謝します!



確かにネタがありません。(笑)

自分の経験をおもしろくアレンジして

聞かせてあげようかな☆

 
 
 
はじめまして (木陰)
2005-03-10 11:04:53
皆さんのコメントも拝見いたしました。

僭越ながら、TBを入れさせていただきました。

 
 
 
☆初めまして☆ (coelacanth0707)
2005-03-10 15:48:58
木陰様♪

コメント&TBありがとうございました。



素敵なファンタジー。

ティム・バートン監督が描く《父と子の愛》。

久しぶりに観たくなりました。

また遊びに来て下さいね☆

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
「ビッグフィッシュ」。 (NO MOVIE, NO LIFE)
これを観ようと思ったポイントはふたつ。 ・監督はティム・バートン。 ・ユアン・マクレガーが出ている。 なんとも、不純な動機ではあるけど、まぁ、こんなもんよね。 っで、どうだったかというと、、、えー、まー、そーねー、うーん、そーねー、……(以下略) 話の内容はた
 
 
 
鑑賞記:ビッグフィッシュ(BIG FISH) (おえかき上達への道)
BIG FISH(ビッグフィッシュ) あーー、いい人生でした。 じゃなく、いや、そうなんだけど・・・ いい映画でした。 胸を張って人に良かったよと言える映画でした。 純粋に、感動してしまいました。 映画館で涙が出たのは久々ですよ。 恥ずかしさを承知で書きますが、 愛が
 
 
 
☆ビッグフィッシュ斬り☆ (+~映画王への道~+)
今日は、ティムバートン監督のビッグフィッシュを観ました。 話を聞くと評判が良かったので、できれば映画館で観たかったのですが 結局行けずじまいだったので、DVD化を首をなが~くして待っていました。 ティムバートン監督ってすごいですね。。
 
 
 
ビッグ・フィッシュ (++ poco a poco ++)
映画好きの友人が「すっごく良かった!たぶん今年のNo.1!」と言っていた「ビッグ・フィッシュ」 やっとレンタルしました。 エドワードは自分の人生を、常にロマンティックなおとぎ話のように語る。魔女や巨人、そして村の伝説だった“大きな魚”との出会い─。誰もが...
 
 
 
『ビッグ・フィッシュ』を観た (ちんたら日記)
『ビッグフィッシュ』(2003年アメリカ)監督:ティム・バートン、出演:ユアン・マクレガー ★★★★☆ 父はいつも自分の過去を荒唐無稽な「おとぎ話」にして話す。 子供の頃は、楽しかったが、もうそんな話は「うんざり」だ。でも、父は皆に好かれる。「おとぎ話」を、さも
 
 
 
ビッグ・フィッシュ ★★★☆☆ (今日は何をしようかな)
コメントありがとうございます! 素敵な映画でしたね(T_T)
 
 
 
ビッグ・フィッシュ (2003) BIG FISH 125分 (極私的映画論+α)
出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。 ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚
 
 
 
「ビッグ・フィッシュ」 (メカpanda乗りのメディア観賞記)
昨年度公開作品、勝手にベスト5の続きです。 ティム・バートンといえば大人の絵本といったイメージです。主人公が異端児だったり、どこか内に閉じこもった部分を描き出していて、登場するキャラクター達も怪しいんだけど、なんだか好きな世界。 でこの「ビッグ・フィッシ
 
 
 
映画鑑賞感想文『ビッグ・フィッシュ』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『BIG FISH』を観たよ。 監督はティム・バートン。 主演はユアン・マクレガー、『オリエント急行殺人事件』『エリン・ブロコビッチ』のアルバート・フィニー、『世界中がアイ・ラブ・ユー』『あの頃ペニー・レインと』のビリー・クラダップ、『郵便配達は二度ベ
 
 
 
映画 『Big Fish おおきな魚 』 を観る (こころの交差点:木陰の補習教室@WebryBlog)
伴侶の祖父は、義母によればほら吹きだったという。 婿養子だった祖父は家族を置いて全国を飛び回っていたらしいが、事業に失敗して晩年は駅前の長屋に住み、往来する人々を呼び止めては昔話に引き込んでいたという。 その息子、亡くなった義父は兵役で広島に出かけた時以
 
 
 
ビッグフィッシュ (cinema note+)
かなりウルウルきました。ファンタジーな話はいまいち好きじゃないので観ずにいたけど、やっぱり観て良かった。最初は息子の、ホラ話ばかり聞かされてうんざりする気持ちに共感するのだけど、だんだんお父さんの話す不思議な世界に引き込まれてしまいました。息子が最後にお
 
 
 
映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ ビッグ・フィッシュを観た。 今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコレート工場」だった。 前にもこのブログで書いたが ヒューマン=ブラック・ボックス 「