ことのはのはね~奈良町から

短歌、演劇、アート他、町家での出会いまで、日々を綴ります。

小町座公演1週間前

2017-07-14 | 小町座
7月22日のならまちセンターホール公演まで1週間…。第2部の一人芝居の稽古をしました。母親たちに、よくこんな大変なことをさせるなあ、と書いてから思います。演じる本人のレベルはおいといて、こう書いた方がより人物の深さがでる、ということを、今の段階でする?!というようなことをしてしまいました。
一週間前にホール稽古をした時、現代の母の一人芝居で「うーん」と思い、書き直すことにしました。演じるのは、今回ホール初めて、しかも本格的な芝居は初めてというMさん。小町座三年目のママさんです。彼女は技術的なことは、まだまだですが、セリフの核心というか、こうしてほしいというニュアンスを大変よく理解できる人。ただ、それが表現に追いつくかというと、課題は多いのですが…。これまで覚えたセリフを変えて書き直す、と告げた時、驚いたものの、しかし彼女は書きかえたところをすぐに覚え、稽古にそなえてくれました。日々の暮らし、家のこと、仕事いろんなこと含めての彼女の努力…。そのぎりぎりのところが、逆に芝居に向かわせるのかもしれません。
本人は自分がまだまだ出来ないということを一番わかりながらも、書き換えたところ、最後のシーン、母が「尾」を持つ?!のですが、そこのところの悲しみをなんとか出そうと頑張っています。本当に、彼女のレベルでありえないような課題をドーンと与えています。けれど、このドーンに、ひるまない、というより、「やるしかない」と覚悟を決めて立ち向かうのは、「母」ならではの力のような気がします。彼女のお子さんが、今までセリフもそんなに言ったことのないのに、今回一人芝居と知って、凄くびっくりしたと聞きました。…確かに…心配だろうなあと…。でも、大丈夫!いつも小町座のキャストにいうのは、どんなに稽古の時に私がうるさく細かく言っても、舞台ではそのせりふは、もう私の元から完全に離れて、あなたのところにある。なので、私にはどうにもできない、だからどうぞ、あなたが言いたいようにやって、自由に。…と言いながら、終わってからダメだし?と、話したりしてます。作者としては、あなたに託したこのセリフをどうぞ、自信をもって、のびのびと舞台に上げてください、本当にそんな気持ちです。三人の母たち、それぞれの一人芝居への挑戦を、お客様、どうぞ、はらはら?どきどき、見ていただきながら、今後につながる厳しい感想も、是非、お願いしたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小町座 6月最後の稽古 | トップ | 小町座公演二日前 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む