アトリエ ここるぴあ

和紙作家 佐治直子のブログです。キンカチョウのことりたちと、工房『アトリエここるぴあ』での出来事を綴ります。

2017年用の作品ぼちぼちと、ことりのこと

2016年09月19日 | 作品について
今日1冊だけ、creema と iichi にスケジュール帳を掲載しました
「スケジュール帳2017年A5J10月始 」

2017年用でポケットのないシンプルなもの。A5サイズ。
表紙は落水紙に柿渋を塗って木目調に仕上がっています。
来月10月から2018年1月までお使いいただけます。

よろしければこちらからどうぞ!
 creema  iichi

定番のポケット付きは、もう少しお待ちくださいね。


今日はうちに引きこもって、ずっとそんなことをしています。
外は9月の雨。でも時々曇りでたまに日が差す感じ。蒸し暑い

久しぶりに作品の紹介文を書いていて、本当に伝えることって
むずかしいなぁと感じました。ほとんど定番のスケジュール帳と
変わらない内容で少しアレンジするだけなのに。それだけなのに。

なるべくシンプルに、でも正しく誠実に伝わるようにって心がけて、いつも
文章を書くようにしてるけど、伝わらないものはどうやっても伝わらない。
伝えたいことが、受け手にとって伝わりたいことと同じとも限らないし。
伝わる方が奇跡なんじゃないか?と思うくらい。伝えるのってむずかしい

それに、本当に伝えたいことほど実は言葉にできないってこともあるから、
よけい複雑になったりもする。でも、どんな相手に、どんなツールを使って、
どんなことを、どのように伝えたいかなんて考えてたら、一生終わらないね

もともと、右か左か、白か黒かを判断するのは苦手で、子供のころから
夕暮れ時の空色のようなグラデーションが好きだったので、気がつけば
その曖昧さに逃げてしまうこともあるけど、やっぱりホッとする。

左上に月が見えてるよ

そして、久しぶりにパソコンに向かっていたら、うちのことり親子が
やってきた。娘のぷるちゃんと父親のぴあくん。2月までだったら、
キーボードの上には母親のるーちゃんがいたけれど、今は仲良し父娘だけ。

それでも元気でいてくれたら一番いい。


ぷるはまだお腹がふくれていて、朝晩薬を飲ませて、カゴの中も
上げ底にして病鳥用にリフォームしてあるけど、今日はちょっと元気に
なっていて思いっきり水浴びをしたそうだったので、ぴあくんと一緒に
外に出してみた。ふたりとも嬉しそう

ぴあくんはぷるが調子悪くてグデーっとしているときも、いつもそばに
寄り添っている。気が小さいけどやさしい男の子。妻のるーに拒まれ
子育てには参加させてもらえなかったけど、実の親子ってわかってるかな?



こんなことをとりとめもなく書く。そうだ、子供のころは徒然草が好きだったなぁ。
今日のBGMは、 僕らの音 、 CANDY 、 渇いたkiss 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『しろいうさぎとくろいうさ... | トップ | 9月の雨 2016 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作品について」カテゴリの最新記事