歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

三隅研次の『剣鬼』で市川雷蔵のチャンバラ映画を楽しみ獣婬と狂気をちょっとだけ考えたりして

2016年02月29日 | 映画の話し
映画『剣鬼』を観ました。

三隅研次監督、市川雷蔵主演 原作柴田錬三郎で1965年10月の公開です。

面白かったです、飽きることなく、最後まで観てしまいました。あっと云う間の1時間23分でした。

見終わって感じたのは、何か、紙芝居でチャンバラを見ていた感覚でした。

1965年ですから、私が15歳でたぶん中学3年の頃です。あの頃は、もう、映画も全盛期から斜陽期への過渡期的な頃だったと思います。

全盛期のチャンバラ映画は、ハラハラとドキドキで、笑いあり涙ありで、最後は正義が勝って、ハッピーエンドで、観客はヨカッタ!ヨカッタ!で、映画館を後にしたのでした。

勧善懲悪でもなく、誰が勝った負けだでもなく、笑いもなく、ハーピーエンドでもなく、ど真ん中の大衆娯楽作品でもなく、時代劇としては、微妙な作品だと思います。

微妙な時期ですから、市川雷蔵の化粧も白塗りで、アイラインはバッチリキメキメで、二枚目で、大衆娯楽ど真ん中の色を引き摺っているのでした。

大衆娯楽的作品として、ストーリーの展開の速さ、ストーリーの分かり易さ、これは、観ていて、とても、とても、ここち良かったです。

主人公の設定とかは、それなりに考えると、それなりに疑問とか、謎とか、隠しテーマとか、深読みも?楽しめる作品だったりして、ここいら辺が過渡期の時代劇なのです。

それで、ストーリーなのですが、藩主の奥方に使える女中が、奥方の臨終の床で賜ったのが、何故か『斑の大きな犬』で、賜った女中も子を産み落として直ぐに謎の死を遂げるのです。

奥方も、女中も、死を遂げるシーンの背景に、うめき声とも、喘ぎ声ともとれる、犬の声と、犬のアップが映し出されるのです。

女中の死に際では、犬の声と重なるように、喘ぎ声をあげ、身もだえるシーンが映し出されるのです。奥方も、女中も、犬と交わり狂い死にしたと、城中では、家来一同みんな、そう囁くのでした。

そして、女中の産み落とした子は、下級武士の家に引き取られ育てられるのでした。犬と人間の間にできた「犬子」と云われつつ、蔑まれながら、虐められ、それでも、挫けず真面目に育って行くのでした。

それにしても、犬と人間の交合により子供が産まれた、と、匂わせる、暗示させる設定、生物学的にはありえないのですが、文学的にはありえるのです。

獣婬は、古今東西の歴史上、よくある事でもなく、それほど珍しい事でもないのです。

製作意図として、人間の業とか、欲望とか、罪深さとかを、隠し味とし、作品としての、厚みとか、奥行きとか、重みとか、単なる薄っぺらなチャンバラ映画ではないと、そう主張したかったのでしょう。

それで、犬の子と囁かれている子供に、犬が斑模様だったので、班平と命名するのは、かなり変です。そうあからさまに「犬子」を背負わせてどうするの?

成長して、何故か花造りの名人となったり、また、何故か、馬と同等の早足で、殿様の遠乗りのお供をに引き上げられたり、何故か、居合いの達人にその技を伝授されたり。

そうでした。殿様は狂い死にした奥方の息子で、かなり狂気的な行状で、母の血を受け継いでいると囁かれ、藩の存続を危ぶまれる存在なのです。演じた“戸浦六宏”は、とても、とても、犬顔でした。

犬との関わりを暗示させる二人り、狂気の殿様と、驚異の走り、驚異の剣の使い手、互いにもに、その宿命に、それとなく気づきつつ、繋がっていくのです。

斑平は、花作りを愛しつつ、殿様を守る為に、十数人を容赦なく斬り殺す。一時、そんな己に疑問を抱くが、人を斬り殺す魔力からは逃れることはできないのです。

取り憑かれている、呪われている、宿命として、狂気として、鬼として、斬り殺し続けるのです。

まあ、そんな、屁理屈はこれぐらいにして、兎に角、展開の速さ、殺陣の見事さ、美しさ、市川雷蔵は、とても、とても、素晴らしい時代劇役者です。

まあ、気楽に、あまり余計なことを考えずに、チャンバラ映画として、とても、とても、楽しめる作品です。


それでは、また。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月26日(金)のつぶやき

2016年02月27日 | つぶやき

「成瀬巳喜男の『銀座化粧』で婦人民主クラブから独身婦人連盟を思い出し“一杯のかけそば”に声援」 goo.gl/qpXtmd


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成瀬巳喜男の『銀座化粧』で婦人民主クラブから独身婦人連盟を思い出し“一杯のかけそば”に声援

2016年02月26日 | 映画の話し
前回の続きです。

『銀座化粧』のお話です。

バーの客に支払う金が無い云われ、友達と待ち合わせているからと、別の居酒屋まで「付け馬」として付いていき逃げられたり。

バーのママから借金返済の相談をされて、心当たりのある男に援助を頼んだら、倉庫で関係を迫られ拒絶したり。

お妾さんしていた過去に、旦那の子供を胎み、産む際に生死を彷徨い、その時の旦那の対応に感謝し、落ちぶれ別れたいま、時々金の無心に来るが、それなりに対応していたり。

水商売の女としては、脇が甘く、金の為なら嫌な男でも受け入れる女でも無く、過去に恩にはそれなりに感謝の気持ちを忘れない。

ヒロイン雪子は、狡さもなく、こころ優しく、島崎藤村の詩集を口ずさむ、とても素敵な女性なのです。42歳になっても、清き乙女心を残した女性なのです。

現実には、ちょっと有り得ないような設定? でも、世の男として、成瀬巳喜男として、きっと、そんな女性がいて欲しいとの、願望が創りだした雪子さん。

そんな、雪子の前に、理想的な男性が現れます。元女給仲間の静江が“純愛相手”と称する男が上京し、旦那の都合で、静江は雪子に東京案内を頼むのでした。

それで、横道に逸れますが、静江が案内できない理由として、“婦人民主クラブの用で”との台詞があります。

1946年に宮本百合子、佐多稲子、山室民子、関鑑子、羽仁説子、松岡洋子、加藤シヅエらによって結成された団体です。さり気なく時事ネタを潜り込ませています。

“婦人民主クラブ”で思い出すのは、“ドクフレン”です。“毒婦”ではなく、“独婦”で、独身婦人連盟のことです。

終戦直後は、結婚適齢期の男女比に不均衡があったのです。戦争で男が大量に死んだ為に、男が2百数十万人不足していたのです。結婚できない女性が大量に発生していたのです。

ですから、男にとっては選り取り見取りで、女性にとっては選り好みしづらい環境だったのです。平和になって死の恐怖から解放され、反動として生に目覚め、性に目覚め、男と女は日ごと夜ごと励み、ベビーブームが起きたのでした。

そういう背景があっての、雪子の男性選び、結婚願望、フツウの家庭、ふつうの奥様願望なのです。

それで、純愛相手は長野の大地主の次男“京助”、測候所の職員で、若くてハンサムで、夜空の星を愛し、詩を愛し、モーパッサンを愛し、とても、とても、純情で純粋で世間離れしている男なのです。

雪子は、もう、一目惚れで、結婚を考えたりするのですが、小学生の息子が一時行方不明となり、店の女給仲間で、妹のように可愛がっていた“京子”(香川京子)に京助の世話を頼むのでした。

そして、そして、京助と京子は一晩で、こころを通わせ、結婚の約束をしてしまい、雪子の儚い夢は破れるのでした。京子と比べたら、雪子は条件が悪すぎるのです。

それにしても、若くて美しくて、純情可憐そうで、女給とは思えない、見えない、京子役の香川京子です。1931年12月の生まれですから、このとき19歳です。我が茨城県は行方市の出身。

それで、夢破れた雪子ですが、元の旦那が訪ねて来て、金の無心をされる前に、雪子から、

『お金ならダメよ!・・・私もこころを入れ直して、しっかり働くわ、結局、今となれば春雄だけがあたしの頼みの綱』

と、語るのです。母と息子と二人で生きていく決意を固めたのです。

息子が唄う、春が来たの歌声が流、川岸には芽吹いた柳、店に向かう雪子の後ろ姿のシーンでエンドマークとなります。

始まりの季節、春で、終わらせた処に、監督の意図を感じたのですが、考えたら(ちょっとだけ)公開が4月14日でしたので、単なる製作時期によるものかも?

この後、世の中はほどなくして高度成長の時代に突入し、雪子もパトロンの必要もなく、自分で店を持ち、春雄も立派に成長し夢を叶え科学者となったと、思ったり、したのです。

田中絹代は、それなりに好演していました。原節子のような美人でもなく?強い個性もなく?小柄で可愛らしいのですが、色気はあまりなく?それなりに、フツウの日本女性を演じることのできる女優だと思います。

始めから、終わりまで、楽しめました、面白かったです。白黒で観る昔の銀座界隈の風景が、とても、とても、懐かしかったです。

そして、そして、春雄の、坊ちゃん刈り、半ズボン姿に、昔の自分の姿を見ているような感覚になりました。

そば屋にひとりで入り、夕食の“かけそば”を注文するシーン、ガンバレ!と声を掛けたくなりました。そして、“かけそば”を手繰りたくなりました。


はい、これで、『銀座化粧』を終わります。


それでは、また。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月24日(水)のつぶやき

2016年02月25日 | つぶやき

「成瀬巳喜男の『銀座化粧』で田中絹代で男と女と恋愛結婚!そして少婚・晩婚・難婚化で少子化に思いを巡らす」 goo.gl/0KO2ls


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成瀬巳喜男の『銀座化粧』で田中絹代で男と女と恋愛結婚!そして少婚・晩婚・難婚化で少子化に思いを巡らす

2016年02月24日 | 映画の話し
前回の続きです。

1951年公開の『銀座化粧』のお話です。

夜の銀座で美しく着飾り、化粧を施し、色香と酒と会話で、男を楽しませる女給達の、男と女の、恋愛、結婚、子供、家族、家庭、そして、それで、女の幸せとは?

そんな化粧の下に隠された、女ごころの移ろいを、こころの“ひだ”を描いた作品です。成瀬巳喜男としてはスランプを抜け出し、名作『めし』に繋がるキッカケとなった作品だと思います。田中絹代もこの作品で低迷期を抜け出したそうです。

それで、男と女の関係ですが、作品にはいろいろなパターンが登場します。

ヒロイン雪子は長唄の師匠の二階に間借り、師匠の旦那はバクチ好きで働かず、師匠に養ってもらう髪結いの亭主。

昔の女給仲間の一人は、男に囲われたお妾さんで、経済的な苦労はなく、愛や恋は別の男性との純愛で、心の平衡を保っている。

今の女給仲間の一人は、貧乏役者と結婚し子供もいて、経済的には苦労しているが、苦しいながらも楽しい我が家的生活。

雪子は、過去、お妾さんをしていたが、相手の男が経済的に困窮し、子持ちの女給生活に戻り、フツウの結婚、フツウの奥様、フツウの家庭への憧れを抱いている。

それで、結婚なのですが、ここでは恋愛結婚に憧れているのです。時代は1951年ですから、恋愛は少数で、多数派はお見合いなのです。

そうなんです。この恋愛結婚が曲者なのです。現在、問題になっている、少子高齢化の“少子”は、“少婚”が原因で、そのタネはこの時代に蒔かれていたのです。

現在“少婚問題”の原因の一つとして、非正規雇用の拡大もあげられますが、恋愛結婚至上主義が第一義的な問題だと、そう考えるのです。

少婚は“しなくなった”のではなく、できなくなったのです。男女ともに、結婚対象への要求が過大になってきているのです。

少婚化で、晩婚化で、男も女も社会的経験を積み、いろいろと結婚への条件が厳しくなって来ているのです。少婚→晩婚→難婚→少婚の負のサイクルに嵌っているのです。

恋愛も、結婚も、性格だとか、容姿だとか、体型だとか、趣味だとか、ファッションセンスだとか、経済力だとか、ライフスタイルだとか、互いに抱く夢だとか、かなり、かなり、面倒で厄介な、シロモノになったのです。

昔は、お見合いで、両親が、周囲が、相手を決め、当人同士の愛とか恋とかは関係なかったのです。一緒に暮らしていけば、それは、それで、それなりに情が湧くのです。

男と女がひっつけば、そかなり嫌な奴でなければ、それなりに暮らしていけるのでした。むかし、結婚は簡単だったのです。

愛だ恋だと、ムズカシイことを言い合うようになったのは、人類の歴史上、日本の歴史上も、遂、最近も、最近なのです。

そうなのです。日本で、愛だ、恋だ、恋愛結婚だと、一般庶民もそんな風潮に染まりだし、流行始めた時代が、1950年代なのです。かなり断定的ですが、まあ、そんな処で間違いありません。

それで、成瀬巳喜男監督ですが、この銀座化粧が1951年4月14日の公開で、原節子主演の『めし』が同じ年の11月23日の公開です。

『めし』は、堅気の夫婦で、熱烈な恋愛で、周囲の反対を押し切り、結ばれた夫婦。しかし、数年の歳月が流れ、愛とか恋とか、まったく関係のない、退屈な日常と、経済的な不満から、離婚を考え、そして家を出て、そして、それなりに元の鞘に収まる、と云った作品。

『銀座化粧』は、水商売の女性の、男と女、愛、恋、結婚、堅気の結婚生活への憧れを描いた作品。

女給雪子が望むの男性像は、美男で、教養もあり、優しくて、ロマンチストで、そして、そして、なんと云っても経済力もある、そんな、とても、とても、子持ちで、40過ぎでは有り得ない高望み。


そんな背景、そんな思いで、アレや、コレヤで、物語は展開していくのです。


きょうは、ここまでとします。


それでは、また。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月22日(月)のつぶやき

2016年02月23日 | つぶやき

「成瀬巳喜男『銀座化粧』で田中絹代で40代の今と昔で超可愛い!双子ちゃんのツーショット!」 goo.gl/M9Y0iF


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成瀬巳喜男『銀座化粧』で田中絹代で40代の今と昔で超可愛い!双子ちゃんのツーショット!

2016年02月22日 | 映画の話し
先日、『銀座化粧』を観ました。

去年の暮れ、双子ちゃんのパパから借りて、暫くそのままにしてあったのです。久しぶりの映画鑑賞でした。

先ずは、冒頭から、それなりに引き込まれるストーリー展開、そして、そして、何よりも、白黒の画面に映し出される1950年代の東京の風景の懐かしさです。

1951年4月公開、私が生まれたのは1950年1月ですから、1歳3ヶ月の時の作品となります。

1951年の風景は、私がものごころが付いた頃の風景と、それほど違いはないと思うのです。それでも、作品の舞台は東京の“ど真ん中”『銀座』で、私が住んでいたのは東京の“ど外れ”の板橋区。

それでも、まあ、銀座とは云っても、終戦直後で表通りから一本路地を入れば、もうそこは“ど外れ”と大して変わらない風景。

それで、銀座のバーのホステスで、チーママ的存在で、小学生(10歳)の男の子を抱えるシングルマザーで、“そろそろ何とかしないと”、と、思いつつ、中年に差し掛かり、それなりに焦りと不安を抱えるヒロイン。

それで、ヒロインを演じる“田中絹代”ですが、1909年11月の生まれですから、撮影時はほぼ42歳。作品の中で“40を過ぎると・・・”の台詞から役柄と実年齢はほぼ同じ。

現在と当時では、40歳前半の、世間的受け止め方は、かなり、かなり、異なると思います。現在よりも、かなり、かなり、老け込んでオバサンの領域に相当脚を踏み入れたお年頃?

ですから“そろそろ何とか”も、かなり、かなり、“切迫的そろそろ何とか!”なのだ、と、そう思うのです。

画面に映る田中絹代は、いまの42歳と比較すると、ほぼ10歳は老け込んで見えるのです。女優の42歳で“アレ”ですから、フツウの42歳はかなりなものだったのです。

それで、双子ちゃんのママですが、ヒロインほぼ同じお年頃ですが、とても、とても、そうは見えないのです。

はい、それでは、超可愛い!双子ちゃんのツーショットです。

もう、こんなに大きくなりました。いまでは伝わり歩きができるようになりました。来月には遊びに来るのです。

はい、きょうは成瀬巳喜男『銀座化粧』のおはなし、これでお終い。ほんのさわりだけで、失礼しました。

と、云うことで、次回も銀座化粧のお話です。


それでは、また、次回をよろしく。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月16日(火)のつぶやき

2016年02月17日 | つぶやき

「野党共闘よりも期待は株価でサンダース候補の軍事外交政策は?そして経済成長幻想からの覚醒!」 goo.gl/6ct8KG


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野党共闘よりも期待は株価でサンダース候補の軍事外交政策は?そして経済成長幻想からの覚醒!

2016年02月16日 | 世間話し
以前に触れたのですが、夏の参議院選挙で自公を過半数割れに追い込むのは、可能性がゼロに近い野党共闘よりも、株価が下がることだと書きました。

まあ、もしも野党共闘が実現したとしても、見慣れた面子の手垢の付いた既成政治家では、自公には勝てません。

でも、しかし、もしも、もしもです、過半数を獲得したとしても、安倍自民党政権と、9条と自衛隊、集団的自衛権、軍事、外交、経済、財政、原発、福祉、教育政策等々、大きな相違はないのです。

9条と自衛隊に関しても、集団的自衛権に関しても、改憲が先か後かの、手続き的、順番的な相違だけです。それを、あたかも、基本的な相違のように装っているだけです。

そして、そして、問題なのは、民主も、維新も、候補者のレベルが低いのです。自民党の公認から落ちたワンランク下の政治家予備軍が、かなり、かなり、紛れ込んでいるのです。

まあ、問題は、どちらにしても、政治家になることが目的で、政策は単なる手段の方がほとんどなのです。ですから、政策は官僚にお任せなのです。

それで、選挙と云えば、アメリカ大統領選挙です。

民主党のサンダース候補は、自称民主社会主義者で、上院議員ですが無所属で、これまで政治の中心には居ませんでした。共和党のトランプ候補は実業家で、政治にはまったくの素人です。

右と左の両極端に位置する二人、どちらが大統領に選ばれても、かなり衝撃的な出来事です。但し、初の黒人大統領となったオバマ氏も、当選それ事態は、それなりに衝撃的でした、が、その後の政策は、それなりのふつうの大統領でした。

鳩山民主党政権は普天間移設で、ノーベル平和賞のオバマ氏に期待したのですが、見事に裏切られました。

米国大統領でも、日本国総理大臣でも、中途半端な玄人には、政治の流れは変えられないのです。

そんな事でサンダース候補ですが、軍事外交政策についての考え方は、如何なものかと、思ってみたりするのです。今のところはまったく聞こえて来ません。

話しが、遠くに飛んでしまいました。

それで、野党共闘よりも、期待の株価ですが、一本調子の下げが一休みしています。これだけ下げれば、ここが底かもと思う方が現れるのです。でも、底は、未だ未だ下にあるのです。

政治的にも、経済的にも、状況は変化していません。

欧州の特に中心ドイツの金融危機とメルケルの指導力低下、中国経済の急減速、原油価格の急落?適正化?、世界同時株安、アメリカ経済の“中折れ?”、中東情勢の悪化、難民急増、テロの拡散、北朝鮮の核とミサイル。

すべてが絡み合い、こんがらかって、影響しあい、原因となり、結果となり、しっちゃかめっちゃかなのです。

世界中で、経済も、政治も、うまく廻っていないのです。正解が未だに見えないのです。

それで、我が日本でも、政界とは無縁な、新鮮な、方々が、選挙に名乗りを挙げて貰いたいと、節に節に思う次第なのです。

“中途半端な玄人”の素人政治よりも、“完璧な素人”の流れを変える政治が必要なのです。

小林節氏は、もう、野党共闘は捨てて、あなたが中心となって、新しい政治グループを立ち上げるべきだと思います。

学者、文化人、知識人、ジャーナリスト、芸能人、スポーツ選手、いろいろな面子を集めて下さい。議員は手段!素人ケッコー!手垢の付いた輩は、もうケッコー!

夏の参議院選挙で、20人前後? いや、10人前後が当選できれば、ケッコーな衝撃で、世論は、日本国は、『覚醒!』します。


皆さん、いい加減、経済成長幻想から覚醒しましょうね。


そう云えば、本日、16日より日銀の“マイナス金利”が実施されます。まあ、悪あがきで、屁のツッパリにもなりません。


それでは、また。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2月10日(水)のつぶやき

2016年02月11日 | つぶやき

「日帰り人間ドックに入って来ました結果はOKでした!ヨカッタ!ヨカッタ!」 goo.gl/w4uNSE


コメント
この記事をはてなブックマークに追加