歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

原節子さんが9月5日95歳で亡くなられました!あの時鎌倉の自宅に居たのです!間違いない!

2015年11月26日 | 原節子
今朝、いつものように「午前1時半」にドアポストに入っている朝刊を手にとると、一面に原節子さんの死亡記事が目に飛び込んできました。

起き抜けで半分寝ている状態で、やっぱりと云うか、とうとうその時がきたのか・・・と、紙面を暫くボンヤリと見つめたのです。



夢を見ているような気分のまま二階の部屋に戻り、床の中で紙面を見つめ記事の一文字、一文字ゆっくりと目で辿ったのです。

少しずつ頭がハッキリし始め、一面だけなの?関連記事は?と探したのです。これだけの出来事?ですから、関係者の談話とか、批評家のコメントとか関連記事が別の紙面に?と思ったのですが、一面に4段の記事だけでした。

たぶん、関連記事は夕刊か明日の朝刊に載ることでしょう。


※なかなかイイ写真を使っています。

昭和の大女優と云っても、昭和は遠くなり、原節子を知る人は、関心のある人は、もう、かなりの少数派なのでしょう。

それにしても、他の記事では、8月半に「神奈川県内の病院」に入院し、9月5日に肺炎のため死去とありました。

と、云うことは、です。たぶん、やっぱり、原節子さんは、ずっと、ずっと、浄妙寺に隣接する自宅に居たのだと思えてきました。


去年の5月8日に私が、彼女の自宅周辺を彷徨っていた時、きっと彼女は家の中に居たのです。これは、きっと、絶対に間違いありません。






奥の瓦葺きの別棟にお住まいだったようです。手前は甥の方の住居だそうです。


ホントに、ホントに、原節子さんは亡くなったようです。

ご冥福をお祈りいたします。合掌。


寒い、冬のような一日になりそうです。


録画してある「東京物語」を観ようと思います。


それでは、また。


※ここまでお読みになった方、よろしければ画面左側のカテゴリー欄の「原節子」クリックしてみて下さい。

※12月1日追記


※12月3日追記




※12月11日追記

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『下町ロケット』夢は宇宙にまっすぐ!そしてフツウの人には1億総活躍社会は骨折り損の草臥れ儲け!

2015年11月17日 | テレビの話し
『下町ロケット』です。

技術者の夢は、燃焼試験の失敗をのり越えます。

夢に向かって、努力を重ね、幾つもの苦難を乗り越え、夢を叶える。

やっぱり、努力は必ず報われる?

まあ、世の中、“そうは問屋が卸さない”のです。

いくら努力しても、夢が叶う人は、ごく、ごく、僅かなのです。

社長の娘はバドミントンの夢を諦め、次なる夢、父の後を追いかけ“慶應の理工学部”に挑戦するようです。

まあ、ホント、夢は大切だと思いますよ、夢に向かって努力をする。大変に正しい事だと思います。

でも、しかし、わたくしの人生をふり返ると、幼き頃より、夢と呼べるほどの大層なことなど、これっぽっちも考えませんでした。

わたくし、幼少期は共同便所で共同炊事場の長屋住まいで、その後、小学生の頃は、トイレとキッチンはあるが風呂は無しの都営団地住まいでした。

ですから、庭付き一戸建てに住むことが“夢”でした。そして、夜の10時からは、ソファーに座ってブランデーグラスを傾け、ニュースステーションを見るのです。

今では、まあ、それなりに叶ったのですが、だからと云って、感激も感動も、それほど無かったのです。

それは、それなりに努力を重ねたわけでも無く、何となく、それなりに、世の中の流れに身を任せで、世の中が、高度成長で、バブルで、気が付いたら“小層な夢”は叶っていたです。

世の中では、大層な夢を抱き、夢に向かって日々努力を重ね、その夢を実現する、立派な方も居ますが、99パーセントは、あまり立派では無いと思うのです。

大層な事は考えず、日々の努力もそれなりで、流れに身を任せる。これって、やっぱり、イケナイ事なの?

世の中、全員が、夢を抱き、夢に向かって、日々努力を積み重ね、困難を乗りこえ、夢を実現してしまう。まあ、そんなことは有り得ないのです。

ひとり一人の人間には、いろいろな個性があります、体力に自信のある人無い人、学力に自信のある人、無い人、金銭に執着する人、しない人、目標が無いと生きられない人、そうで無い人、寝る時間を削って研鑽する人、そうで無い人。

落語の“まくら”で、与太郎が家で毎日毎日ゴロゴロしているので、大家さんにしっかり働けと小言を言われるのです。それに対して、与太郎が大家に質問します、

『毎日働いているとどうなるの?・・・働いていると給金が貰える』
『給金が貰えるとどうなるの?・・・貰った給金を貯めてお金持ちになれる』
『お金持ちになるとどうなるの?・・・お金持ちになると毎日寝て暮らせる』
『それじゃ、今と同じだね・・・』

まあ、こんなやりとりだったと思います。これは、うん、それなりの真理。

人間、怠けてはいけません。自分のできる範囲で、身の丈にあった、それなりの努力する、それは、とても、とても、まことに正しいのです。

ふつうの能力体力で、ふつうに努力して、ふつうの生活ができる。これがふつうの世の中だと、思うのです。


ところで、戦後の西側先進国で、ふつうの人がふつうに暮らせたのは、アジア、アフリカ、中近東、南米の人々の犠牲の上に成立していた、と、思うのです。

ですから、フランスパリでのテロは、イスラム教文化とキリスト教文化の対立の側面と、過去、西側の繁栄に対して、犠牲になった人々の反撃の一面があると思うのです。


それで、この“ふつう”とは何か?、これが、とても、とても、ムズカシイのです。

でも、しかし、今の世の中はフツウではありません。未だ、フツウでは無いと云った方が正しのかも?

いま、格差社会で、非正規雇用で、ブラック企業で、貧困率が16.1%でOECD加盟34カ国中下から6番目で、かなり、かなり、貧しいのです。

この貧しさを、夢を抱き真っ直ぐに、新たな科学技術開発で、新たな宇宙航空機産業で、経済成長で、雇用増大で、給料アップで、ふつうの人が、ふつうの暮らしを実現する! 

とは、とは“そうは問屋が卸さない”そんなシステムに世の中に、なってしまって、いるようなのです。

“1%と99パーセントの問題”です。富が、過度に、一部に集中していると云われています。そこまでいかなくとも、原始時代は別として、これまでの世の中、15%の金持ちと、85%の貧乏人で廻っているそうです。

“1億総活躍社会”は、何か、とても、低賃金で、不安定雇用で、長時間労働で、とても、とても、骨折り損の草臥れ儲けのような、そんな気がするのです。

もう、そろそろ、経済成長とか、生産性の向上とか、シェア拡大とか、銭金中心の思考から、解き放たれ、もっと気楽に暮らした方が、良いのでは、と、思うのです。

まあ、少数の、一日2~3時間の睡眠で、ひっちゃきで勉強し、メチャクチャ努力し、命を削り、精神を削り、地位と名誉と財力を望むお方を否定する気はありません。

でも、世の中、いろいろな人が居て廻っているのです。

指導者ばかりでは、高度な頭脳労働ばかりでは、キレイな仕事ばかりでは、世の中は廻らないのです。

ふつう以上の方、ふつうの方、ふつう以下の方、いろいろ居て成り立っているのです。


段々、何を云いたいのか、判らなくなりそうで、このへんでお終い。


でも、しかし、下町ロケットは、それなりに面白いです。


次回から、医療機械の開発ネタのようです。


それでは、また。




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

下町ロケットは水戸黄門でカタルシスで!立川談春と春風亭昇太のキャスティングはOKです!

2015年11月09日 | テレビの話し
先ず、何と云っても面白かったです。

何たって、悪役は憎たらしセリフに、憎たらしい表情で、これでもか、これでもかと、善人を正義を、ギリギリまで追い詰めるのです。実に判り易い展開なのです。

そして、悪役は大企業で、虐められるのか弱き中小企業でですから、これは、もう、見ている方は、中小企業に肩入れです。何たって、日本人の7割は中小企業で働いているのです。

そして、最終局面で、正義の“印籠”が掲げられ、局面は一挙に逆転し、正義が勝つのです、中小企業が勝つのです。見ている観客はスッキリで、ヨカッタ!ヨカッタ!となるのです。

この勧善懲悪のパターンは、やっぱり、何と云っても、何度くり返しても、時代劇でも、現代劇でも、とても、とても、受けるのです、支持されるのです、水戸黄門方式ですカタルシスです。

弱いモノが、強いモノに勝つ、現実の世の中では、とても、とても、稀な出来事なのです。でも、しかし、みんな、そうあってほしいのです。そこらをクスグルのです。

ドラマの原作、“下町ロケット”は、それとなく、何となく知っていました。あの“半沢直樹の倍返し”の池井戸潤です。“倍返し”は見ていません「堺 雅人」が、何か気持ち悪くてダメなのです。

でも、しかし、それを云っちゃ~お終いよですが、やっぱり、云いたいのです。云わして下さい。

ちょっとその前に、“下町ロケット”と聞いたとき、先ず、頭に浮かんだのは、あの“下町ボブスレー”でした。「下町ボブスレー」の“南沢奈央ちゃん”ヨカッタ!

舞台は、下町で、大田区とあるので、下町ホブスレーと同じく、町工場と思っていたら、私しから見たら、“佃製作所”は、下町とか、大田区とか、そんなイメージとはかけ離れた、大企業に見えました。

開発部門は二十数名?、営業管理部門は四、五十名?、現場の生産部門には百数十名?も居て、自社開発のエンジンを生産販売して、特許も多く取得しているのです。

これは、もう、“下町の大企業”です。この規模ですと、協力工場、所謂下請けを数十社、そして、二次下請けも数十社、抱えている筈です。

まあ、それで、それがどうした?と、問われても、いえ、まあ、ただそれだけの事です。

それで、話しは前段に戻り、それを云っちゃ~お終いよですが、大企業から技術を狙って買収を仕掛けられるほどの企業の佃製作所です。

その、それほどの企業に対して、あまりにもアホな銀行の対応。支店長と云い、融資担当課長と云い、あまりにもアホです、無能です。支店長にも、課長にもなれません。

それにしても、支店長役の“そのまんま東”です。役柄が“そのまんま”彼自身の生き方に重なるように見えてしまうのです。よくあんな役を引き受けたものです。

それに対して、融資課長役の“春風亭昇太”は、救いのある、多少同情できる役柄です。やっぱっり、演じる役者の個性は脚本を越えて役柄に反映するのです。

と、云うことは、支店長役に“そのまんま東”を起用したのは、かなり、それなりのキャスティングだったのかも? 東国原さん、かなり今後の政治活動に影響しますよ。

それと、それと、それと・・・何だったけ?

そうでした、ナカシマ製作所?の法務対策部長のマスコミ対応とか、優秀な弁護士の、判事に対する評価のいい加減さとか、ストーリー展開で重要なところで、アレレのレ~で、そんなアホな?の展開なのでした。

それにしても、帝国重工宇宙開発部長の“吉川晃司”が着ている三揃えのスーツ、ウエスト絞りすぎ、パンツ細すぎ、本人の好み?何か、とても、変です。

それにしても、“立川談春”は、得な役柄で、なかなかの口演じゃなかった、なかなかの好演です。昇太師匠とは役柄はエライ違いですが、二人ともそれなりにヨカッタ!

兎に角、やっぱり、銭金で短期利益優先で、株主優先で、企業モラル低下で、技術開発力の低下で、製造業の魅力低下で、いろいろ心配で、そんな世の中に、それなりの刺激にはなるのかも?

兎に角、それなりに面白いですよ! 下町ロケット!でも、来週の第四話で、ロケット編は終わるそうです。次からは、新聞小説と同時進行らしいです。

水戸黄門のカタルシスは、いつまで持つか?ロケット編が終わっても、やっぱり下町ロケットなの?

それでは、また。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加