歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

“放射能に負けない心と身体を創る”by中曽根康弘?

2011年05月30日 | 雑談
とうとう、関東地方は梅雨入りしました。

ふつうでも梅雨の季節は憂鬱なのですが、今年は、フクシマ原発の高濃度の放射性物質も加わって、とても、とても、憂鬱な梅雨入りとなりました。

しかし、ホントに原発が爆発して、メルトダウンして、放射能をまき散らしているのです。それも、4基もです。

今年のお正月、まさか、こんな事が、ニッポンで、フクシマで、起きるなんて、誰も、夢にも、思わなかったのです。

自分自身で、この眼で、生で、確かめた訳では無いので、時々、この原発事故は、現実なの? と、思うことがあります。

毎日、放射線量を確認する何て、思っても見なかったのです、でも、間違い無く、現実なのです。嘘のようなのですが、ホントなのです。

これまで、空気、水も、土も、野菜も、魚も、シーベルトとやベクレルとは、まったく関係無かったのです。

年間1ミリシーベルトは、毎時何マイクロシーベルトなのか?そんな計算をする事は無かったのです。

そんな、こんなで、ブログの更新も途切れがちになっています。

自分の生存が、他人の手の中にある・・・・・・・、自分意志とは関係無く、生存が脅かされる状況は、とても、とても、納得できないのです。苛立つのです、不愉快なのです、頭にくるのです、・・・・・・、そして、段々と、徐々に、やる気がなくなるのです。

やる気がなくなる・・・、無気力になる・・・、何と無く、何もせず、一日をボンヤリ過ごす・・・。無気力、無関心、無感動・・・・・・。

うん!これは! もしかして、被曝の初期症状では? これって、もしかして、ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリで発症した“ブラブラ病”かも?

今週は、無気力、無関心、無感動から抜けだし、プログの更新を活発にして、プラブプ病や被曝鬱に、断固!勝利したいと思います。


以上で、決意表明を終わります。


それと、皆さん、むかし、むかし、当時、科学技術庁長官で、原発推進の先頭に居た中曽根康弘大勲位の御言葉

“放射能に負けない丈夫な心と身体を創る”

を贈ります。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃ノ心に睨まれて十二味唐がらし

2011年05月23日 | 相撲の話し
“5月技量審査場所”が終わりました。

いつもの“白鵬”が、13勝2敗で19度目の優勝で、面白くも、可笑しくもなく終わりました。まぁ、千秋楽で魁皇に負けたのは、それなりに面白かったです。

それで、12勝3敗の“栃ノ心”なのですが、訳あってと云うか、縁あってと云うか、“袖すり合うも他生の縁”とでも云うのか、兎に角、以前に、突然出会っていたのです。

2007年の1月でした。都内をブラブラと清澄通りを両国に向かって歩いているときです。


この“七色唐とうがらし”の看板を見つけて、なないろ?七色ねェ~?、七色の唐がらしに、七つの味の“七味唐がらし” そう云えば、シチミと云ったり、ナナイロと云ったり、そういえば、これまで、どっちも使っていたような??????

そういえば、縁日などの街頭販売の七味唐がらしは、五味が入って“十二味唐がらし”何て、話しを思い出したりして・・・・・・・。


ボンヤリと横断歩道で信号待ちをしていたら、“やきとりの店つくね”から突然、大男が現れたのです。場所柄、大男と云えば相撲取りです。咄嗟にカメラを向けてシャッターを切ってしまったのです。


見知らぬ顔の、見知らぬ外国人力士です。シャッター音に気付いて睨み付けられたのです。一二歩こちらに向かってきたような? 一瞬ビビリました。

もしかして、睨んだり、向かって来たりは、単なる私の思い込みだったかも知れません。兎に角、闘争心むき出しの怖い顔をした大男でしたから、ホントに、ホントにビビリました。


でも、しかし、ビビリながらも後ろ姿をもう一枚撮したのです。この大男が誰なのか、判明したのは、一年後の2008年、十両に昇進したときです。出会ったときは幕下59枚目の頃だったのです。


栃ノ心(とちのしん つよし)、 春日野部屋で、本名は“レヴァニ・ゴルガゼ”でグルジア・ムツケタ出身、生年月日は1987年10月13日でかから23歳ですか、身長は191cm、体重は156kgです。

調べていたら、本国グルジアの“歯科医師”の免許を取得しているとの情報がありました。歯医者で関取は相当にと云うか、大相撲の歴史上始まっていらいの珍事?

しかし、こんな大男で怖い顔の歯医者は、絶対に流行らないと思います。虫歯など麻酔なしで、力まかせに、強引に、引っこ抜かれてしまいそうです。

それにしても、栃ノ心は気になります。

それにしても、千秋楽で勝ち越す、いつもの、“そこそこ勝ちのそこそこ負け”パターンに戻った“稀勢ノ里”は、もう、ホントに!気にならなくなりました。


只今の、空間線量は 0.10 (μSv/h) です。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水郷佐原あたり

2011年05月20日 | 街の風景
千葉県は水郷の佐原です。






























佐原でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島第一原発は“とてつもない状況”なのですが・・・・・・

2011年05月18日 | 世間話し
しかし、“メルトダウン”との報道が流れても、もう、何だか・・・、驚かなくなってしまいました。炉心が一部損壊だろうが、一部溶融だろうが、メルトダウンだろうが、圧力容器の底が抜けようが、格納容器の底が抜けようが、もう、それほど、気にならなくなってしまいました。

事態は改善も進展も無く、どちらかと云えば、悪化しているに・・・、もう、何だか、諦めてきたのか、慣らされてしまったのか、原発報道が少なくなった所為のか・・・・・・。

どうも、現実感に乏しいのです。放射線は色もなく、匂いもなく、汚染レベルが“数十マイクロシーベルト”になっても、数万ベクレルになっても、人間の五感では実感できないのですから・・・・・・。

一号機はのメルトダウンは、2ヶ月前の3月12日には起きていたようで、関係者は黙っていたと云うか、隠していたと云うか、今頃になって認めたのです。

確かに、あの頃、あの時点で“メルトダウン”の言葉は、とてつもなく衝撃的で、とてつもない恐怖心を、とてつもなく世間にまき散らし、とてつもない混乱を招く可能性があったかも知れません。

それとですが、この“とてつもなく・とてつもない”が口癖の“京大助教”の方は、むかし中学で教わった理科先生のようで、真面目と云うか、質素と云うか、気高いと云うか、志が高いと云うか、とてつもなく信頼できる原発学者だと思います。

それと、この方の発言を聞いていると、時々と云うか、かなりの頻度で、センテンスの最後に一拍空いて“です!”が、かなり強調されて入るのです。自分の今発した言葉を瞬間的にチャックして、“うん!間違い無い!”となって、思わず“です!”の言葉が出て来るようです。

こんなご時世に、とても不謹慎と思いつつ、それでも、書いてしまいますが、今年の流行語大賞は”京都大学原子炉実験場助教“小出裕章先生”の“とてつもない・です”に、勝手に決めました。


話しを戻します。

それで、今頃になってメルトダウンなのですが、2ヶ月もしたら、そろそろ原発汚染への恐怖心も、かなり和らぐと云うか、慣れると云うか、何だか判らなくなると云うか、そんな思惑が関係者の頭にあると思うのです。

いつの世も、いずこの国も、「知らしむべからず、依らしむべし」は、かなりの真実を含んでいるような、いないような・・・・・・。

スリーマイルの米国も、チェルノブイリのソ連も、「知らしむべからず、依らしむべし」で、体制が異なるのに、放射能災害については、まったく同じ対応なのです。そのことからして、フクシマの日本も・・・・・・、かなり、同じような対応?

いや、これは、もしかして、「知らしむべからず、依らしむべし」は、原発事故だけでは、ないの、かも・・・・・・。

まぁ、こちらとしても「知らぬが仏」の方が、精神衛生上とても魅力的だったりして・・・・・・。

もう、いまさら、悪い情報など知りたくねェ! 何て気分に、時々、なったりして、しまうのです。


只今の空間線量は「0.11μSv/h」です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

放射能に曝され献血しました

2011年05月16日 | 健康
先日、いろいろあって、四十数年ぶりに“献血”をしてきました。

最初に献血の話しがあった時は、“エッ! 献血ッてェ~、60歳までじャないの?”と、云ったら、年齢制限は64歳迄で、わたくし61歳ですから、まったく問題ないとのことでした。

それならば、こんなご時世?ですから、世のため人のため、覚悟を決めたのでした。

いい歳して、ホントに、ホントに、注射は大嫌い!なのです。針が腕に突き刺さる瞬間、顔面は、緊張と恐怖と苦痛で、醜く歪んでしまうのです。

7歳の孫は、注射は怖くないそうで、針が腕に突き刺さる瞬間を平気で眺めているそうで、度胸もあり、探求心も旺盛なのです。将来はお医者さんを目指しており、その為の勉強だと云っています。

それで、献血ですが、先ずは、用紙に、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、次に問診表に、ナンダ、カンダと健康状態や、病歴やら、渡航経歴やら、同姓愛の経験やらを、“はい”、“いいえ”に、チェックを入れるのです。

次に、身分証明の提示により本人確認を行い、無事通過すると、500CCペットボトル入り“ポカリスエット的飲料水”を渡され、献血の前後に飲むように云われるのです。

ここまではバスの外で、この後、いよいよ“献血バス”に乗り込み、医師による簡単な問診と血圧の測定、次は看護師による採血で、血液型と血液の比重?の検査を受けるのです。

検査後に、看護師の方から、“すべて問題ありません”と云われ、その言葉の後に“400CCでもまったく問題ないので、400CCで如何ですか?”と、微笑みを浮かべて誘われたのですが、“いいえ、200CCで結構です!注射も、血を抜かれるのも、とても嫌なのでェ!”と、キッパリと拒絶しました。

もしも、あの看護師さんが、もっと若く、かなり美しい方でしたら、その微笑みと甘い囁きに負けて、“ハィ!400CCでェお願いします!”何て、口走ってしまったかも知れません。200にするか?400にするか?少しは迷いがあったのです。

まぁ、そんな冗談はさておいて、遂に、寝台に横になり、右腕に針を突き刺され、血を200CCを抜かれました。バスには血抜き寝台が4台装備され、わたくしは一番後方で血を抜かれました。

検査の採血でも、200CCでの採血でも、どうも、何か、人間ドックの採血で使用される針よりも、何か、ワンランク下の針のような? 皮膚を突き刺す際の抵抗が大きく、痛みがキツイ感じがしました。気のせいですかねェ? 

これが、突き刺された痕です。



献血が無事終了し“献血カード”とご褒美を頂きました。三色ボールペンと思っていたら、赤と黒のボールペンに、もう一箇所はシャープペンシルでした。


献血カードの裏には、次回の献血可能日が記載されていました。一ヶ月そこいら間を空ければ、もう次の献血が可能なのです。


受付での問診表の記入から、採血の終了まで30分ほどでした。最後にバスを降りて、受付の処でカードを渡される際に、

「60歳から64歳までの間に一度献血をされた方は、“69歳”まで献血が可能になります」と、うら若くない女性に笑顔で告げられました。61歳で献血してしまった事で、わたくしは69歳まで年齢制限が引き延ばされたのでした。そんな奥の手があるとは知りませんでした。

因みに、欧米では61歳の誕生日までが献血可能年齢のようです。日本人は元気で健康で寿命が長いので、献血年齢も高いのでしょうか? それとも、血液が足りないのかも?

まぁ、この歳で、この能力で、世間のお役にたてるのは、献血ぐらいしか無さそうなので、年に一度位の献血は“いいかなァ”何て、思うようになったのです。

今度は、400CCに挑戦しても“いいかなァ!” 何てことも、思ったりしているのです。


只今の“空間線量”は0.10μSv/hです。もしかして、たぶん、地表近くは、この数倍かも・・・・・・。それでも、枝野クンは“直ちに健康に影響を与えるレベルでは無い!”と云うのでしょうね、きっと。

それにしても、記者会見でそんな事を云われて、記者連中は何も質問しないのです。直ちには“急性放射線障害”は起こりませんと云う事で、“晩発性放射線障害”は、その限りでは無いと、それは互いに了解済みと云うこと?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大宮駅あたり

2011年05月10日 | 街の風景
三十数年ぶりに、埼玉県は大宮駅前を“ちょこっと”ぶらついて来ました。

































大宮は、こんなご時世のなかで、それなりに発展しているようでした。

それにしても、ホントに、ホントに、人がいっぱい、いっぱい、歩いていました。母の日と関係があるの?

只今の放射線量は「0.11μSv/h」です。

これ以上は下がらないようです。大気中の放射性物質から放出されたものではなく、地上に降り積もった放射性物質から出ているようです。

値が一週間経っても、二週間経っても、減少も増加もほとんどしないのは、セシウムとかストロンチュウムが残っているのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東電福島第一原発事故?で思いを巡らす

2011年05月04日 | 世間話し
東電福島第一原発ですが、世間的にも“人災”との評価に傾きつつあるようです。私としては、以前より、事故ではなく“事件”であり、犯罪だと考えいます。

基本設計のゼネラルエレクトリックの一部の技術者も、設計に加わった一部の東芝の技術者も、“地震津波に対して構造的に欠陥がある”と、事故の起きる前から指摘していたそうです。

国会の場でも一部の議員から、福島原発の危険性を指摘していたそうです。それでも、東電も、政府も、原子力安全委員会も、原子力安全保安院も、問題はない!、安全です!、事故は起きません!と、云っていたのです。

でも、しかし、事故が起きるまでは、世間の、誰もが、そんな事はあまり知りませんでした。テレビや新聞が報道しなければ、その事実は、この世に存在しなかった事になるのです。

一部の人達が、危険だと叫んでも、ほとんどの人達は原発は安全だと思っていました。

安全と云っていた原発は、3月11日の地震で一部の人達の指摘していたとおり、冷却が停止して24時間後に水素爆発を起こし、放射能をまき散らしました。

また、一部の人達は、再臨界によってのみ発生する“核種”が、東電発表のデーターに記載されている事実を指摘しています。その後、東電はデーターの誤り?との見解を出しました。その後、保安院は再臨界の可能性を、それとなく認める見解をこっそり表明しているようです。

そしてまた、東電と保安院は「今回の事故は、原子炉の“関連施設が津波”により破壊された事に起因し発生した」との見解ですが、一部の人達は“地震”により、原子炉本体が破壊されたと云っているようです。

原因が津波であれば、防潮堤を高くするとか、非常電源の不備であれば、電源車を別途配備すれば解決なのです。

でも、しかし、原子炉本体そのものに欠陥があり、地震に脆かったとなると、簡単には解決しないのです。

原子炉本体の一部が破壊されていると、冷却装置が稼働したとしても、冷却水が漏れ続けている為、放射能に汚染された水は漏れ続け、冷温停止迄には数年間はかかると予想しているようです。

それと、また、年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトの、低レベル?の放射能を数年間も浴びて、ホントに問題無いのでしょうか? 政府も、原子力安全委員会も、健康に影響は無いと云っています。

でも、しかし、一部の人達は、年間20ミリシーベルト以下でも、数年で健康被害が発生すると指摘しています。

いつも、いつも、どんな時でも、安全だ!問題無い! 云ってきた連中の、いつもの“問題無い”見解です。誰もが、疑って当然なのです。

問題なのは、健康被害は、放射線を浴びた事だけに、発症する健康被害では無い事です。

放射能を浴びなくても、ふつうにでも発症する、健康被害なのです。きっと、その頃になると、“放射能との因果関係は証明されていない”と、原子力安全委員会も、保安院も、政府も、云いそうなのが怖いです。

只今の放射線量は「0.13μSv/h」です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川を眺めてチキンカツ弁当

2011年05月01日 | 水海道の風景
先日、常総市の水海道へ行って来ました。

何故か気になる水海道なのです。

途中、小貝川の土手からの景色、ほぼ、瓦屋根の2割はこんな状態です。


単線です。


こちらも、


市役所の古い庁舎は閉鎖中、駐車場に臨時のプレハブ庁舎。


こちらの銀行建築も閉鎖。


妙に気になる、金ぴかのドアノブ。


歯科医院の屋根瓦も。


ここからの眺めが、なかなか良いのです。


ここで、チキンカツ弁当398円を野菜ジュースと共に、いただきました。ご飯が足りません。


2日前、龍ヶ崎の“つくばの里工業団地”の公園で食べた、“ホットモット”の“のり弁”は味ボリューム、そして、価格に置いて、満足のいくものでした。

実は、丁度その日から、創業感謝祭?か何かで、のり弁290円が260円で、その上、大盛りも“無料”だったのです。何とも、ラッキーなのでした。

“のり弁”は、もしかして、この世で一番のランチ弁当だと思います。その日も、ランチにのり弁を食べる為だけに、龍ヶ崎くんだりまで自転車を走らせたのです。

途中でのり弁を買い求め、のり弁ランチを食する絶好のポイント、つくばの里工業団地の寂しい公園に向かったのです。それにしても、ホントに何で、龍ヶ崎の外れで、何で!つくばの里なの?

のり弁は、寂しい場所で、一人寂しく食するのが最高なのです。

名も知れぬ深海魚のフライこれが絶妙、竹輪の天ぷらこれが懐かしく絶妙、ご飯の上に敷かれた噛み切れない海苔、その下の昆布の佃煮、そして“数本”のゴボウとニンジンの“きんぴら”に、“数枚”の大根の漬け物、何とも“ビンボークサイ”これが、また、絶妙なのです。

のり弁は、寂しくて、切なくて、悲しくて、懐かしい食べ物なのです。のり弁は哀愁です。のり弁は演歌です。

のり弁の欠点を上げるとすれば、それは海苔です。今回、気が付いたのですが、海苔にスリットが二箇所入っていました。それなりに改善はしているようです。

価格的に海苔の質に注文は付けられないのです。今度こそ、今日こそ、“のり弁、海苔抜きでェ!”と、云って見たいと思うのですが・・・・・・、やっぱり、それは、なかなか・・・・・・なのです。

水海道でチキンカツ弁当が、つくばの里でのり弁になってしまいました。

やはり、何と云っても、チキンカツ弁当と、“のり弁”とでは実力が違いすぎるのでした。


現在の放射線量は「0.10μSv/h」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加