歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

“特限品抜き横綱”朝青龍 そして“稀勢の里”

2008年01月29日 | 相撲の話し
塩原シリーズの途中ですが、本日はお休みしてお相撲の話です。

それで、白鵬の優勝何ですが、これで「協会」も「横審」も、一同ほっと一息ではないでしょうか。

千秋楽の横綱相星決戦は、稀に見る名勝負と云っていいと思います。私も母も興奮しました。母は白鵬、私は密かに朝青龍を応援しました。

「見事に理想的」な千秋楽でした。兎に角、興奮し、楽しめました。朝青龍が、居ると、居ないでは、客の入りが違います。悪役人気は大変なものです。

「日本放送協会」の元会長だった横審委員長が、「朝青龍の土俵成績は横綱として立派に責任を果たした」と、お褒めのコメントをしていました。

朝青龍はこれまでも、土俵上の勝ち星では「立派な横綱」です。問題となったのは「土俵外」での態度です。その事には、協会も横審も公式には触れないようにしています。

もう、朝青龍に「品格」を求めるのは「酷」です。承知で横綱にしたのですから、今更、無い物ねだりをしても無理な話です。

朝青龍も高砂親方も「何を云われている」のか、まったく判っていません。一人横綱の時期が長く、協会も甘やかして来ましたし、朝青龍もその事を充分に「意識」して振る舞ってきました。

朝青龍に限っては「品格」は問わない事で、関係者一同で「暗黙の合意」が形成されつつある様に見えます。

素人にも分かり易い、“ヒールの朝青龍”に、“ベビーフェイスの白鵬”で、大相撲人気は盛り返し、興行的にもOKだと思います。

兎に角、こうなっては、今やれる現実的な事は、朝青龍は「特別限定品格抜き横綱」としてのイメージを定着させ、後世への「影響を排除」することです。

朝青龍は「特限品抜き横綱」として、後世にその名を残します。

それにしても、稀勢の里です。
朝青龍を敗り幕内上位で初めての二桁勝利でした。そこそこ勝ちの、そこそこ負けから脱却できそうな場所でした。

やっと自分の「型」を見つけた「様?」です。来場所は小結です、二桁勝利を期待します。



   日本人横綱の最短距離に居ます! 稀勢の里!

   北の湖2世です! 稀勢の里!
  (顔付き、体型、太々しい土俵態度がそっくりです)

朝青龍を敗り横綱になるのは“稀勢の里 寛” あなたです!

鳴戸親方、指導よろしく頼みます!


それでは、また明日。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩原温泉を漂い高下駄を鳴ら... | トップ | 塩原は“文学温泉!?” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。