歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

共謀罪の成立で!これで日本も!北朝鮮と対抗できる!価値を共有できる!

2017年06月14日 | 世間話し

反対する立場からは「共謀罪」と云い、賛成する立場からは「テロ等準備罪」と云う、新たに、共謀罪の創設を含む「組織的犯罪処罰法改正案」が衆議院を通過し,今週中にも参議院で可決成立しそうです。

取り締まりの対象は、組織的犯罪集団、所謂、暴力団とか、テロ集団とかで、一般国民は対象外と、政府与党は云っているのです。

その言葉どおりであれば、まったく持って実にイイ改正案なので、衆議院でも、参議院でも全会一致で可決成立なのです。

野党も、労働組合も、刑法学者も、日弁連も、日本ペンクラブも各種市民団体も、誰も反対はしないのです。

フツウの国民には、相当に想像力を働かせないと、短期的、目先的には、日常生活には、まったくもって関係のない、どうでも良い法改正なのです。

いつの時代でも、警告を発するのは、先ずは少数者からなのです。多数の一般国民にとっては、気が付いた時は遅いのです。

兎に角、犯罪が起きてからでは遅い!具体的に準備始めてからでも遅い!計画を相談した段階で逮捕しろ!は、フツウの国民にとっては、とても、とても、受け入れ易いのです。

あの「オウム真理教のテロ事件」の頃に、この法律があったとしても、「厳密」に運用したならば、地下鉄サリン事件は防止できなかった、と、元検察関係者も発言しています。

オウム真理教は「宗教団体」であって、犯罪集団ではないからです。

と、云う事は、取り締まる側が、かなり、かなり、柔軟で恣意的な解釈と、柔軟で恣意的な運用が要求されるのです。

取り締まり側としては、宗教団体のオウムがテロ事件を起こしたのですから、ましてや、政党とか、労組とか、市民組織とか、いろいろな組織団体が、いつのまにか、テロ組織、犯罪組織に変化する可能性ありとして、常日頃の監視が実行されるのです。

常日頃の監視によってしか、計画相談段階での取り締まりは不可能なのです。

それと、ここで、ちょっとだけ逸れますが、そもそもです。「犯罪集団」が堂々と存在する事を、合法としているのは、自慢ではありませんが、我が日本国だけなのです。

犯罪集団と云えば、我が国では、暴力団がその筆頭にあげられるのです。そもそも、その存在自体が犯罪なのです。それが世界の常識で、犯罪集団に加入参加するだけで罪になるのです。

それで、話しは、共謀罪ですが、政府与党の主張を、素直に受け入れる方々は、反対する連中は法律が施行されると、彼は取り締まられるので反対している、と云います。

そうなのです、まったく、もって、そのとおりです。

為政者は、政権与党は、権力者は、自分の思うがままに政策を実行したいのです。反対されるのは気にくわないのです。

単に、偶々、議会で過半数の議席を占めた政党の政策を、反対したとしても、民主主義ですから、まったく問題ないのです、あたりまえなのです。

その、政権与党の政策に反対する事が、あたかも、国家を転覆する良からぬ輩として、自由な発言も、反対行動も、反社会的として、反体制として、取り締まるのは、民主主義国家ではありません。

まあ、あの将軍様の居る独裁国家の北朝鮮も、正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」と云うそうですから、そちらと、価値を共有したいのかも知れません。

兎に角、為政者は、あらゆる反対発言は、反対運動は、危険思想だと、フツウの国民に刷り込みたいと、常日頃考えているのです。

まあ、フツウの国民は、何事にも、御上に逆らい、反対を唱える輩は、良からぬや奴との思いは、かなり、かなり、強く刷り込まれているのです。

と、云う、事で、国会での審議、担当の法務大臣の、しどろもどろの、チンプンカンプンの、珍答弁も、法案成立には、まったく支障はありませんでした。

質問を理解できなかったり、答弁を助ける官僚の説明も理解できなかったり、大臣として不適格との議論になったり、本質を逸らす、かなり高等戦術だったと思うのです。ホントの処は、法改正に精通している適任者では、逆にやり難かったと思います。

兎に角、法案が可決成立すると、今後は、あらゆる、組織、個人の監視が必要となりますから、先ずは、警察官の増員が必要になります。

それで、ある筋からの噂ですが、今現在でも、警察組織の人員は過剰とのこと、共謀罪は過剰人員の救済的な側面もあるようです。但し、あくまでも、単に、ひとつの側面です。

兎に角、朝鮮民主主義人民共和国に対抗するには、日本も対抗上、自由は、益々、括弧付きとなり、政府への自由な発言は、かなり、かなり、忖度して控える風潮になることでしょう。

でも、しかし、フツウの国民には、当面も、その先も、大して影響は無いと思います。破局的段階に至って、そうか!あの時!あの事!から、と、気が付くのでした。

それでは、また。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月8日(木)のつぶやき | トップ | 6月14日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2017-06-15 05:25:32
しどろもどろ、チンプンカンプンの金田勝年法務大臣、困ったらオンナを武器に女々しくか弱そうな態度の稲田朋美防衛大臣。自民党は役者さん。小中学生でもアホ、ボケ、カスにしか映らないことを国の最高機関で演じる。法案を通す為ならが、見え見え。選挙に自信ありか。
Unknown (1)
2017-06-15 11:54:45
全て自己投影ですよね。
あなたから出てくる発想は全て
あなた自身の考え方が根底にあります。
つまり全てのあなたの文章はあなた自身の
人間性の証明です。
Unknown (Unknown)
2017-06-15 21:03:50
たぶん、そう云う事です。

たぶん、あなたも・・・ねェ!

兎にも角にも、コメントありがとう!御座います。
Unknown (さかいのぶよし)
2017-06-16 04:56:24
一般民衆はそれでも、人の生き、死を左右しない。権力(三権力)が維持、強化の自己投影では、民衆はたまったものでない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。