歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

茨城県南部では随一!櫻の名所福岡堰の花見は豊かで平和でした

2010年04月13日 | 季節の風景

昨日の続きです。

桜並木の終点でトイレ休憩です。トイレの前には“茨城百景福岡堰”の石碑が建っています。ホントに福岡堰の桜は素晴らしい。近所に越してきて早20数年、まったく知らなかったのです。

美味しいものは後でゆっくり楽しむのが良いのでした。

つくば市の“農林省研究所通り”の桜も素晴らしいのですが、やはり、何と云っても河原沿いの桜並木には、とても、とても適わないのです。河原は自然で、緑で、空が広いのです。

それにしてもこの日は、天気はまさに最高のお花見日和で、半袖Tシャツの気温で、歩いていると、じんわり額に汗が滲んでくるのでした。


それで、我々が歩いたのは、この案内板にある“北山道祖神”辺りからです。地図で測ってみるとほぼ1.5㎞です。駐車場を出たのが11時ちょっと前で、着いたのが11時20分過ぎです。


それで、駐車場ですが、こちらの駐車場にはかなりの空きがあったのです。福岡堰の桜と云うと、福岡堰を目指して車が集中するようですが、こちら側の駐車場が狙い目です。案内のガードマンも居りません、毎年、それだけ混雑しないのです。


さぁ、トイレを済ませ、身も軽くなり、折り返しの花見。


対岸にある、この芝生の一画はなかなかの空間、犬と戯れ、


カヌーを浮かべ、バーベキューなどを食して、まだ、まだ、豊かな日本です。不況は、就職難は、デフレは、何処の国のお話?


こちらでは、釣り糸を垂れるパパとタモを持つ息子。可愛い息子と一緒、目の前には満開の桜、魚なんか一匹も釣れなくても最高の休日です。ちょこんと座った男の子がトテモ可愛いかったです。ホントにこれぞ平和です。


豊かで、平和な風景を後に、駐車場へ戻ります。時計の針は十二時を少し回っています。さぁ、花見の後のランチです。


ランチのお話は次回。

それでは、また明日。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡堰花見で“大鷹”そして“水... | トップ | 福岡堰花見の後は“とんカツ”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「今井の桜」「福岡堰」・・・桜近所めぐり (リタイア後の悠々スローライフ)
桜が咲くとじっとしては居られない・・・日本人なのです。10日(月)「今井の桜」を見に行った。周辺は昔懐かしい田園風景が広がり、こんな桜名所は少なくなった。毎年行かないと......