歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

“キューポラのある街” ⑥ アッチにコッチに逸れて!そして!日立武蔵工場は消えていました!

2010年10月11日 | 映画の話し

先週の続きです。

先週は「日立製作所武蔵工場(半導体工場)」関連の話しでした。それで、武蔵工場は何処なの?と思った方もいたのではと思います。

映画のなかでは、工場見学のシーンと、帰りにジュンが自転車に乗って、川口の街を走るシーンとがつながって描かれているので、川口市の近所のように思われた方も、もしかして?何人か?居られた?と思うのです。



実は、何を隠そう、この私も、武蔵工場は川口の近所だと思っていました。何たって川口周辺も「武蔵野の国」ですから、そう思っても仕方ありません。

それで、ネットで「日立製作所武蔵工場」を調べていたら場所以外に、いろいろな事が、いろいろと出てきたのでした。

先ずは武蔵工場の所在地ですが、何と、中央線の国分寺駅から徒歩10分ほどの所にあったのです。当時でしたら、川口からは乗り換え時間を入れ、駅まで歩く時間を入れ、2時間は掛かったかと思います。当然、ジュンは会社の寮に入る事になるのでした。


それと、今回は、あまり詳しくは触れませんが、日立武蔵工場の昭和30年代は、労働問題がいろいろあったようです。映画で描かれたほど、明るく楽しい職場ではなかったようです。

寮生活も“女工哀史”とまでは云いませんが、いろいろあったのでした。シスター制度はその役割を存分に果たしていたのでした。

それで、日立武蔵工場ですが、あの白井貴子とか、三屋裕子とか、中田久美とか、大林素子とか、日本を代表する選手を輩出した、バレーボールの名門チームがあった工場なのでした。

武蔵工場関連は、「でした、でした」の過去形なのでした。

実は、平成の世になると、国内の半導体メーカーは後発の韓国に世界市場を奪われ、かなり厳しい状況に追い込まれたようで、各メーカーは企業の垣根を越えて統合化に向かったようです。

そして、武蔵工場は分社化し三菱の半導体部門と統合し「ルネサス テクノロジ」となり、最近は、NECとも統合して「ルネサス エレクトロニクス」となっていたのです。

日立と三菱とNECが一つの会社をつくったのです。昔はそんなこと考えられませんでした。半導体分野は相当に追い詰めらようです。

武蔵工場の名前が消え、バレー部も廃部になりました。大会社の中の大会社、日立製作所の武蔵工場が消えてしまっていたのです。

分社化して他のメーカーと統合すると云うことは、不採算部門の切り捨てであり、従業員の削減であり、雇用条件の低下である訳です。

ジュンの頃は“これからの分野”だったものが、今では“もはやこれまでの分野”となってしまっていたのです。

中国や、韓国や、台湾や、インドや、ブラジル等の国でも生産できる分野では、労働条件も彼らと同等で働くことになってしまうのです。

“経済的”には、ですけれど、辛く厳しい時代になりました。これから先の長い方、多くの収入を望む方、これからは、ホントに大変な時代です。

ジュンの時代は、みんな貧乏から抜け出すことを目指して、いろいろ一生懸命頑張りました。これからは、もう、貧乏でも、楽しく、のんびり暮らす事を、一生懸命頑張って考える時代だと・・・・・・。

もう、品質の良いものを、安く、大量に生産し、大量に消費する、そんな時代はお終いにしましょう。ホントに失うものが大き過ぎます。

書いているうちに、最初の予定とは、かなり、かなり、逸れまくってしまい、コムズカシイしいことになってしまいました。

本日はここで、お終いにします。次回からもうすこし「キューポラ関連」に戻します。

まあ、アッチに行ったり、コッチに行ったりは、たぶんあると思いますけど・・・・・・・。


それでは、また明日。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “キューポラのある街” ⑤ エル... | トップ | “キューポラのある街” ⑦ 思い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。