歩く・見る・食べる・そして少し考える・・・

近所を歩く、遠くの町を歩く、見たこと食べたこと、感じたことを思いつくままに・・・。おじさんのひとりごと

みんなみんな安倍政権に飽きて!支持率急落!そして小池知事と前川喜平氏の背後には二階幹事長!の影がチラホラ!

2017年07月12日 | 世間話し

ホントに暑い! 

梅雨は何処へ行った!

稀勢の里は休場しろ!

それで、まあ、安倍政権の支持率ですが、各報道機関の世論調査で、ほぼ各社とも35%を切りました。この傾向は続きそうで、近いうちには30%を切り、危険水域に突入する可能性が大きくなりました。

解釈改憲とか、集団的自衛権の行使とか、共謀罪とか、何をやっても支持率は下がらなかった安倍政権ですが、ここにきて、そろそろ年貢の納め時のようです。

やはり、森友学園問題に、加計学園問題は、かなり、支持率低下に繋がりました。

何と云っても、規制改革だとか、何とか特区だとか、偉そうに政策を語っても、結局は、単なるお友達への税金を使った利権政治だったのでした。

有権者が、やっと、やっと、反応し始めた? と、云うか、たぶん、もう、安倍晋三の政治に、安倍晋三の顔に、声に、飽きて来たのだと、そう思うのです。

アベノミックスなんて言葉も、黒田日銀総裁の顔も、テレビからも新聞からも消えて久しいのです。誰もその効果に期待しなくなっているのです。

これまでは何をやっても、経済政策への期待で安倍政権の支持率は維持されていたのです。

アベノミックスが消えたところに、誰もが判り易い、森友・加計問題の発生です。安倍政権の、“記憶に無い!記録は廃棄した!”など、すっとぼけた!バカにした!対応が安倍政権離れを加速させました。

兎に角、安倍首相にも、管官房長官にも、黒田日銀総裁にも、もう、顔も見たくない、声も聞きたくない、飽きたのです。

そんな、こんなを背景に、小池百合子が都民ファーストで登場し、そして、前川喜平の登場で、流は決定的になったのです。

ここで、大胆な!私の推測です。

どうも、小池百合子氏と前川喜平氏の動きには、何処かで連動しているような?そんな気がするのです。  

どうも、誰かが筋書きを書いている!そんな気配を感じるのです。

小池百合子氏の抱く国政進出への、日本初の女性首相への思惑は、彼女ひとりの政治力では実現しません。自民党内部の何処かの派閥と連動しているのです。

そして、前文科省事務次官の前川喜平氏の安倍政権への“反逆”です。この方、かなり政界人脈のある方で、また財力もお有りのようなのです。

自民党参議院議員の“中曽根弘文氏”は、前川氏の義理の弟なのです。妹が中曽根家に嫁いでいるのです。弘文氏は中曽根元首相の息子です。そして、彼は二階派の所属です。

前川氏の実家は冷凍機の世界三大メーカーの「前川製作所」なのです。創業家の一員ですから、それなりに株も所有していることでしょう。

それと、小池百合子氏ですが、こちらは、自民党離党して、新政党から、新進党から、自由党から、保守党から、保守新党から、自民党への復党まで、二階氏と行動をほぼ供にしているのでした。

小池氏の後ろにも、前川氏の後ろにも、二階幹事長なのです。

二階幹事長の後ろには誰が?

誰が動かしているかと云えば、国民の空気?兎に角、国民も、自民党議員も、マスコミも、4年も続く 安倍一強政治に飽きて来たのです。アベノミックスは終わりました。

安倍政権の支持率の急速な低下は、これまでの政策に反対する政治グループの動きとか、野党共闘の成果ではありません。

ホント!菅官房長官の、毎日、毎日の記者会見には飽き飽きです。

キャッチコピーだけの安倍政権に飽きてきた国民の空気に、自民党内の政治手法に反対するグループが呼応し、そして、政局が、世論が、マスコミの論調が、相互に影響し合いながら、急展開したのです。

それと、改憲勢力としても、安倍に改憲をやらせたら、国民投票で否決されると予想し出したのです。いま9条改憲を否決されたら、これまでの努力が水の泡で、今後50年は、もしかして100年は待たなければ、次のチャンスは訪れないと考え始めているのです。

いろいろな人達の、いろいろな思惑が絡まっての、支持率低下、政権崩壊?なのでした。

来年からは、安倍の顔も、菅の顔も見ないですみそうです。

昼のニュースで鶴竜休場が伝えられました。

次は、稀勢の里でしょう。困ったものです。

それでは、また。

 

ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月5日(水)のつぶやき | トップ | 7月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さかいのぶよし)
2017-07-19 05:19:09
1868年明治から天皇、日の丸、自由主義経済を認める政府なら東条英機でも村山富市でもイイ日本。「前衛」より賢く、たくましく国民は生きる術を知ってる。社会主義、共産主義は人間の理想でも、現実には不快なひとが多い。いじけてる、猜疑心、ケチ、たかりやのイメージ。健在な人間社会を目指す人が不健全な秘密を好むのか。パッと見、自民党は姑息に見えない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世間話し」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。