COCOON

日記

屋久島

2014-07-02 11:10:45 | toga 日記

こんにちは、トガミです!
久しぶりのBlogになってしまいました
。。。





7月初め 念願の屋久島へ行ってきました!



今回 2泊3日 の 縄文杉一泊登山!
ということで
福岡ー屋久島 飛行機でいきました


なんとも可愛らしい 空港

YAKUSHIMA の文字が お出迎えしてくれます



早速 ガイドさんと 合流!

屋久島産まれ 屋久島育ちの ガイドさん! とっても頼りになります




今回、一泊登山なので テント泊!ということで 大きなバックパックを 背負い 登山することになりました

これでも ガイドさんの荷物の3分の1くらいの重さ。

ガイドさんのバックパックを背負ってみると ひっくり返りそうなくらいでした


今回、 もののけ姫の舞台になった
白谷雲水峡 ~ 一泊 ~ 縄文杉

という流れだったので

まずは 白谷雲水峡へ向かって 登りはじめます








梅雨真っ只中 だったのですが
奇跡的に 雨は全く降らなくて
準備していたレインウェアも 使わずの
お天気に恵まれました

光がさすと 樹木についた 水滴が
キラキラして ほんとにキレイ








↑↑↑↑

もののけ姫の舞台となった

苔むすの森

なんとも神秘的な 場所でした



夕方になると

暗くなる前に、寝床確保し
ガイドさんが 手際よく 夕飯を作ってくれます






一泊登山 の醍醐味??

ヤマメシ♡



山で こんなに豪華なご飯が食べれるとは!!! 感激です。


寝床確保のところから 少し登り

太鼓岩 !!!!!



ここもすごくよかったです

雲より上にいるなんて なんか空を飛んでる気分









夜 暗くなってから みる太鼓岩での
星空が 息を飲むほどすっごくキレイで


みんな無言で ずーっと 星空を眺めてました

きっとそれぞれ いろんな想いを
考えていたのでしょう





翌日は 4:00起きということで
早めに就寝 。 テント泊も とっても楽しいものです


翌朝 目が覚めるとなんだかいい匂い♡




またまたガイドさんが 朝食に

ひじきご飯と
豚汁!!! を作ってくださり

大感激!


お腹いっぱいになったところで
いざ 縄文杉へ向け 出発します











途中には ♡がモチーフの

ウィルソン株 に立ち寄り





登ること約5~6時間 ?

縄文杉 到着です




やっぱり 寛大で 存在感があって
屋久島の 代表的な 世界遺産

縄文杉

ここでまで 自分の足で登って
やっとみれるという
達成感

やっぱり感動します


正直 この屋久島登山するまで
本格的な登山もしたことなかったし
学生時代の 登山遠足も ズル休みしたこともあるくらいの レベルでした ㊙︎


そんな私でも 達成できたのは
やはり ガイドさんが 励ましながら
声をかけてくれてたからこそ。

途中 脚が痛くなったりすることもありましたが 何気に 音楽をかけて 頑張れる雰囲気作ってくれたりと
このガイドさんなしでは 語れない屋久島です



しかも プライベートガイドさんなので
独占できます 笑(誰もが見落としそうな小さな花の名前までも知っていてびっくり)

http://www.yakushimaguidetour.com/


ガイドなしで登山する方も多いみたいですが、 ぜひガイドさんをつけて
屋久島の 魅力をたっぷり知った中で
登る のは すごくよかったと思いました


縄文杉に、着いた時 世界遺産の大切さ
なぜ世界遺産というものができたのか
を ガイドさんが話してくれました

はじめは 観光客が訪れることで街の活性化に なると思ったので そのため?

と思いましたが
理由は

『世界平和』 を願って

ということ 私が伝えれるのはざっくりですが ぜひ 縄文杉を見て この話を
聞いてください!

とってもいい話が ガイドさんから
聞かせてもらえます!





下山中 ふと現れた ヤクシカさん



ヤクザル の親子にも 出逢えました





長い長い トロッコ道を 通り
いろんなことを 語り合いながら
下山しました













無事に 帰ってこれました!
達成感がありすぎて 出発前かというくらいの 満面の笑み


っと ここで終わりではありません!


下山後 、 ウミガメの産卵を見に
近くの海へ




はじめてみる ウミガメの大きさに感動




さらに 一生懸命 卵を産む姿に感動


海から浜へ自力で上がり、
卵を産む穴を掘り、 産んだ後は 自力で
手足をバタバタさせ 砂をかけて 元に戻し、 また海へと戻っていく

ほんとに
神秘的でした


とっても充実した 2泊3日の屋久島


自然って ほんとに素晴らしい

自然に育った樹木、苔、葉っぱ 、花、
自然に丸くなった 岩


人間の手では造れない 芸術といいますか 自然の力には 叶わないなと
思えた 屋久島 でした









自然いっぱいの屋久島
ありがとうございました!



屋久島ガイドツアー

www.yakushimaguidetour.com/

ホームページ 充実してるので
屋久島行かれる方は覗いてみてくださいね!

オススメです♡


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

hair set

2013-11-06 15:55:35 | toga 日記

秋は 結婚式シーズンで セットのお客様が たくさん来てくださいます


最近は ルーズなアレンジが
とっても 人気!

というか、お任せいただくことが多いので、私が 好きにさせてもらってます 笑








yさん ★ 撮影させていただきありがとうございます!


お祝いの席での ひとときが
ヘアスタイルと共に
よりいっそう素敵な時間となってもらえますように ♡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

image

2013-11-06 15:45:09 | toga 日記

ヘアスタイルをつくるときに
イメージするって すごく大切です

先日 来てくれたAちゃん

カウンセリングで お話して
パッとイメージが沸いたのが




地下鉄のザジ

もう ずいぶん前にみた映画で
主人公のザジの ボブがかわいくて
すごく印象的でした

そして 仕上がりがコチラ







キュートなボブ に
真っ赤な カーディガンが よく似合う
Aちゃん

いつもありがとうございます★


普段から 色んなものを見て
イメージ力を 高めるって 大事ですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バーニングマン 2013  ②

2013-10-10 18:39:54 | toga 日記
THE MAN が燃やされる日、
お気に入りのセンターキャンプで

パフォーマンス?というか、何か自分たちのできることで、みんなに喜んでもらえる事がしたくって

 

『 would you like to japanese name

"KANJI"』

と掲げ、 あなたの名前を漢字にしてみませんか?と 呼びかけてみた

すると、 一人、二人、とやって来てくれて 気づくと行列が!!!

 

 

中には、70代くらいのおじさまが来られて 今度 孫の誕生日だから 孫の名前を漢字にして欲しいといってくれたり

来てくれたお返しに準備していたギフトを渡すと これも彼女にプレゼントするよ!といって ハグをしてくれました


来てくれたお礼に、私たちもgiftを渡す


着物の端切れで作った ブレスレットに
平和の象徴 鶴を付けて



着物で作った カチューシャ、美容師だと伝えるとスタイリングして欲しいと言ってくれたり




そして、砂漠に必須な柔らかな浴衣素材で作ったマスク!

改めて日本の物って いいなと思ったしみんな、cool cool といって喜んでくれました。



 すると向こうからまた こちらこそありがとう!と giftをもらう



 giveで終わりたいと 思っていたけれども ここにはそれがない事に気付きます





 


いよいよ、メインのマンが燃やされる時


マンの周りには ファイヤーダンスをするパフォーマーがいたり、アートカーが 火を吹いていたり、

とにかく派手に盛り上がります







どこでみようかとプラプラしていると
声をかけて来てくれた、migan ミーガン。

あなたたちの衣装がすごく気に入って、アートカーからわざわざ降りて声をかけに来たの!といってくれました

家族三人でバーニングマンに! なんと4歳のソフィアちゃんも初参加!



ソフィアちゃんも音楽に合わせてノリノリで踊ってました

 かわいすぎます



  ミーガンたちのおかげで 花火とともに燃え上がるマンを 真近かで見れました ありがとう!









マンが燃えたあとは、何もない砂漠での目印がなくなるので、方向感覚が狂わないように注意が必要


マンの燃えた跡の 木屑を みんな持って帰って お守りにするそう

わたしも 持って帰って来ました





マンが燃えた次の日、朝方見に行くとまだ燃えていて、フライパンでベーコンを焼いてたり、マショマロを焦がしていたり。



まぁ、こんな事も自由にやってる




あの日見た朝日は一生忘れない






吸い込まれそうにキレイで ずっとずっと見ていたかった


灯りのない砂漠で見る星空も 今まで見たことないほど くっきりと

降ってきそうなほど無数の星に感動し、思わず寝転がってしまったほど







ひょんなことで知り合ったバーナーたちはすごく親切で

一緒にチーズを食べにいこうとテントをぐるぐるまわった

みんなに食べさせてあげたいといろんなものを作ってるのです

自転車がパンクしてしまって 一時間以上一緒に 歩いて修理できるテントを探してくれたり


お礼にハグをするだけで 僕たちもしてもらったからしてあげたいんだとみんな言います






真向かいの 兄弟が 色んな物をたべさせてくれて、寒い朝にはホットなコーヒーをいれてくれました

すごく大人な兄弟でもう何回も来てるそう

テンション高くワイワイ騒ぐ人もいれば、 ハンモックに揺られながらのんびり過ごす人達もいる

みんな何も強制せずに したいようにすればいいと言ってた





君たちは 日本からなぜ2人できたのか、女二人で??と言われ、、、

最後にかいてもらったメッセージに

君たちは強い
strongではなく brave(勇敢)だ
と書いてくれて すごく感動したり

連絡先は交換してないけど 来年はコーヒーではなくTEAをいれてあげるから
また戻っておいでといって、サヨナラをしました。

6万人もいる中 次にまた会えるかなんてわからないけど、

ここにくれば、会える気がするんです。





毎日クタクタになるまで遊んで パッタリと寝て
朝は暗闇のなか眼をこすりながら
光の元へ進んでいく








物を取りすぎない
もちすぎないこと
分け合うこと
笑顔でいること
ナチュラルで
シンプルでいたいと 

心の底から思いました




世界中から集まってくるここには、エリートの人達も多いそう。
きっとお金ではない価値を求めてくるのかな


私の経験した
バーニングマンはそんなとこでした


またここに戻ってこれるように、この経験が普段にも活かせるように
一日一日、頑張ろう

そしてみんなに感謝しようと帰りの渋滞のキラキラするネオンを見ながら、心に
決めたのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バーニングマン 2013

2013-09-24 18:28:18 | toga 日記
みなさん こんにちは! 

  トガミです。

  アメリカのネバダ州の砂漠で開催される 

   人生を変える!とも言われている伝説の

   『バーニングマン』に行ってきました!

  
 
 
  

  バーニングマンとは、アメリカ・ネバダ州の砂漠で開催される世界最大の音楽とアートのお祭り


  
  
  この砂漠に、8月末~7日間だけの架空の街「ブラックロック・シティ(BRC)」が現れます。

  

  この街では 食材を保つ為の氷、ソフトドリンク以外はお金が使えず、全てがフリー。
 
  give&give の精神で 皆助け合いながら生活していきます。

  基本的なルールとして
 
   『貨幣使用禁止』『形跡を残さない』『オープンマインドであること』『食料、水、テントなどすべて持参』など・・・

   それから『No Spectators!』傍観者になるな!と呼びかけられます。

  

   みんなで作り上げていく 一つの街と言うように 私たちも何か表現をしようと、
   そしてなによりたくさんの人に喜んでもらえたらと
   着物をリメイクしたドレスに 富士山をイメージした地下足袋で 挑みました。

  

  
   これから始まるサバイバルに向けての 食料、水、テントに寝袋、
   そして 広大な砂漠の会場を駆け巡る為の 自転車を購入し
   リノから会場のBRC まで 車を走らせる事、4時間・・・ 

   バーニングマンに行くのね、というような大きなキャンピングカーや、自転車を積んだ車たちがいっぱい!
 
   
   

  
  
   この状態で2時間は並んだでしょうか・・・・

   


   しかし みんなこれから始まるバーニングマンに胸を膨らませ、渋滞なんて気にしない🎶

   外にでて踊ってる!

   

   無事に チケットを引き換え、さて入場!!!!!!

  


   といったところで 『初めてのバーニングマンなの!』と伝えると
   
   バージンバーナーという儀式?のための 鐘を鳴らし、
   すっごい高いテンションで 歓迎してくれました!



   この時点でもう なにがなんだかわからない状況 笑


   

   とにかくみんなフレンドリーで、

  真っ暗闇のなか どこにテントを張ろうか彷徨っていると、

  『どうしたの?初のバーニングマン?
    多分あっちが空いてるよ!』

   っと 向こうから声をかけてくれます

  


  テントを張ろうかというところでペグを打つハンマーがないことに気づき、近くのキャンプにお尋ねすると、


   これ使っていいよ!と 出会いの印に
   オリジナルのギフトまでもらって。


   笑顔にならないわけがない


   期待を膨らませ  真っ暗だけども、砂漠だけども、思いっきりおしゃれをして
    会場へ自転車を走らせること数分、、、

  

  


  地平線状に 広がる きらびやかに輝く世界が
   目の前に飛び込んできました

  高鳴る胸の音に 見たこともない世界

  本当に宇宙にでもきたのかと 思う位でした


  なんなんでしょう、例えようがないみたこともない世界ーーーー



  そして そして



   バーニングマンの象徴、『The man』!
  一段とキラキラしていて 


 

 




  最後にこの木製のマンを燃やすのが最大のイベント

  

  なんと、釘を一本も使ってないそう
  内部にも登れて、すべり台でおりてくるというしくみ。


  そしてこちらも欠かせない存在の テンプル


  



  この内部には石碑があって、宗教も関係なくここでみんなお祈りをしています。

  亡くなった方の写真を捧げていたり、メッセージを書いていたり。

  テンプルは神聖なる場所で、中には涙を流している方も少なくありません

  いい意味で 清らかになるというか 涙が溢れてくる感じがありました。


  その他にもたくさんのインスタレーションが。

  

 (こちらは画像をお借りしました) 圧巻です


  

  きのこのオブジェ

  

  サンライズ と 共に

  


  こちらはアートカー。
  
  
  
  思い思いに、装飾された車が たくさん走っています


 もちろん乗るのもフリー!
 行き先は決まってないので、自分の乗りたいとこで乗って、降りたい所で降りるというもの。


  

  バーニングマンの夜は 空に伸びるレーザー光線と共に、自分の存在を確認できるように たくさんの明かりをを身に付けています

  

  本当に真っ暗なので 自転車にも灯りがないと 危険!

  



  

  こちらは GODと話せるそうです 笑



    そして、夜になると、、、砂漠に鳴り響く 大音量の音楽!毎日が、巨大なる レイブパーティーです。


 


  テントに戻ると、すでに 朝方になっていて パッタリと寝てしまっていました


  太陽にジリジリと焦がされる音で目が覚める、、
  なんだか人間らしく生きてるという感じ。

  それもそのはず 昼間は40度、夜は10度以下という 気温差が激しいのです

  

 


  そんな中で たべた カキ氷

  

  みんなの暑さを少しでも和らげようと
  たくさんの氷を準備していてくれている

  みんななにかをしてあげたくて、何百個、何千個のアイスクリームや ドーナツ、チーズサンド、 を持参して。

  私達も何かのお礼をしたくって
  手作りのギフト渡したり。

  みんな見返り無しに 何かをしてあげたいと思ってるこのBRCは ホントに魅力的

  

  このように砂嵐が突然やってくるのですが、みんな こっちこっち!と声を掛け合って とにかく耐えます

  こんな状況でもみーーーんな 本当に笑顔で。



                                             続く
  

 
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業式

2013-03-20 16:30:18 | toga 日記
 3月は卒業式シーズン

 cocoonでも 卒業式に謝恩会と ヘアメイク、着付けのご予約いただいています


  無事に国家試験を終えたばかりの Nnaさん

 卒業式とは別日に謝恩会ということで  ドレススタイルに似合うアレンジを

  

   

  編み込みも ルーズに セット・・・といよりアレンジで♥

 
  彼女のやわらかな雰囲気にぴったりです♥


  
   次の日から 卒業旅行に韓国に行くといっていたNnaさん

  最近の大学生は ほとんどが海外に行くみたいですね!!!!

  (ちなみに私は バリに行くと張り切ってたけども 行ったのは湯布院でした )


  Nnaさん 韓国のお話もまた聞かせてくださいね♪

  
  ご卒業おめでとうございます!!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おもてなし

2013-03-08 12:34:42 | toga 日記

  

  先日 先輩のお店に遊びにいくと こんな素敵なおもてなしで 迎え入れてくれました


   お気遣い ありがとうございます ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eatrip

2013-02-08 14:48:19 | toga 日記
先日 イムズの三菱アルティアムで 行われている

 eatrip 野村友里が主宰するフードクリエイティブチームeatrip(イートリップ)による展覧会を見に行きました。

  


食は、“万人共通”。
時にどんな言葉よりも説得力をもち、
食べるだけで通じることは多くあります。
『eatrip』とは、
移動距離としての旅ではなく、
そんな食を通したつながりの旅であり、
時間や記憶を共有し、人々と共存すること。
   ―― 映画「eatrip」 Director’s statementより

  

 
  というように 食に対する個々の考え方などを上映していたり とても興味深いものでした。

 それに加え ディスプレイも素敵でした!

  


 入場無料 2月11日(月・祝)までです。


 是非 見に行ってみてください☆

     

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブライダル 撮影

2013-01-18 20:10:54 | toga 日記

 春・発売のブライダル雑誌の撮影をしました。



  女性ってやっぱりこの瞬間が一番キレイ!

  モデルさんも キラキラしてました。


  今回は レースのヘッドドレスに合わせ クラシカルなイメージに。


   普通のup style じゃ物足りない方、個性を出したい方に 参考にしていただきたいと思い創りました。



  ヘアスタイルの写真は・・・・ 雑誌が発売されてから 改めてアップさせていただきます!



   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レミゼラブル

2013-01-18 17:38:45 | toga 日記

  久々にいい映画を観ました。

  レミゼラブル 、ミュージカルでも大ヒット、ロングランなだけあります!

  ロンドンにいるときミュージカル、観ておけば良かったと・・・

  


  
  

  

 言葉で表現すると 映像や歌から伝わる物が 壊れそうな気がするので、

  

  まだ観ていない方、是非  劇場で観てください


  もう一度観たくなる映画です。


  そしてそして 私と共感し合いましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加