CocoMani Diary

♪日進月歩日々炸裂日々色々思う事♪見た事 聞いた事云わんとする事♪ブライトサイドとダークサイドの共存場所♪

石鹸で充分だ!

2008-10-21 01:23:58 | 香・トイレタリロギー
というわけで、かねてから洗髪には「石鹸シャンプー」たるものを使ってきた。

泡ででるパックスナチュロンを使ってきたのだが、さすがに単価も決して安くはないのと、売ってる場所が限られているので「しまった!無くなった!」というときにスーパーでちょこっと購入することができなかった。
残りが少なくなってきた時は、大体「ソレを買いに行く日」と決めて、外出するんだが、時間がとれないときは無理。それで忙しいときほど、その石鹸シャンプーは減りが早かった。。。

ということで、面倒+高いという理由で、石鹸シャンプーという商品から普通の石鹸、固形石鹸で洗髪を始めた、で、早数ヶ月。前は6~800円とかする「ナントカナチュラルソープ」とか使ってたんだけど、全身使用となれば、できればシンプルなもので済ませたい。
先日シアバターMILKという、いただいた石鹸で洗髪してみたら、結構仕上がりが良かった。

MILK。。。?
じゃぁ、牛乳石鹸でいいよな?と思い、カオーの♪ぎゅ~にゅ~せっけん よいせっけん♪
を使い始めた。これでいいよ!すっきりするし!
ただ、やはりクエン酸とグリセリンリンスが必需品なので、そのリンスだけナチュロンを買っている。まぁ薄めて使えるから結構さっぱりするし適度な芳香も残る。でも空気が乾燥してくるのも肌で感じる今日この頃、ツバキ油で軽く毛先から中にかけて保湿。

しかし石鹸フリークなんで、いろいろ試したいがゆえ、またいろいろな石鹸を使っている。インド製のハーブ石鹸は当然のこと、(以前1200円だったナチュラルソープ→高すぎて売れなかった在庫処分のため100円)という大バーゲンのナチュラル石鹸を20個買いだめ。今日使ってみたけど、良かった!!

。。。どっか行くたび石鹸ばっかり買っている...。

最高の贅沢は...
20個の石鹸をフロ場に陳列し、気分に合わせてその日の石鹸を使う事!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSKコーンでまったり

2008-10-04 03:09:34 | 香・トイレタリロギー
MUSKって基本的に好きなんだけど、
メーカーさんによって、その香りはいろいろ違う。
一番のお気に入りは

Tulasi,SARATHI社のエジプシャンムスク

(Tulasi,SARATHI社の方、さっぱり系)だけど、HEM社のMUSKも濃厚で好きだ。
これはゾウさんがMUSKのお香で「お灸」をしているひと時 (え?お灸かい?)
普段の疲れが癒されるゾウ。これはHEM社のMUSKコーン型。う~ん濃厚でムスキ~な感じがイイ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボディーシャンプーde洗髪タイィブ!

2008-02-09 01:30:42 | 香・トイレタリロギー
早く寝ようと思っていたけど、アラビアンpops'remixのCDを聴きはじめてしまったら、期待以上の好みの選曲+メドレーだったので、アドレナリンが出まくって眠れなくなった♪

 前から、家族全員+ワン に、半強制的にパックスシリーズの石鹸シャンプーを使わせてみている...ら!な、なんか皆、髪がツヤツヤ+しっかりになっちゃった!ワンまで毛艶が良くなったヨ!最近はパックスナチュロンのボディーシャンプーを洗髪にも使っているんだけど、パックスオリーより、さっぱりする感じかな~。もう石鹸シャンプーで全く問題ないので、特にオリーブオイル入りでなくても大丈夫そうだ♪しかもこのボディーシャンプーは香りもサッパリしていて良いし。
顕著に変わるのは、髪の太さ。しっかりする上になめらかになった。
頭のカイカイも無くなったし、もう本当に合成シャンプーには戻れないね~!
ちなみに、コレで顔まで洗ってみているワタシ...。

前々から書こうと思っていたけど、すっかりチャンスを逃していた。でも今日は早めにフロ入って、アラビーpopsでノリノリなので、その勢いで書いてみる♪
っていうか、何かこの商品の宣伝みたいでイヤじゃん 笑
でもまぁイイモノはイイモノなんだからしょうがない。
あ、それと長髪だと、冬は油分はあったほうがいいから椿油で保湿もしている。洗髪+専用リンス後、ちょっと椿油塗ってからお湯で軽くすすぐと丁度いいみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石鹸de洗髪経過

2007-07-25 02:11:25 | 香・トイレタリロギー
一年くらい前から、洗髪方法を「石鹸」に切り替えた。急な思いつきではあったが、ありがたいことにいろいろなサイトで石鹸で洗髪する方法を公開してくれていたおかげで、なんとか試行錯誤ここまでやってきた。

で、何故に石鹸に切り替えたかっていうと、「新しく伸びでくる髪」が痛んでいたことが気になったことからいろいろ考え始めていたからだ。ワタシはずっと適当にブリーチをして、髪の色は結構明るめにしていた。まぁ、そういった感じの色が好きだったからというのもあるし、一度「ジェットブラック」に染めたときに、周りの反応が「コワイんだけど」だった。しかし、まぁ染めた黒っていうのは自然なツヤもないから仕方ないわけだね。

新しい髪が生えてくると、何故かそれが痛んだ感じになっていたのが腑に落ちなかったのである。それでブリーチかけると、化学薬品のオカゲでツヤツヤになった感じだったのだ。
しばらくは表面的に「それでいい」と思っていたが、昨年から急に「黒髪、長髪」にすると決めたのだ。この後、何故かファッションの流れで「日本人にアジアンビューティ黒髪ぃ~♪」みたいな流行がきてしまったので、なんだかそれはそれで「チッ、流行るなよ」と思っていた...ワタシは流行りモノの対面に生きる輩だからね。
それでもって「tsubaki」なんてシャンプーまで出やがったもんだから、ちょっとふてくされていたーーー。(←天邪鬼)

まぁそれは置いといて、問題を考え始めたキッカケは冒頭にも書いたとおり「生えてきた髪がすぐに不健康になる」ことだった。これはおかしいと思った。
それからいわゆる普通のシャンプー&コンディショナーについて調べると、その成分だけで頭の皮がヤブレそうに感じた...。
わざわざ化学合成洗剤で髪のアブラツヤを落し、そのうえに人口シリコンで上塗りするのである。新モノの髪がヘンになるのも無理はない。

しかし、最近はカラーリングやパーマなどで、どうしてもその合成剤を使って表面を滑らかにしないと櫛なんて通ったもんじゃない。ワタシは常に「しゃんぷー&りんすのジプシー」だった。

ブリーチでかなり痛んでいたワタシの髪を石鹸で洗い、コンディショナーなど使わない状態が続いたのでしばらくは辛かった。今は手を加えないで伸ばしているので、だいぶ状態も落ち着いている。
石鹸はアルカリなので、石鹸で洗った後に髪と地肌を弱酸性に戻さないとケバケバになってしまう。
そこで「クエン酸」を少々溶かした液で「リンス」してよく流す。これだけ。
それでも、髪はバサバサしたので、エッセンシャルオイルをちょっと混ぜてみたり、ヘアーオイルをつけてなじませる方法をとった。
このヘアーオイルが結構大事だ。始め100%ツバキ油を使った。独特の匂いがあるし、慣れないとベタベタしてしまう。
それで、しばらくインドのヘアーオイルを使った。しばらくは良かったのだが、最近それでもバサバサしてきたので、ツバキ油使用に戻った。ツバキ油は最後に毛先中心につけてから、数分して流す。これで丁度良い油分が髪に残るみたい。

これでとりあえず一年。スッキリ感が違うね~!
確かに市販のしゃんぷー&りんす は楽である。何度も石鹸洗髪に挫折を感じたがなんとか頑張った。

使ったモノ:
*普通の石鹸(石鹸素地100%)。またはマルセイユオリーブ石鹸など。インドのアユールベーダー石鹸など。
*エッセンシャルオイル(純度100%)。ラベンダー、ティーツリオイルなど。
*クエン酸 ボトル買い。スプーン2杯を洗面器一杯に溶かすくらい。
*場合によってはグリセリン(チョットだけ使用で溶解補助)
*ツバキ油。(トリートメント代わり)

これで化学薬品ドロドロのトリートメントは必要なかった...!ただ、あの良いニオイが楽しめないのがちょっと悲しいケド...。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アロマポットGET

2007-01-10 00:17:18 | 香・トイレタリロギー
念願のランプ式アロマポットを購入。
いままで持っていたもののうち、ひとつはローソクを下に入れて上部を加熱するものだったけど、そのローソクを点火してからポットの下部に入れるのが結構メンドーだった。
もうひとつの方は、完全にポット部分が花瓶みたいになっていて、その上に3本の足がでていて、その足の上に耐熱ガラスのお碗が乗っかっていて、、、って感じなんだけど、こっちの方は輪をかけてローソク点火がメンドーだった。メンドーっていうか、全然使い手の利便さは全然考えずにデザインだけ一流って感じだった。なので今はそれぞれのパーツを独立させて、違う用途で使っている。確かにデザインは良かったし、ローソクの光加減もいい感じだったが、やはり続かないと意味がないしね。

そういうことで、ローソクのおぼろ光を取るか、フツーのランプ光を取るか迷ってたんだけど、ちょっと値下げしてあった「ランプアロマポット」が売っていたので、5分くらい考えてから購入に踏み切ってみた。なんとグレープフルーツエッセンシャルオイルまで付いてきた。ラッキー。

家には封を開けたオイルがあるので、まず今日は手はじめに「フランキンセンス」と「ラベンダークロアチア40/42」でトライしてみた。結構イイ!熱量も丁度良いし、ホノカなニホイで良いね。扱いも簡単だし、とりあえずはGetして正解だった♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛の3本焚き

2006-09-30 02:50:06 | 香・トイレタリロギー
秋晴さわやかな日々に お香を焚くのは良い。
湿気の無い、風の流れも少しあるような場所に設置し、
とめどなく焚きまくる。

最近はブレンドして(同時に数種を)焚くのがお気に入り。
先日購入した、~赤ピカ~たる、某サンダルウッド香はちょっと匂いが軽い感じで、あまりしっくりこなかったので、HEM社のミルラとSital社のミルラを同時焚き。
うはっ!モクモクすごいので「インド香スモークチキン←自分」の出来上がり。

…3本寄れば 文殊の 知恵、、、杖、、、いや、意味的&視覚的に文殊の「剣」 …なんちって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディミックスで落ち着くことに

2006-09-26 01:27:53 | 香・トイレタリロギー
しました。
-----
メディミックスとは、、、「インドのアーユルヴェーダーの考え方から作られたハーブ18種をふんだんにつかった天然素材のとても良い石鹸」である!

無添加なので、体に優しい!ハーブの効能たっぷり!髪も洗える!
!!!
髪も洗えるということなので即決。
とりあえず試しに使ってみたら、、、これは結構良いカモ!

洗髪を石鹸でする方法に変えてから、石鹸の種類は無添加にこだわってみたが、このMEDIMIXは無添加どころかアーユルヴェーダーの考えをもとにハーブ油(精油)が配合されている。
洗髪の具合もかなり良い!石鹸で髪を洗い、その後にはクエン酸とハーブ精油、そしてちょっとだけグリセリンを溶かしたお湯でリンスして、いわゆる「アルカリ性から弱酸性へ」髪の状態を戻してやるわけだが、この精油自体が石鹸に配合されているせいか、髪の仕上がりがよくなった!

気になる香りも、個人的には好きな香り。よく、「アジア雑貨屋の匂い」と形容されているが、(まぁ間違ってはいないと思うけど)自分の感覚で形容すると、MEDIMIXは思いっきり「ブルーレット」の匂いだと思う!ブルーレットとはトイレの洗浄に使われる、あの青い固形のもの。
決して悪くない(^^;

そんなわけで朝夜の洗顔もこのMEDIMIX、洗髪もMEDIMIX!
そんなわけでMEDIMIXはカリーム カリーム!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド香 グリーンチャンパ!

2006-08-25 01:04:28 | 香・トイレタリロギー
かの有名なナグチャンパ、でなくて、グリーンチャンパたるお香発見。
これは完全ジャケ買い。この妖艶なオネエサマがナマステ~と、
私に話掛けた(ようなきがスル)ので即買い。

ふむふむ確かにナグチャンパをちょっとスッキリさせた感じかな。
結構いいかも。チャンパ好きだったらきっとOKでしょう。
それでも甘い香りなので、他のスッキリ系のお香と2重焚きがいいかも。個人的にね。

やっぱりいいね。最近はお香ブレンド技で新たな楽しみを増やした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド香 HEM MOON 香

2006-08-18 01:49:24 | 香・トイレタリロギー
これはいろいろ使ったインド香の中でも、格別お気に入りだ。
なんというか、スッキリした甘さの中に静粛があり、より深い香になっている。
就寝前に…と、よく表記されてはいるが、これは朝から夜まで使える香。

このパッケージにある青、蒼穹、そして月。まさにこんなイメージだろうか。

これに対してHEM社のSUNというのがあるが、そちらはちょっと苦手だった。
キリっとしすぎた香りで、個人的にはちょっとダメだった。
いずれにしてもお香は、その日の温度湿度体調によって香りが変化するので、どのお香を焚くにしても、長年かけて気候との研究も課題になっていきそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無添加 白いせっけんを

2006-06-11 01:04:38 | 香・トイレタリロギー
使い始めた。
そもそもは、洗髪に石鹸を使うようになってから、どんな石鹸が良いのかをいろんなサイトで調べていくうちに、~石鹸素地100%で無添加が条件である。~ということがわかったからだ。
何故石鹸で洗髪を始めたのかということは、この次にでも書いてみる。

というわけで、近くのスーパーでは沢山の石鹸が並んでいる。パッケージやらにおいやら何やらと、全部購買意欲をそそられるものばかり。LUXなど最近ではアロマチックな宣伝で、やたらゴージャスなつくりになっている。
こういった石鹸コーナーに行くと、マネキンの如くつっ立ったまま眺めてたり、それぞれの香を嗅いで楽しんでいる。石鹸マニアか?
し か し
言ってみれば、一番面白くない「無添加 無香料 無着色」な
「100%せっけん素地から出来ている無添加のせっけん」
を購入するに至った。
これは大冒険のようにも感じるので、できれば一個だけ買いたかったんだけど、何故か3個セットでしか売ってなかった。でも3つで300円チョイだから安いものだ。
このほかに99%石鹸素地、肌にやさしい無添加、とか並んでたけど、これらはやっぱり100%には勝てなかった。(何がだ?笑)

そんなわけで、その無添加せっけんを使い始めて早一週間。
洗髪も良し、洗顔も良し、今日はついでにそのせっけんでシャツまで洗ってみた。
んで、この使い心地が思った以上に良い!
まず、べたべた感が無く、ゆすぎもササっとできる。そして洗顔しても突っ張らない。
洗髪も地肌のスッキリ感がイイ。シンプルでクセが無い。
これは結構イイモノを見つけた感じカモ。どこでも購入できそうなものだから一回試してみる価値アリカモ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fijiのおみやげ

2006-06-07 01:30:03 | 香・トイレタリロギー
先月、フィジーのお土産を貰った。
ココナッツクリームソープとブラウンシュガー!
なんだかどっちも美味しそう...ってせっけんは食べないケド。
で、この石鹸なんだけど、Fijiの石鹸でMokosoiという有名石鹸で、質もなかなかの良品!ちゃんと麻袋にまで入っているから、これを貰った時点南国気分♪

香はPATIOLIで、なかなかスッキリしながらしっかり香効果アリ。
同封されていた説明書をみると、いろいろな種類が載っている。
ココバター、サンダルウッド、ティートゥリー、イランインラン、、、ナドナド。
うむー、このへんのは全部使ってみたいなぁ。
どうやらFijiから通販してもらえるらしいので頼んでみようかと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イランソープ

2006-05-17 00:41:52 | 香・トイレタリロギー
イランソープってきっとオーストラリアの水泳選手イアン・ソープ、の間違いだな、っておもっちゃうような見出しだけど、本当にイランのソープ(せっけん)だったりする。

ちょっと前にイラン関係のお店に行ったときに購入した。300円?くらいだったかなぁ。確かハチミツと何かが成分に入っていて、無添加という美容にはモッテコイの石鹸だよぉ~といわれたのでそりゃもう即購入。
まずこのパッケージに惹かれた。まるでツツジのような色の組み合わせ。勿論のことその箱にはペルシャ文字が印刷されている。しかし読めない。(爆)
シンプルすぎてイイ。せっけん本体も白く余計な香料は入っていない様子。
使い心地は...まぁ言われてみればイイかもしれないかぁー、シンプル イズ ザ ベスト!とかいいながらしばらく使うことにした。

今はちいさくなって、その石鹸はドコカへ消えた。。。(暴)
なかなか手に入らないイランソープ、箱は記念に保管することにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トイレタリー紀行

2006-05-12 01:06:58 | 香・トイレタリロギー
石鹸、シャンプー、アロマオイル、歯磨き粉、ボディークリームなどそれはもうコレデモカってほどいろんな種類を買いまくり、このままトイレタリージプシーを続けていくんじゃないかと思い始めて早10年。
もう覚えてないくらいの商品を消費してきた。
そんなわけで折角こういった書き残しのスペースがあるんだから逐一載せていこうかなと気が向いたのでたまにUPしていこうかなっ。

うんで、気がつけばソレ関係の本がたくさん本棚に並んでる。せっけんの事典、アロマオイルの事典、ハーブ事典、香水の事典、スパイスの事典、、、などなど。
買ったまま忘れていた本達に光をあてねば!というワケですこし時間を作るようにしないとな。ストレスに押しつぶされるのは心身ともに悪影響だし。

せっけんなどはこのカテで残していこう紀行。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド香 買いだめ

2006-03-01 02:18:57 | 香・トイレタリロギー
先月インド香数種類を買いだめした。
焚いてみたかったものも多々あったので試したいうちのその半分くらいを買った。欲しいもの全部買ったら置き場所に困るからとりあえず売ってたものから。。。
主にサンダルウッド系が多くなってしまったが、それぞれ個性のある香なので各種類ごと楽しめる。

お香は始めは苦手だった。
タイに行ったときにとある寺院でガンガンバシバシお香が焚かれていた真横を通ったときに「うへ~こりゃたまらんわ~」といって逃げてきた。(まるでバルサンに負けたゴキのように)

以前はお香の香が怖かったのかもしれない。なんでかっていえば、線香=そうしき=嫌な思い出=仏壇=死=コワイ=。。。みたいなヘンテコな連立方程式が頭にこびりついていたからだと思うけど。インド香はいろいろあって、そんなおっかないイメージはない。が、恐らくお香のにおいが嫌な人にはダメかもしれない。以前私がそうだったように。

今となっては完全無欠のお香フリークで、キッチンに線香立ててガンガンバシバシだ。相棒もお香にハマってしまったらしく、気が付くと、カサカサ何を焚こうか探っては焚いている。
逆にお香がないと落ち着かない。(タバコやめるのにはお香はいいかもしれない。)お香は煙は手段だから、その煙から離れて漂ってくるにおいを楽しむものだそうで。

落ち着くなぁ...(´ー` イライラしても、ムカムカしても、1本焚くだけで随分違う。その流れ行く煙を眺めているのもまた落ち着く。(以前それをタバコの煙に求めていたように)煙はその都度形と流れが変わるから面白い。
においも湿度とか室温とかで結構印象が変わる。だから毎日焚いても飽きない。

というわけでまた後日各種Upしていこうかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド香 今晩はREDROSE

2006-01-15 01:59:58 | 香・トイレタリロギー
いろいろ自然回帰したかったり、
オリジンに戻ったりしたくなる。
オペラを聞いている。最近のオペラは才能をもっているひとが独自に歌ってくれるから聴きやすいし、スーっと心に入ってくる。
グリーンスリーブス関係だけで、もう3枚CDを買った。どれも本当に素晴らしいし、何故かノスタルジックな感動を覚える。

そんな中で今聴いている曲には花のイメージがある...
だから今晩はHEM社のREDROSEにした。確かにバラかも。花系だね。甘い?眠くなってきたからあと10分くらいで寝ようかな...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加