SARAのブログ

日々のことあれこれ

自分で決める、切り開く

2016-10-01 10:05:28 | メンタル関係
いやぁ、参った。
いや、参ったと言うほどのことではないか、
なななんと、今日も6時起きでした。

ふと目が覚めた時、なーんか今日も早く目が覚めちゃったんだろうなって
いう予感はありましたが・・
でもまだ4時とかそういう時間じゃなくて
一般的な朝の時間帯なのいいのかもしれませんが。

いつも朝起きると
すぐにすぐ活動する気にはなれないので
タラタラとネットをチェックしてるんですよ。
芸能ニュース見たり、いろんな人のブログチェックしたり。
で、例えばちょこっと遅く朝9時とかに起きたとして
そういう朝のネットの時間がつい長くなっちゃったりすると
ちょこっと家事をしても
大したことやってないのにあっという間にお昼って感じに
なっちゃうんですよね。

でもさすがに6時に起きると
同じスケジュール辿ってても
時間が経たない経たない。^^;

7時過ぎにご飯食べて、
それからキッチンの片づけとか洗濯もの干したり
旦那の布団上げたり、なんだかんだしてもまだ9時。
9時過ぎに化粧して、今。


昨日結構家のあちこち片づけたので
もう今日は家のことするのは嫌だなぁって感じなので
今日はちょこっと出かけて来ようかなと。
って言っても私が出かけるところなんて
いつも高が知れていて
ブックオフかしまむらかな、みたいな。^^;
ま、用事があると言えば100均にもちょっと寄りたい気もするけど・・
どうしようかなと。

まぁ、そんな風に普段はあまり行かないところにちょこっと行くくらいが
今の私が一人でできるレジャーの最大級ですが、
そうして自分なりに楽しみを作って
なんとかやっていこうかなと。



境界性パーソナリティ障害のことを書いている、
あるサイトがあって、
(まだその病気かどうか決まったわけではありませんが)
他のどのサイトより私はそのサイトに書かれていることが
とても刺さったのですが、
それを見て特に私が強く感じたのは、


私はやっぱり子供のころから
いつもいつも何かを人に求めて生きてきたなと思ったんですよ。


もちろん困っている時や本当に苦しい時に
人に助けを求めることは普通のことだけど、
私はそれ以前に、
自分の人生丸ごとを誰かに何とかしてもらいたかった、
ような気がしました。
それが私にとっても恋愛であり、
結婚だったような気がします。
でも人に何とかしてもらおうと思っているうちは
何とかは決してならない、どうにもならないことにやっと
気づきました。
私は旦那と喧嘩になる時はいつも
「どうして私の思う通りにならないんだ!」ということで
怒ってきた気がします。
「どうして、私が思ったように私を助けようとしないんだ!」
「どうして、私の思ったような言葉を私に言ってくれないんだ!」
「普通はこうするのが普通なのに、どうして旦那はそれをしないんだ!」
と。
でも今思うと、それは当たり前のことですよね。
旦那は私とまったくの別人格でまったく別の人生を生きているのです。
でも私は旦那に自分の思った通りに動いて欲しかった。
そうすることが旦那として当然だと思ってきました。
でも当たり前ですが
それはまったくの勘違いです。
そんな当たり前のことを今になって気づきました。

誰もどうにもしてくれない。
それは一見とても寂しいことのようで
実はとても自由なこと。
自分が自由にどれでも選んでいいということ。
私は何かを決める時、
どうしたらいいかと思う時、
他人の意見を参考にするという相談ではなく、
結局誰かに、自分の意見に賛同して欲しかっただけだったのだと
気づきました。
それは結局「自分のことを自分で決める」ということが
できなかったのだと思います。



あ、またついこんな話になってしまいましね。
あっという間に10時過ぎちゃいました。^^;

とりあえず、このあとちょこっと外に出てきます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早朝覚醒 | トップ | 生理まであと少し »
最近の画像もっと見る

メンタル関係」カテゴリの最新記事