SARAのブログ

日々のことあれこれ

美容院に電話した

2017-04-21 10:37:04 | つぶやき
1時の予約が取れた。
美容師さんは以前よりそれほど無愛想ではなかった。
けど、緊張してオドオドとゆっくり話す私に対して、
その温度差はあまりにもあり、
あちらはあっけらかんとフランクに、
そしてあっさりとしていた。

その美容師さんを嫌ではないとは言ったけど、
怖いのは電話だけだと言ったけど、
行き始めた当初はそうじゃなかった。
初めて行っていきなり
髪が薄いことを指摘されたからだ。
もちろんあからさまに「髪、薄いですね」と
言うわけはないが、
「抜け毛って多いですか?」と言われた。
髪を洗いながら言われたので
「あ、結構抜けてます?」と言った。
「あ、いや・・今は抜けてないですけど・・」みたいな。
「最近抜け毛が多いので、今度美容院に行ったら
相談してみようと思ってたんです。
持病があるのでその持病が悪化してるのかもしれないんですが、
更年期とかも関係してるのかなとかいろいろ悩んでまして」
すると美容師さんは
「え。更年期って髪が抜けるんですか」と言う。
逆にこっちが「え」だ。
そんなの一般的に言われてることじゃない、と。
「50の恵み~」とかいうのもあるくらい、
更年期の女性は髪が抜けやすくなることは
一般人の私でも何となくわかってることなのに
髪を切る専門の仕事をしている人が
そんなことも知らないのかよ、と正直思った。
美容師さんは続けて
「お薬とか飲まれてるのかなと思いました。」と言う。
それってかなりショックな言葉だった。
いろんな頭を見て来てるであろう人に、
「薬でも飲んでなきゃ、ここまで薄くはならないよね」
と言われた気がして、
頭をハンマーで殴られたような衝撃があった。
「え、私ってそこまで薄いの?」と。
そして「初対面でこんなこと言われるなんて・・」と。
こちらから話を出したならまだしも
いや、こちらから話を出したからと言って
言われても平気な言葉じゃないけど、
向こうから指摘してきて
しかも「薬でも飲んでるのかと思った」だなんて。
これってかなり失礼だなと思った。

けど、それ以外のカットの技術や
お店の雰囲気は良かったし、
何より他のお客さんや他の美容師さんも誰もいなくて、
自分の髪を切ってくれる美容師さんと一対一というのが
ポイントが高かった。
しかも家から近い。
それにそれまで私は美容院ジプシーで
もうどこに行ったらいいかわからなくなっていたし、
今の美容院に行く前に行っていた美容院は
男性の若者2人だけでやってる美容院で
行くたびに引け目と
どこか鼻で笑われてるような雰囲気がたまらなかったので
「髪が薄い」発言もかなり衝撃的ではあったが
そこよりはまだマシな気もして
通うことにした。
しかし次に行った時、
私が「前髪を丸くしてください」と
手で「こんなフォルムで」と説明しても
「丸く・・?」とキョトンとされたり。
以前の美容院で顔の周りだけシャギーを入れると
後ろの髪も前に持ってきやすくなるので、と説明されたことも
あったので
そのように言ったら
「後ろの髪が?いや、前の髪の話なので後ろの髪は関係ないと
思いますけどね」
と言われ、なんだか何を言っても否定的に言われる気がして
それも気分が悪かった。
でも他にどこ行っていいかわかんないしなぁ、と
行った3回目、
突如美容師さんの態度が変わった。
また「丸く・・?」とか言われるかなぁと思いつつも、
どうしても丸くしたくてそう言うと
「はい、丸くですね」とすんなり。
やたらこちらの説明が通るようになった。
「なら、いいや。」とそのままその美容院に通っていたら
ある日、
「ウチ、赤字なんです・・」
と美容師さんが言った。
「嘘ですよね?」と言うと「本当なんです」と。
そんなこと客に言うのか?
果たして本当なのか?
と思ったけど、
以前はすっごくお洒落な格好をしていて
帽子とかも被っていた美容師さんが
そう言えば最近はそれほどお洒落してないなぁとか
私への態度が突如変わったことなんかを振り返ってみたら
やっぱりそれは本当なのかなと思った。
それでも客がまったく入らなくなってしまったわけでは
ないだろうし、
そう言っていた時期からはもうだいぶ経つので
今はもうもしかしたら回復しているかもしれないが。

前回の記事で近所の人と馬が合わないという話をしたが、
同じ女性でも馬が合う合わないは確かにある。
私は義姉のことは嫌いだが、しかし彼女とは会話の馬は
最高に合う。好き嫌いと馬が合う合わないは必ずしも
比例はしていない。
美容師さんとは私は会話の馬は合う。
それは向こうが客商売だからとそういうことが得意だと
いうことだけではなく、
本当にその人と会話していると楽しいのだ。

しかし今日の私は
なんとなく人とはあまり話したくないモードだ。
いつもは人と話したくて行っているようなところもあったけど。
近所の人とのことがあったから
人がちょっと怖くなっているのかもしれないか。
いつものように明るく話せるだろうか。
今のテンションだと
とてもそんな気になれないのだけど。

しかし何にせよ、今日でこのズルズルと長く不揃いな髪ともお別れだ。
去年の12月から行ってなかった。

今回はちょっと短めに切ってもらおうかと思ってる。
いつもは肩にかかって毛先がハネてしまうことを懸念して
肩より長く切ってもらっていたのだが
毎回結構あっという間に伸びてしまうので
今回は最初はハネてもいいから
いつもよりは短めに切ってもらおう。

しかし憂鬱だ。
おとといは朝まで起きていたりして
思い切り不規則な生活してるというのもあるし、
そろそろ生理前の時期に突入しているのもあって
体調も良くはないのだろう。
しかしだからと言って「じゃあ、また来週に」と
しちゃうと来週は余計に生理直前でそれこそ行けないかもしれないと
思ったので
頑張って今日行くことにした。
ってたかが美容院に行くというだけのことなのに。

今日は他にもう何もやる気がしない。
夕飯も、2週間くらい前に作ったドライカレーを冷凍してあるので
それで済ませることにする。
そして何故かここ数日しょっぱいお菓子が食べたくてしかたがない。
美容院が終わったら
帰りに買ってこようかな。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美容院 | トップ | イベリス »
最近の画像もっと見る

あわせて読む