cocoDoco

昭和の記憶を忘れながら
街並み散歩

飛騨高山 久田屋は旅人宿

2014-06-27 | 中部の記録 昭和

久田屋の軒先には「旅人宿」の看板がはっきりと読み取れます、今もあるようですが、雰囲気はかわらずだが”素朴”も美なり。







 
上三之町の町並み、右側の青年は1970年代の標準仕様、髪の毛はさっぱりとA5クラスの優等生、このような人を私は「委員長」と言ってました。                     昭和48年8月撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨高山 田近屋の前で

2014-06-23 | 中部の記録 昭和

お盆が過ぎても急ぎ足の僧侶は何処へ








渡邉精光堂 検索すると有るが喫茶に変わっている、のれんに歴史が
                                  
                                                              昭和48年8月上三之町にて撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨高山 民芸品はここで

2014-06-20 | 中部の記録 昭和






 
 
高山市上三之町、昭和の風景です40年変わらないのはお店の看板「飛騨生そば」「坂口屋」店舗はそれらしく、民芸の店はどこかに
                                                                      昭和48年8月撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここはどこ 金沢の成巽閣

2014-06-18 | 中部の記録 昭和





 





 
 成巽閣(せいそんかく)とは、文久3年(1863年)に加賀藩13代藩主・前田斉泰が母・真龍院(12代斉広夫人)の隠居所として 建てた建造物で兼六園に隣接し、1階は書院造で2階は数奇屋造になっており、国の重要文化財に指定されている。
 この写真の場所が判らず困っていた、この日は福井の丸岡で民家を見学し、そのまま五箇山へ行きたかったが、高岡の瑞龍寺に泊まっている、五箇山へのバスの時間に遅れたので金沢で途中下車、それで成巽閣に行ったのか、写真のネガ番号は間違いないが記憶が全くない。
              昭和48年8月撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でっかい 合掌造り

2014-06-15 | 中部の記録 昭和







 岩瀬家住宅は江戸時代後期に加賀藩の塩硝上煮役である藤井長右エ門により8年間の歳月をかけ建てられた。現存する合掌造りとしては最大級の大きさで三百余年かわらぬたたずまいが。                                   昭和48年8月撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合掌造りは やせてました

2014-06-11 | 中部の記録 昭和

冬が来るまでに 萱で覆はなければ風邪の神様が やってきます これでも合掌造りなのです。







 
コンコンチキチン--- 祇園祭りの鉾建てにしては「縄がらみ」が簡素かな イヤイヤまだ六月でした ---コンチキチン
                                
                                        昭和48年8月岐阜県白川村で撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんじゃ これは ??

2014-06-09 | 中部の記録 昭和







 
屋根を支える桁と梁 雪が降るから曲って育つ梁材を上手く使う棟梁 木材も手作業で加工 今ではもう造れないかも

                                          昭和48年8月岐阜県白川村で撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合掌造りの骨組み

2014-06-06 | 中部の記録 昭和

 
縄と蔦で組み上げる 
   仮設の丸太足場ではない
 合掌造りの骨組み

                                          昭和48年8月岐阜県白川村で撮影
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小夜子は 桂集落に泊まりに

2014-06-02 | 中部の記録 昭和
 桂集落に行った次の日に、桂の話をしていると徳島の小夜子は、今から行ってくると早速の準備、一人では危ないし今から出かけると今日中に帰って来れないと親切に忠告をするが、そしたら泊まってくると(五箇山YHに来る人は泊まりで行く人がたまに居るとの事)気楽にお出かけ、夜は冷えるので私の寝袋を貸したが次の日に私は五箇山を下りたのでその後はどうなったのか、熊と戦えるほどの金太郎・小夜子はその後・・・・・ 一月後に自宅に荷物が届きました中身は寝袋で親切に目刺の干物が匂いが取れない・・・・小夜子は熊に襲われていなっかた。(たぶんこの民家に泊まったのでしょう)
                                              昭和48年8月撮影   
クリックして頂けると喜びます

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加