ときどき森へ・・・sora日和

~ by 小春 ~

本・林真理子 「美を尽くして天命を待つ」

2016-11-07 09:02:54 | 図書館本 読書備忘録 
美を尽くして天命を待つ

 内容紹介
快楽はとことん追求、運を天に任せて、今日もマリコは行く!
林真理子の最強エッセイ!
ダイエットも美食も、やるならとことん! これぞ、マリコ流強運の極意!
おしゃれの上流社会/旅は"おしゃれ合宿"/マガハ今昔物語/本気スイッチ、オン! /新担当はアナくずれ!?/服がないなら、バッグをお買い/"こぴっと"したい/履けないガラス靴/痩身処方 in ソウル/クロコのバーキン/最強は"赤ちゃん顔"/憧れの"読モ"/"お直し"お国柄/チョロランマ、攻略!


               

 読書備忘録 

まったくご縁のない、知らない華やかな世界が垣間見れた・・・

それでも、もっともっともっと上があるのだからね。

ふくれたりしぼんだりしていたのはそういうことだったのね。

おダイエットはお金がかかります。

スカートのジッパーが上までいかなかったら、ウエスト部を三角形に中に折り畳むといいそうです。
お勉強になりました。

シャネルのお店でのことは、面白かったですよ。
中国人の団体さんのおかげでしたね。
スーツが、一着、一千万円・・・中国の団体さん、すごいですね。
カーディガンが三十七万円て書いてあったのを読んで、椅子から落ちそうになったのに・・・
住んでる世界が違う、違う!

高級なお店・・・普段まず入らない、入れない、ちらっと外から見るだけのお店・・・アウトレットにあるとしゃらーと入れる楽しさもあります。
何も買えないけれど・・・

”お直し”
花粉症の治療で鼻水でないようにレーザー治療をしたら、ぐいぐいやられてダンゴッパナになったの。
私これを逆整形っていっているんだけれど・・・ね。
お鼻やお目目や骨削りなどの”お直し”そんなことしたことありません。するのなら鼻をちょっと・・・なんて言っている本人、とっくに”お直し”しているのか・・・
”お直し”・・・「自分の運命に負けた」・・・なるほどね、わかるような気がする。
林さんは 自分の努力の及ぶ範囲で、一生懸命キレイになろうとする方を選んだ。

無理をして入ってはいけない世界があることは十分承知の助、何かしらの事情で入り込まなくてはならない時でも・・・頑なに辞退申し上げましょう。と思いました。


『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ニセコの旅 ホテルは・・・ | トップ | これはどこのお国のお菓子で... »
最近の画像もっと見る

図書館本 読書備忘録 」カテゴリの最新記事