KAZUの世界へようこそ

「アスペルガー症候群」と「ADHD」という
天賦の才を神様からいただいた息子と家族の物語

最終的に楽しい人生だったと言えるように

2016年10月12日 15時48分45秒 | 日記
先日の診察での先生との対話で
背の高さと頭の良さについての話がありました。

気になって調べて見ると

高学歴は背の低い人が多いらしいというあるあるや

いやいや
ある研究によると身長が高くなる人は
栄養のバランスや良質の睡眠がとれている人が多いので
IQが高い人が多いという海外のレポート

たくさん出て来たのですが、
今日、それらをひっくり返す一つの答えを発見しました。

それは
身長や容姿にコンプレックスがある人の中で
自分が他の人より勝る部分はなにか?
どうやったらあの子に勝てるか?と
考えられる人は最終的に高学歴な人が多い。
そういう意味において、
背が低い人に高学歴が多いというあるあるが出来上がったという話です。

人にはそれぞれ多かれ少なかれコンプレックスがあって
思い通りにいかないことが多いけど

私たちそれぞれが持って生まれた天賦の才を磨く努力は
人生を劇的に変えるということがあるということです。

それは学歴だけじゃなく、社交性だったり
統率力だったり、発想力だったり。。。

最近TVで
オリンピックに出場した選手の活躍
25年ぶりのカープの優勝
イモトさんの登山や
キンタロー。さんの社交ダンスを見て
その努力する姿に感激することが多いです。

自分の努力が結果に繋がった喜び
その努力する姿が感動を与えることに繋がった喜び

最終的に楽しい人生でしたらと言えること
そう言えるように日々努力することが
一番大切なんだなぁ。。。と




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 母の感と救世主 | トップ | 修学旅行 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。