ココのKポ妄想ブログ(前は葉月また前はルル性悪女の小説なので閲覧注意)

K-POPについて、BL 小説書きます。私は読者の間で噂の性悪作者です。なので心が汚れますので見ないでください。

昨日から今日。

2017-03-21 01:01:45 | 日記
昨日から今日にかけて、本当にいっぱい小説を書き写しました。

考える時間がいらないのでいくらでもうつせてしまいます。

でも、こんなお話を書いてたんだと自分でも改めて思いました。

懐かしいのと、また、このお話にコメントを下さってた方とのやり取りを思い出したりして。

小説しか書かないはずでしたが、すみません。



さて、B.A.Pがカムバックして、歌番組を見ました。

最初、あれ、ヨングクくんいないよ!と思ってたら、途中のラップのとこでヒムチャンくんとジョンオプくんにお迎えされて登場。

かっこいいカムバックでした。

楽屋とかの様子も上がってましたが、楽しそうに笑ってて、ひとまず安心しました。

これでヨングクくんが頼りだったヒムチャンくんも安心かな。

でも、まだ本当にしっかり治ってるかわからないから、また急にってこともあるので、心の病気は難しいですね。

他のメンバーもきっとリーダーの復帰にほっとしつつ、まだどこか心配みたいな感じでしょうか。

彼らは本当にヨングクくんを信頼してて、絆の強さが感じられて。

例えばBEASTというグループがいて、今は、メンバーが一人やめて、後のメンバーで一回はカムバックしたけど、その後、そのメンバーは違う名前で活動をすることになり、一人やめた方のメンバーがあと2人か何かメンバーを新しく加えてBEASTとしてやっていくことになったようで。

これは、やめた彼の方が事務所に残り、あとのメンバーは出ちゃった感じなんでしょうかね?

違う名前になったら、もうBEASTとしての曲は歌えないのかな?

好きだったんです、私。

ファンクラブも入ってたし、日本に来たら必ずコンサート行きました。

でも、メンバーが脱退の前に日本のファンクラブの活動が終わってしまい。

その後の活動内容は韓国のファンクラブのサイトにアクセスしてみたいになって。

どうなってるかわからず、気づいたらこんなことに。

表面には出てない何かトラブルでもあったのかなぁ。

残念です。

MR.MRも日本のファンクラブが止めになってしまい、韓国でのファンクラブのサイトにて情報を得てくれみたいな。

でも韓国で、カムバックとかするのか?

ジンさんは戻るのか?

本当にわからないですね。

そんな中、B.A.Pは何が起こっても必ず、ヨングクくんの元に集まってメンバー全員でことに当たってるとこが素晴らしいと思います。

一時活動休止した時も、メンバー全員でだったし、今回もヨングクを待ちながらちゃんと他のメンバーがB.A.Pというグループと彼らの素晴らしいと曲を守っててくれたし。

そんな彼らを見てると、なんだかこの先も何があってもきっとやめるときは全員で、ってなってくるんだろうなと、そんなことがないのが一番ですけど。

誰か一人が抜けるとかはないんだろうなと信じていられるグループなきがして。

応援し続けようと思います。

この何度かのカムバックに成長をしたのは、多分末っ子の2人。

ジョンオプくんはダンスの人だったけど、歌で最近は目立ってきたし、ゼロくんは前はあまり話すの苦手というかおとなしい感じだったけど、しっかりしてきて、ちゃんとステージを一人で任せられるようになってきて、本当にずっと見てきてる私には息子の成長のように嬉しい限りです。

知らないうちに年下は成長してお兄ちゃん達を助けていくんだなぁと。

いいですねぇ、こういうの。

兄弟みたいな。

一人っ子で育ってきた私には本当に羨ましい。

そのうちにB.A.Pのお話も書きたいと思っています。

これからカムバックが続きますね。

春になり楽しみが増えていいことです。

花粉症は辛いけど。



少し日記でお休みしました。

また小説に戻ります。

それでは。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MONSTA X小説【君は僕のHERO... | トップ | サンキュー、パセリそしてサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。