今、COCOに在りて

普通の主婦だった私が不思議な体験を通して見えない世界に導かれ、ネコのCOCOとココでみなさんと共に学び、歩んでおります♪

最強の秘書

2017年05月15日 | 不思議な話

ドラゴンボールのキャラクターの中では、トランクスが一番好きな奈祐です(^^)

みなさん、お元氣ですか? ようこそ、COCOへ!

先日、東京の日枝神社鎌倉の佐助稲荷神社に行ったら、氣の結界ようなものが出来て、邪気から守っていただいた話を書いたのですが・・・。

 

引っ越した三重の家の近所にも神社があり、そこにお稲荷さんがあります。

引っ越し当日は作業が午後からだったので、午前中に主人と近所の山や神社に行って、氏神様や見えない主たちに引っ越しのご挨拶をして回りました。

その神社は初めて行った時に、あまりの威厳さに2人でビックリ

お稲荷さんと本宮の参拝が終わって、しばらく歩いていた時に

「うわぁ~、すごい!!」

手がビリビリして、身体が充電チャージされたというか、手を上に向けると、手のひらから少し浮いたところにドラゴンボールのような元氣玉ができるような勢いでした。

 

ホント、こんな感じ

 

三重に帰ってきた後

「そういえば、あの近所のお稲荷さんは結界を作ってもらえたっけ??」と思い、天気も良かったので今日の昼間に行ってみました。

山の中にあるので、木や植物がうっそうと生い茂っていますが、ほどよく手入れはされています。

朝は散歩の人や近所の人がちらほら参拝したりしていますが、日中はいつも人気(ひとけ)がありません。

神社の本殿は長い階段をあがった上にありますが、そのふもとに稲荷神社が鎮座していて、相変わらずものすごいオーラを放っていて怖い。

怖いといっても、幽霊がいるとか、邪気でドロドロしていて怖いとかいうのではなく、厳かな雰囲気を放ちまくっていて、立ち入るのが怖いのです。

小学校低学年の子供が、生活指導に厳しくて怖い教頭先生の部屋に1人で入らなければいけないような、そんな感じの緊張感。

 

本当は写真をアップしたり、ここで名前を書きたいのですが、前回のブログで書いたとおり

以前、そこでお稲荷さんの写真に収めようとスマホを向けた

その瞬間

「 キャー!!」という悲鳴と共に、若い女性が神社の門構えに激突して自転車ごと倒れたのです。

坂道でも、車の往来が多い場所でもない、本当に何でもない場所なのに、です。

その女性はたいしたこともなく、また自転車をおこして去って行きましたが

私は 直感的に

「 あ、今 『勝手に写真を撮るな!!』と、お稲荷さんに叱られた!

と思い、写真を撮るのをやめて、謝ったことがあります。

なので念のため、ここでの公表は控えさせていただきます

多分、他のお稲荷さんよりかなり礼に厳しい感じがします。



一人でそこに佇み、今日は1人だし、やっぱり今度また主人と一緒に来ようかな・・・

と、後ずさりしたくなりましたが、そんなことをしてお稲荷さんの機嫌を損ねたら大変なので、勇気を振り絞って神社の鳥居のトンネルをくぐりました。

狛犬のように並んでいる二体のキツネ像は、こちらをものすごい形相でにらんで、まさに蛇に睨まれたカエルのような気分。

そこを通り抜ける瞬間、確実に何かが「いらっしゃる」のを感じました。

稲荷のお宮にご挨拶をして、来た目的を伝え、それから元来た鳥居のトンネルを戻りましたが、いやぁ~、緊張したっ

怖かった~!! 

相変わらず、まだお稲荷さんが怖いイメージが抜けません。

 

その後、階段を上って本宮に参拝しましたが、そこでは日頃のお礼のみ。

お願いのご用は、先ほどのお稲荷さんで告げましたので。

ここの本宮は、下のお稲荷さんとは全く違って、穏やかで優しい感じがします。

そう、まるで見た目も性格もキツい有能秘書と、優しくて大らかで恰幅の良い社長の組み合わせ。

そんなイメージです。

 

この本に載っていたのですが

神社の境内にはよくお稲荷さんがあるけれど、あれって狐が神様のお使いをしているからで、会社訪問してもいきなり社長とは話ができないのと同じで、まず受付にお願いするようなものだそう。

受付(お稲荷さん)が社長(神様)に来客(参拝者)を引き合わせるか、用件は何なのかを吟味して、上に取り継ぐかどうか決める役割をしているらしいです。

なるほど~!

 

さて、無事に参拝も終わったし、買い物でも行くか~(^^)

と、開放感いっぱいで、ぽかぽかの日差しの中をのんびり歩いていたのですが

「あれっ??」

明らかに東京の稲荷神社で張られたシールドとは別の種類のシールドが自分の周りに張られているのが分かりました。

なんか、ほわっとした優しい感じのシールドです。

色で言うと、薄いピンクのイメージ。

ほぉー! 神社によって、やはり結界の種類も違うのでしょうか。



そして、前と同じように、手がビリビリして自分の中が充電チャージが完了したような感覚。

手を広げると、また 元氣玉が出来る勢い。

 

「うおおおぉぉぉ~、すごいっ!!! 」

 

 いつか、こんな元氣玉を作って、世界を救えたら良いなぁ(笑)

どうやら自分は長年、神社の参拝の仕方を間違えていたみたい (--;)

手順と礼を尽くせば、とても守護していただけるみたいです。

 

みなさんも、どうぞ手順を踏んで神社は参拝してくださいね。

しかし、稲荷秘書はとても礼儀に厳しいので、決して軽はずみな気持ちで行かないでくださいね。


 

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猿田彦のお導き⁉︎ 12 | トップ | 久々の再会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

不思議な話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。