自由が丘 ワイン処 コッコロ 元店主の美味しいもの日記

ワイン大好き、イタリア大好き、
美味しいもののためなら何処へでも♪

「開運」 土井酒造場& うなぎ 新泉

2017年04月18日 | 日本酒 酒蔵
いんや〜、今月はよく遊んでおります(;^ω^) 仕事も新しい職場で、毎日へとへと、ブログを書く気力・体力がございませんでした(^^ゞ
しばらくご無沙汰しておりましたが、少しずつまた書いていきま〜す。

4月2日(日)
鷺沼にあるお蕎麦屋さん「よしみや」主催の日本酒ツアーに参加してみました。 ここの常連さんOさんから、お声をかけていただきました。
集合は、鷺沼。 そこから貸し切りバスで楽ちんです。

参加者の平均年齢60くらい??? 私ですら、若手です(笑)

東名高速に入り、一路掛川にある土井酒造場を目指す。
掛川の街中を抜け10分ほどで、畑と田んぼののどかな風景の中に、めちゃくちゃ大きい「開運」のラベルが貼られた日本酒瓶・・・。はい、「開運」を造る土井酒造場に到着です。

門の前は、見事な桜並木なのですが・・・まだ、一分咲き・・・。この時期、通常なら満開を迎えているころだが・・・残念。 こればかりは、仕方ない。

土井家は、代々この地の名主。 明治維新という一大変革期に、名主の新しい生き方として、明治5年酒造りを始めたそう。
まず、「開運」という名前がいい。 正月やお祝い事に最適だ。

まず、社長のご挨拶を受ける。

おや〜、若〜い。

米を洗う機械


精米機

米を磨いていき、吟醸なら50%くらいまで磨く。 何十時間も機械を回し続けるらしい。思ったより時間がかかるのに、びっくり。磨いた米は、一旦休ませる。

米を蒸す

説明くださるのは、杜氏さん

麹造り

業界では、麹菌のこと「もやし」と呼ぶらしい。 顕微鏡で見ると、もやしみたいなんだって。

醗酵中〜

ボコボコしてます。 ここに落ちると、100%死にます(◎_◎;) 落ちるのを予防するのと、作業がしやすいように、ポールを設置しているそう。

日本酒を絞る。 この機械は、吟醸酒など小ロットのものに使用。 昔ながらの舟形式

大量に造る通常ものは、新しい機械で。


只今放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」、この土地・掛川にも、ゆかりがある。井伊直親が殺害された場所、十九首は掛川にあり、今川の命により直親を殺害したのは掛川城主・・・。 はるか昔、この近くで起きた出来事なんですね・・・。


さて、ランチ、ランチ♪
掛川の街中に戻り、うなぎの新泉へ。
土井酒造場の社長も参加。


30人くらいで、土井酒造場の開運10種、一升瓶が10本並ぶ(;^ω^)

酒米「愛山」や「赤磐雄町」でも開運造っているんですね〜。

久しぶりのうなぎ様〜〜❤

いや〜、昼酒にテンション上がりまくりで、あ〜反省・・・。

帰路、焼津のお魚センターで買い物したけど、、、いい気持ちで、ふらふら・・・。桜えび買うの忘れた・・・でも、しっかり買ったしらすは美味しかったな〜。
大人の遠足? 社会科見学? 楽しいね〜。お声かけくださったO様、ツアーを主催してくださった鷺沼のお蕎麦屋さん「よしみや」さん、ありがとうございました〜。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由が丘 緑道で夜桜🌸 | トップ | 大人だって、ディズニーランド  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日本酒 酒蔵」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。