自由が丘 ワイン処 コッコロ 元店主の美味しいもの日記

ワイン大好き、イタリア大好き、
美味しいもののためなら何処へでも♪

舟勝@御宿 再び

2017年05月06日 | 旅行
4月16日、長い一日の最後は、居酒屋「舟勝」

いすみ鉄道の終点、大原に近づくころ、大原→御宿到着時間を舟勝のオヤジに電話で伝える。するとオヤジが駅に迎えに来てくれた。
車で5分ほど走った住宅街の中に店はある。 知らなければ絶対来れない(;^ω^)

普通の家的な庭には、猫がたくさん。 残り物の魚を食べているらしく、毛艶が良く、よく肥えている。 飼っているわけではないが、去勢したり餌をやったり、放っておけない性分のようだ。

その中でも、この猫ちゃん、昨年11月に来たときも、ここに座っていた。その時は子猫ちゃんだったのに、こんなに成長していたのね〜。


今回は4名の予約だったので、残念ながらカウンターには座れず、広い奥の座敷に。 なんとなく落ち着かないね。
まずはお通し的な。

お、ナガラミもいるぜ。

次に運ばれてきたのは、刺身の盛り合わせ〜(◎_◎;)

で、で、でかい。 オヤジが釣ったり、契約している漁師から仕入れた地物の魚ばかり。それぞれ、熟成させて旨みを引き出す。
「釣ってすぐにさばいたのは、硬いだけで旨みなんてないんだよ〜。」byオヤジ

昼から、だらだら飲んだり食べたりして、少し疲れてしまった我々・・・この刺身までで、すでにお腹がいっぱいに・・・(;^ω^)
でも、ま〜、酢でしめた「酢なめろう」は別腹だ。 今では居酒屋で良く見る「なめろう」、もともとは、この店が発祥って言っていたな〜、オヤジ。


天ぷら

早いもの勝ち?で、小さいものから(笑)

いやいや、お腹をさすりながら、まったりしていると・・・
ま・さ・かの一人一尾

全員、カニを食べる人のように・・無心で魚と格闘。

そこへとどめの・・・

漬け、焼きおにぎりとカニ汁。 このカニ汁が・・・・甲羅ごとつぶして・・・と手の込んでいるものなので・・・残すわけにもいかず、涙目で飲み込む。

く、く、苦しい
魚でお腹がいっぱいになってしまって、酒が飲めない・・・。

きっと、東京からわざわざやって来てくれた客人に、いっぱい食べてもらいたくて、どんどん出してくれたんだろうね・・・。
カウンターに座っていたら、オヤジと話しながらになるから、こんな状態にはなっていなかったのかもしれない。
なんだか苦行になっちゃった。ちょっと残念。

こうして魚と格闘している間に、我々が最後の客となり、最初は駅までと言っていたけど、御宿から3つ先の上総興津の宿まで送ってくれるという優しいオヤジなのだった。 ご馳走様〜。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春爛漫のいすみ鉄道 プチ乗り鉄 | トップ | お茶の間ゲストハウス たまに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。