自由が丘 ワイン処 コッコロ 元店主の美味しいもの日記

ワイン大好き、イタリア大好き、
美味しいもののためなら何処へでも♪

ばらの季節のお散歩 〜 戸越銀座温泉

2017年05月19日 | 銭湯
空気が爽やかな五月は、お外に出て歩きたくなる。 家から自由が丘まで歩いていく。 通常ならバスに乗るところだけれど、歩くとほほ30分。

ご近所にある文房具店(現在は閉店の模様)、レトロ過ぎて・・・

屋根が朽ちてきて・・・かなりヤバイ

ちょうどガスメーターをチェックしている東京ガスの人がいたので、「ここ、いらっしゃるんですか? バラ凄いですね〜」
と話かけたら、「どなたもいらっしゃらないようなんです。 ほんと、ばらが見事。 この辺りの方は、ばらを育てている方が多いですね〜」

なるほど、そういえば、と自由が丘までの道、意識して歩いてみる。

バラだけじゃなくて、この季節、春爛漫、お花が満開♪

お、ほんとだ〜、よく見るとバラを育てている家が多い。

お散歩、気持ちいい〜。

さあ、自由が丘到着。 さて、せっかく外に出たから、どこか行こう。・・・???
そうだ、戸越へ行ってみよう。東京一長い商店街で有名な、「戸越銀座商店街」

結構、人は歩いていますね〜。
奇跡のりんごの木村さんがプロデュースした無農薬の商品を並べるお店だったり、福井県のどこかの市のアンテナショップだったり、かないマニアックな店もあるし、昔ながらのお肉屋さんや、八百屋さんなんかもあって活気はあるものの、リサイクルショップやしょぼい店(;^ω^)けっこうあって、物の売れない時代、厳しいよね〜。

しかし、長いね。
まだ、続いてるよ〜。
1,3kmもあるんだって。 東京一ってことは、日本一っていうのもあるんだよね〜。
日本一は、大阪、天神橋筋商店街 3kmだそうですよ〜。 さすが、商人の街、大阪。

さて、ここに来た目的のもう一つは、「戸越銀座温泉」

銭湯だけれど?、立派な温泉\(^o^)/ 東京によくある黒湯だ。

昔ながら・・・というよりは、スーパー銭湯風で、一階が番台?、広い休憩室(厨房設備もあるから、宴会もできそう)、2階が風呂。 黒湯は、寝湯もあり、中の階段を上がると透明の湯が炭酸泉、半露店になっていて、ヒノキの香りが気持ちいい。サウナもある。 なかなか、よくできている。

でも、基本、ここは銭湯だから、石鹸、シャンプーなどはない。 そして、地元のおばちゃん、おばあちゃんたちの日常の場所。
のんびり足をのばしていたら、黒湯で中の見えないところに、おばちゃんが私の足に躓いた。 あっと、思った瞬間、すでに遅し。 「もう、危ないじゃないの〜っ!!!」お叱りを受け、もちろん、不注意でした、ごめんなさい。すぐに謝ったのに、ぐちぐち10回くらい同じこと言われたので、つい、「何度謝れば気が済むんですか〜、しつこいですね〜」と、穏やかな私もキレた。 少しカルチャーショックを受け、やっぱり、テリトリー外に行くのは、危険だな(;^ω^)

東急池上線の戸越銀座。 駅は小さいけど、ホームが立派です。

木の壁、椅子。

たった10数分電車に乗っただけで、プチ旅行気分。 たまには、いいですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまでや千葉駅ナカ店 | トップ | 日曜日のたった4時間・・・S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。