自由が丘 ワイン処 コッコロ 元店主の美味しいもの日記

ワイン大好き、イタリア大好き、
美味しいもののためなら何処へでも♪

三軒茶屋「三茶de大道芸」 → 和食「島田洋服店」

2016年10月16日 | 店主の休日飲み歩き
爽やかな秋到来♪ 10月15,16日の週末は、日本全国いろんな町でイベントが行われていたことだろう。 近所の図書館で見つけたパンフレット、三軒茶屋で大道芸のイベントがあるらしい。 プー生活中の私には、お金はないけど、時間があ〜る。 行ってみよう♪

私の家からは、バスに乗り、三軒茶屋までは、15分。 歩くと?1時間。
小さな街だけれと、庶民的であり、古くから住む年配層もいれば、新しく入居してきた若い人もたくさんいる。お惣菜や八百屋がならぶ下町的な商店街もあるし、セイユー、しまむらなんかもあり、生活しやすそうな街。個人でやっている小さな店がたくさんあって、入ってみたくなる飲食店だらけだ。

10月15日(土曜日)、久しぶりの雲一つない晴天。 しかも、風もなく、乾いた空気が気持ちいい。 こんな日は、一年に何回あることだろう。
三軒茶屋で行われる大道芸のイベント、今年でちょうど20回目だそう。 二日間、国内外から40組以上のパフォーマーが終結し、街のあちこち約10か所の会場で、見学することができる。

プログラム片手に、最初に向かったのは、
「ココナッツ山本」という、お笑い系のパフォーマー

見学している人にも参加してもらって、命がけ?のパフォーマンス

次は、みんなが知っている「中国雑技芸術団」
ここは、凄い人だ。 30分前からみなさん座って待っている。 ここで合流したSさんともここで席を確保する。 待つ間、シシカバブと琥珀エビス♪
昼ビーたまらんね〜。 そうそう、とうとう、私、お酒が解禁になりました〜\(^o^)/

さすが、世界に誇る中国雑技団・・・。 少数ながらも迫力あり。 椅子は、どんどん高くなっていって、その上で逆立ち〜。 この方、おフランスで開かれた大会で、優勝されたらしいです。
中国なまりたっぷりの司会者、なかなかのやり手です。 何気な〜く、折々に投げ銭宜しくね攻撃〜(^▽^;)
この方々、日本在住なんですって。 中国雑技団・東京支店?的な・・・・きっと日本全国巡業されるのでしょうね。そうそう、正月元旦の日テレには、毎年ご出演されているそうです。

ぷらぷら街をそぞろ歩くと、いろんなパフォーマーがプログラムとは別枠で、演技をしていたりする。 彼らにとっては、晴れの舞台だね。

この方は、和風のマジック。 緩やかな音楽を流しながら、少し艶やか・・・。 最前列で、おやじがデカいカメラで撮影してた(◎_◎;)

そして、日が暮れてくるころ、銀座でママりんとランチをしていたというKちゃんも合流。
駅に迎えに行っている間に、Sさんが見つけたお店。

一軒家で、なかなか雰囲気が素敵。 和食のお店らしいけど、、、、お店の名前は、{島田洋服店」
そんなチグハグな感じが大好きな私の興味を引く。


ちょうどひと月前に開店されたばかりとのこと。 入口には、たくさんの蘭の鉢が。
コースのみなので、ちょっと迷ったけど、えいっ、これもご縁だ。 入ってみよう。

小さめのグラスで、ビール500円

お吸い物
優しい出汁、和食は、繊細だね〜

目の前のご主人が、ファイヤー〜とあぶっているのは、サバ
お刺身の盛り合わせに入っていました。


利き酒師であるご主人の日本酒セレクトは、なかなか面白い。 新潟もあるけど、和歌山や鳥取、大分、埼玉・・・と、マイナーなところをついている。
私が頼んだのは、鳥取の「こなき」 小さめのグラス(約90ml)で500円

あ〜、鳥取と言えば、ゲゲゲの鬼太郎、こなき爺というわけね。

コースがゆっくりと出てくる。

この小さな柿の形をしたものは、かぼちゃ。 鮎も鴨も美味しかったな〜。

揚げ物

銀なんや栗、お〜、これは、もしかして・・・・松茸さまではございませぬか\(^o^)/

炊き立てのご飯

漆のお椀は、奥様が漆教室で塗られたものとか・・・
で、カウンターのお隣のご夫婦が、その先生でした。 御徒町で漆やさんを営まれているという、お話好きな方でした。
味噌汁お飲み終わると、そこに、お二人からメッセージが・・・
「ありがとう」のかわいい文字

最後に水菓子をいただくころには、お腹いっぱい〜。


まだ、開店したばかりということで、お知り合いの方が入口近くのテーブルにもいらっしゃって、飛び込みで入ってきたのは、私たちだけ。
でも、とってもにこやかに奥様、ご主人接して下さいました。

「何で、島田洋服店?」なのかというと、3年前までは、テイラー、洋服の仕立てを80年されていた店だったそうです。 ご隠退されたお父様の意思をついで、同じ、ものをつくる、店を再開したそうです。 おしゃれな外観から、その仕立て屋さんが、ハイカラで素敵なお店だったことがうかがえます。
何より、店の入り口右にある、テイラ-時代からあったモザイクの壁絵、立派です。 ここはローマ時代か〜?ルシウスよ?

お祭りの神輿担ぎで知り合ったという"神様に結びつけていただいた"お二人は、こんなに素敵な笑顔でした。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はいむるコーヒー@武蔵小山 | トップ | 南チロルの郷土料理 三輪亭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。