自由が丘 ワイン処 コッコロ 元店主の美味しいもの日記

ワイン大好き、イタリア大好き、
美味しいもののためなら何処へでも♪

身延山で修行?

2016年12月07日 | 旅行
奈良田からバスに乗り、降り立ったのは身延山の門前町。

何か面白いものないかな〜?と物色するも、日蓮宗の町?、、仏具やばっかり(^▽^;) とぼとぼ身延山久遠寺へ向かう。

立派な三門


紅葉もきれいで、すがすがしい。


三門をぐぐり、歩きづらい石畳をゆるやかに登っていくと、、、、え?

(◎_◎;) 280段の石階段
苔むしちゃってるし〜。

む、む、無理〜〜。 これ以上、す、す、進めない( ;∀;)

健脚チームのリーダーKせんせは、楽勝だろうけど、膝の痛い私には死ねっって感じ(・。・;
選択としては、
1、階段を死に物狂いで上る
2、ちょっと無理して、迂回する男坂を上る
3、時間をかけて、遠回りして女坂を上る

う〜む、選択2で、お願いします。と、Kせんせと男坂を進む。 それでも、膝が痛い・・・途中、脂汗をかきながら、引き返すことも出来ない・・・もしかして、とんでもないとこ来ちゃった?
昔の人は、偉かった。 すべて歩いたんだもんね。

上り切ったところで、もう、限界〜(^▽^;)

しかし、、、こ、この階段は、凄い。

身延山久遠寺 本堂

日蓮大聖人が、1282年に入滅されるまでの最後の9年間を過ごした地。
そして療養のため故郷へ向かう途中、東京池上で入滅。
いや〜、我々がバスでここまで来るだけで、大変なのに・・・それはそれは長い故郷への道だったんだろうな・・・😢



ここからロープウェイに乗って、奥之院を目指す。

往復1400円。 高っ、と思ったけど、高低差763m、これは関東一なんだって。
そして、このレトロに見えるロープウェイは、JR九州新幹線つばめや、豪華列車ななつ星をデザインした水戸岡鋭治さんの作品だそうだ。
本来なら、この先に富士山が見える。 本日は、曇りなり。

奥之院


日蓮大聖人が700年前に手植えされたとされる杉の木

4本あって、長寿のパワースポット

さ、帰り、選択3で、お願いしま〜す。
女坂

想像したより、男らしい女坂(・。・;だった。

ここが、階段、男坂、女坂の分かれ道だったことを、下った後気づく


はあ、私には、充分修行でした〜(;^ω^)









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良田温泉 宿の周りをお散歩 | トップ | 日帰り温泉 百観音温泉@埼玉久喜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。