こっこLife

こっこのお気楽・極楽・道楽な日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

懐の深さと温かさ

2013年08月18日 23時55分44秒 | 日常のつぶやき
毎日毎日「暑い!!」としか口をついて出ない今日この頃。
ご無沙汰しまくっておりますが、
皆さまお元気にお過ごしでしょうか?
我が家はお家の構造上かもしれませんが、
とっても暑い毎日になっています。
なんせ‥室温の平均がたぶん35℃くらい(汗)
湿度も平均75%くらい(汗)
今ちょっと涼しいかな?と思えるのが、
33℃くらいで湿度が70%を切ったあたり。
これなら扇風機もなくても耐えれるようになってきた。
(汗はかいてますがめちゃめちゃ困るほどではない)
まぁ‥そんなの1時間半除湿かけた後の夜の間だけで、
昼過ぎから宵の口くらいまでは、
大概37~38℃くらいの室温あるからね(苦笑)
床は床暖房入ってるのか?ってほどどこもかしこもぬくぬく。
室内に置いてあるものは何触ってもあったかいし。
(瓶とかメタルラックとかホント酷い(笑))
タンスとか押入れの服も干したてかって程めっちゃぬくぬく(笑)
熱中症出ないように水分とって、
汗をがっちりがっつりかいている毎日でございます。
‥体力も気力もつきそうでございますが、
なんとか生きている‥そんな猛暑の夏でございます。
皆さんはご無理なさらぬように‥←お前が言うな(笑)

そんな暑い最中に涼を求める意味もあって、
お盆中に久しぶりに映画館に足を運んでいました。
ミナミ方面の映画館だったんですが、
1度行った事あるし大丈夫だろうと思ってたんですが、
地下鉄出口‥何番??
とか初歩的な事を忘れてて、
慌てて地下鉄内で携帯で調べ始めるという(苦笑)
しかし‥大阪も地下鉄がほぼ電波が入るようになって、
走行中でも検索がサクサクかけれるというのは、
本当に便利になったなぁと思いました。
なんとか調べられて地下を脱出出来たら、
あまりの暑さか苦手なミナミだからなのか、
1本曲がる所を間違え灼熱の地上で危うく迷子に(苦笑)
周りをきょろきょろして、
「あれ?これ裏側だわ」と言う事には気づいて、
早めに路を修正して事なきを得ました。
地図はそこそこ読めるんだけどな(汗)
とことんミナミ方面とは相性が悪いとしか言いようが(苦笑)
とりあえず映画館には投影時間に余裕で到着して、
無事拝見する事が出来てホッとしました。
拝見した映画は‥‥まぁお察しの通り台湾映画(笑)
「夢の向こう側-Roadless Traveled- ~樂之路~」です。
スクリーンを拝見しながら、
期せずしてタイミング的に「ご結婚おめでとうございます」と、
思わず心の中で呟いた次第です。
(主演のお一人の方が入籍を発表されたばっかりだったんです)
映画はバンド「SMASH」の紆余曲折の友情物語。
ネタバレは‥やめておこうかな。
ざっくりした感想は、
もう少し突っ込んで描いた方が良いかな?
という少々荒っぽくて拙い部分もあったんですが、
なによりやっぱり台湾のお話はあったかいなぁと思いました。
途中色々あって大きく挫折する事もあるんですが、
仲間達が何があっても待っていてくれるんです。
もちろん疑ったり腹を立てたり喧嘩もする。
そりゃ人間だもん。
でも‥結局ちゃんと根っこがつながってる。
ごめんなさいしてもう一度一緒に歩める。
その懐の大きさが好きだなぁって思う。
息苦しさがない。
近頃の日本はどこかこの息苦しさを、
勝手にみんなで作り出している気がしてならないから。
人間生きていれば失敗もする。
周りに大なり小なり迷惑をかける事だってある。
そのリカバーを本人がどうするか、周りがどう受け止めるか。
謝罪、許し、感謝。
揺るぎない愛情‥友情。
その受け止め方が大きくてあったかい。
やっぱりそういう所が大好きだなぁって思う。
バンドのお話だったので、
劇中にもたくさんの音楽が流れていました。
とてもいい音楽でそれだけでもMV的に観ても楽しいかも。
それにバンドメンバー5人ともとても有名な俳優さんばっかりだしね。
今回立ち上げ1本目というお祝い的な事もあるのか、
たくさんの方がご本人としてゲスト出演してて、
それを拝見するのもちょっと楽しかったです(笑)
今年は大阪アジアン映画祭を逃してしまっているので、
これが今年初映画となりました。
後半は結構関西でも台湾映画を拝見出来そうなので、
楽しみに映画館にも足を運べたらと思っております。
1本は途中まで飛行機の中で拝見して、
ラスト付近をタイムアップで逃して、
友人にDVD(台湾版)をお借りしてなんとなく理解している‥という、
とっても中途半端な感じなので(苦笑)
再び1本通して確認出来たらと思っていたり。
大阪アジアン映画祭で逃したのが映画館で拝見出来そうなものもあって、
(これは大陸映画‥だったと思うけど出演者に台湾俳優さんがいる)
映画‥楽しみだぞ、色々。

舞台も秋からはたたみかけるように続々情報があがって、
前売りも続々重なって発売。
‥たぶんねいくつかは当日券に賭ける事になりそう(汗)
財力的に今一番きつくてちょっと無理そうなのがいくつか。
ギリギリまで色々調整するつもりではいますが、
愛には限りも優先順位もないつもりですが、
財力の関係で優先順位をつけて対処していく事になる。
そんな切ない夏真っ盛りという感じです。

観劇感想は溜まりまくってるんですが、
室温に負けてなかなか進んでおりません。
ゆっくりぼちぼち‥私の記憶から消えていってて、
もしかしたら感想あげれないのもあるかもなぁ‥。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最高の音楽と思い出に出会う

2013年08月03日 23時26分34秒 | 音楽・美術・スポーツ
情熱大陸 SPECIAL LIVE
『SUMMER TIME BONANZA '13』

2013年8月3日(土)
 於:万博公園もみじ川芝生広場

昨年の大人の夏祭りには参加出来ずだったので、
2年ぶりになる参加。
すでにこの時点でかなりびびっておりました。
あの灼熱の野外に耐えられるかどうか‥(苦笑)
今年はホントに自信なかったんだよね。
それでも朝からいつも通りにいそいそ準備をして、
大量の荷物と共におでかけしてきました。

今年は本当に暑かった!
場所取りも若干失敗しちゃったかもだけど。
日が暮れるまでかんかん照りの中にいたので、
飲み物を飲んでも飲んでも大量の汗になって、
出て行くばっかりの状況で、
葉加瀬さんや竹善さんの事を言えないほどの、
汗のかきっぷりでございました(笑)
出演アーティストたちより、
観てるだけの私の方が多分たっぷり汗かいてた(苦笑)
それでも美味しいご飯食べて、
美味しいお酒飲んで、
美味しいつまみやデザート食べながら、
極上の音楽を聞いてきました。

今年は前説‥というか乾杯の音頭の時に、
「今年はナオト(ナオト・インティライミさん)がいないから、
 無理に盛り上げる人がいないので、
 各自のノリで盛り上がって下さい!」
と言われていたんですが(笑)
情熱ステージの若手さんが舞台を盛り上げる。
カサリンチュさんが大いに煽り、
会場みんなでサビの部分を大熱唱。
そして暑苦しい舞台が続くと、
「私が涼やかな風を吹かせます!」と、
坂本さんの澄んだ美しい爽やかな歌声が響く。
若手さんも無茶する大人たちに全然負けてない。

私的に今年の一番の楽しみは、
宮沢さんと美里さんでした。
美里さんは昨年行けなかった分今年ちゃんと聴きたかったし。
私の中では青春の音楽の代表格のお二人なのです。
↑年齢ばればれ(笑)
美里さんは夏にぴったりの歌から始まり、
最後には「My Revolution」を聴く事が出来て、
本当に本望でございました。
宮沢さんは「風になりたい」に始まり、
「世界でいちばん美しい島」後に「島唄」でした。
もう‥素敵過ぎて感無量でした。
私的に夏祭りで一番聞きたかった方だったので。
また是非!!きっと!!!!!
しかし今年は宮沢さんといいカサリンチュさんといい、
HYさんといい沖縄色の強いステージが盛りだくさんでした。
エイサーの方たちの太鼓素敵でした!

今年のゲストの大トリは鈴木雅之さん。
日本一野外ライブが似合わない人という自己申告(笑)
ばっちりがっちりタキシードにエナメル靴だった。
色んな意味でアツいよ(笑)
マーチンさんが連れてこられた今年のコラボ人は、
元チェッカーズの竹内さん!!!
今年はF-Bloodでご兄弟出演だったので、
ステージ上で元チェッカーズが3人も!!!
なんか懐かしいような‥ちょっと寂しいような。
でもそんな想いも一瞬で、
今年もめ組もランナウェイも歌って踊ってきた!
楽しかった!!すっごい嬉しかった!!
でも毎度ここで友人の息子さんが、
「わからん‥」と言うんだよ。
そりゃそうだ‥わかんないよね(苦笑)
大人の夏祭りがコンセプトだからその辺は許して。
そういえば角松さんが曲紹介で、
「すっかり某アイドルの持ち歌みたいになってるし、
 当時違う名前で世に出したけど、
 あの曲のオリジナルは僕です」
と宣誓して歌ってた「WAになって踊ろう」
彼にとっては運動会の曲なのだろうが、
私たちにとっては某アイドル曲になってしまう。
‥ジェネレーションギャップ(笑)
でもこれが音楽のいいところでもあるよね。
曲を聞けばその当時がすぐに浮かぶから。

そしてこのBONANZAの何よりの特典が、
世界的天才ヴァイオリニストの、
コスプレショーが見られるというのもあるかと(笑)
‥まぁ、たまに地上波でも無茶な事してはるけど(苦笑)
今年はどこぞの酋長風な格好(これはたびたび出てきた)と、
憂歌団さんの時にママチャリで乱入してきた、
大阪のおばちゃんが強烈でございました。
押尾さんの時には今年もちゃんと柄シャツ着てた。
「オッシーの為に今年も柄シャツ選んできたのに‥」と、
褒めてもらおうとするもあっさりスルーされてた葉加瀬さん(笑)
そういえばこの時は柏木さんも押尾さんの柄シャツに合わせて、
ガラガラしたシャツ着用してた気がする。
でも柏木さんはラストの葉加瀬さんのステージでの衣装が、
私的好みにだだハマりでもうしばらく目が離せなかったな。
なんてたって‥白シャツ!!!!
白シャツでチェロを弾く姿がそりゃぁそりゃぁ‥
壮絶に色っぽくて艶っぽくて美しかったです!!←ヤバい人(汗)
(葉加瀬さんよそ見しててごめんなさい(笑))
シャツはさて置いたとしても(笑)
押尾さん・葉加瀬さん・柏木さんのセッションはとっても素敵だった!

今年は本当にアツくて暑くて、
アルコールもお茶も水もかなり大量に進んで、
全部汗になって出ちゃったので服は塩吹いてた程だったし、
もう途中へろへろになってたんですが、
なんとかラストの「タイトルのない唄」までたどり着けました。
来年‥またこの場所でお会いできるか‥
かなり自信はありませんが(苦笑)
また元気に夏の暑いひと時を、
最高のBGMと共に過ごせたら幸せかと思います。
‥来年までに体力つけんとね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな夏もある

2013年07月09日 23時56分53秒 | 日常のつぶやき
暑い夏が容赦なくやってきました。
PCを立ち上げるとか、
テレビをつけるとか、
暑い行為を自然と避けてしまっています。
それでなくとも室温が夜中でも、
35度付近をキープし続ける我が家では、
少しでも温度を上げる行為は避けたい(笑)
同じ理由で部屋干しもちょっと怖い。
除湿を1時間かけても70%台キープの我が家。
不快指数極まりないですから(笑)
‥という言い訳と共にブログ更新滞っています。
もう感想書くのも熱気にやられた頭では、
まったくまとまりません(言い訳その2)
その中でいくつかは書いたので、
そっと上げておきます。
あくまで備忘録なのでそっとあげときます(笑)

今月‥今夏になるかちょっと不明ですが、
劇場に赴こうかと思ってたんですが、
ちょっと色々な諸事情から足が遠のきそうです。
とりあえずいつも拝見している劇団さんや役者さんたちも、
あまり活発に関西で活動している時期ではなさそうなので、
それに乗じてちょっと私も休憩予定。
いくつか観たいのもあったんですが、
ここは我慢の子でいようかな?と思っています。
まぁ‥そんな時期もある。
無理は禁物。
たとえ一期一会のものであったとしても、
気持ちが整わないと、
とんでもない一期一会になりかねないから(笑)
でもせめて映画館には足を運びたいんだけどなぁ。
めずらしく見たい映画あるし。
夏の間に某劇場に行くなら、
台湾スイーツのお店についでに寄りたかったんですが、
行く予定がまったくないだけに‥
機会があれば行く!くらいに思っておくか(涙)
秋以降にはちゃんと趣味復帰出来るように、
色々整える夏にしておきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穢れなき真白な雪

2013年06月17日 23時15分22秒 | Rooter
STAR★JACKS #006 『おぼろ』

2013年6月12日(木)~6月17日(月)
 於:江坂スペース・シアター

作・演出:柿ノ木タケヲ

CAST:
ドヰタイジ/浜口望海/藤井誠/中鶴間大陽/銭山伊織
福地教光/山根千佳/カワナベチカシ/阪東浩考/倉田操/
すぎもとみさき/藤間宏衛門
林遊眠/三原悠里/橘ゆい
稲野杏那/上野みどり/澤井里依
野村ますみ/まるいあかね/上田一輝/岡田かいり/小川惇貴/
奥田卓/尾崎秀明/尾場瀬華子/樺澤綾/佐々木麻帆/
茂木健一/下浦貴士/焼酎ステラ/新谷佳士/西澤将太/
森孝之/吉田知生
松木賢三

STORY:
華のお江戸。
今夜も貧乏長屋にそっと銭をまく影。
そう、ご存知、怪盗おぼろ小僧と、おかまのお花である。
二人は義賊として、庶民に慕われている。
一方、江戸の片隅に住むからくり職人、平賀源内の家には、
おぼろ小僧を追う岡っ引き銭形平次の姿が。
いつもおぼろ小僧を取り逃してしまう平次、
相当に悔しい思いをしているようだ。
そんなおり、渋谷村で異変が起きる。
祭の晩に、ほうき星と共に、
二匹のもののけが現れたのであった。
どうやら二匹は「ミレエ」だか
「ネオトーキョーシティー」とかいう街からきたそうで‥





久しぶりのマチソワ観劇。
ソワレ分の感想は本日に繰越しました。
劇場が‥名称変わりましたが元ぷらっつさんです。
久しぶりに参りました。
ジラソーレも100均へと姿を変え、
ビルのひまわりさんの看板も外され、
なんだかちょっぴり切なさ感じます(苦笑)
初STAR★JACKSさんです。
前回の松木さんの客演を拝見出来なかったから。
今回はどうやら劇団に新人さんが入っての公演だったようで、
始まりは口上からスタートでした。
劇団さんのカラーを存じ上げている訳ではないので、
私の個人的な感想なのですが、
大衆演劇もベースにあるのかなぁという感じで、
人情物上手そうな印象でした。
和モノを扱う劇団さんは最近ちょっと増えてきたのかな?
やっぱり古からの遺伝子なのか、
チャンバラを拝見するのはちょっと血が踊りますが(苦笑)
和モノを得意としている劇団さんみたいなので、
和殺陣楽しみにしていたんですが、
日本刀系というよりかは、
どっちかと言えば格闘系得意なんですかね?
かなり接近戦多しなんですよね。
そして小道具の使用も多い感じでした。
長棒、戸板、縄、十手等々を使用した最後の長い大立ち回り。
私が拝見したのが1日2回公演の夜だったので、
さすがに最後はへろへろ状態になってらっしゃいました。
大量の雪舞う中での格闘戦なので、
足元踏ん張るのも大変だと思うし、
ありゃ‥体力いるよね‥。
思わず最後の雪の中に倒れ伏すところで、
「‥お疲れさまでした‥」と思ってしまいました(苦笑)
(死んでないのはさすがによめたので(笑))

大衆演劇的な大立ち回りや、
歌舞伎的制止してからの演出みたいなのもあり、
そしてなにより‥お花の存在を、
男の夜鷹としているのが歌舞伎っぽい感じですね。
女形をわざわざ用意している感じ。
ホントはここは女の子でも良いんだと思うんです。
血のつながらない兄を想い、
あったかい家族を作りたいという夢を抱きながら、
過去の傷の事もあって自分には、
太陽のような兄は不相応と諦めつつ、
影になり日向になり尽くして尽くして、
そして最後は儚く散っていくお月さま系のヒロイン。
まぁ‥女子だと捨丸との事がやけに生々し過ぎるだろうし、
ラストシーンがあまりに酷過ぎるだろうから男設定の方が、
良かったのかなとも思いますが。
この難しい役どころのお花役の藤間さん。
着物のさばき方とかがめちゃくちゃ違和感なくて、
立ち姿とか佇まいや所作とかがとにかく綺麗で、
お名前拝見してもしや‥とは思ったんですが、
やっぱり藤間流の名取をとられている方だったんですね!
最初は申し訳なくもゲテモノ系担当かと思ったんですが(汗)
本当に優しく儚いヒロインでした。
お久しぶりに拝見したのはすぎもとさん。
劇団をお辞めになられたのでなかなか関西では拝見出来ず、
本当に本当にお久しぶりです。
お久しぶりにもかかわらず、
相変わらずのセクシー美女加減がまったく変わってなくて、
ちょっと衝撃でございました(笑)
小悪魔全開。

松木さんは奇天烈な発明家・平賀源内。
ひょうひょうとしたとても良い役でございました。
出番も結構多いし、結構なキーパーソン。
奥さんには弱く、
新しいものを受け入れる力のある未来志向の男。
奥さまの山根さんとのやりとりが、
いちいち可愛いんですよね。
絶対一生頭上がらない感じ(笑)
山根奥さまも馬鹿ーっ!って怒っちゃっても、
最後には許しちゃうダーリン大好きって感じで、
何をされても奥さん大好きって感じの旦那と二人で、
ある意味バカップルならぬバカ夫婦(笑)
でもことからくりに関してはまっすぐ一直線。
そんな所が奥さまも放っておけないんだろうな。
最後の子供が出来て二人が仲良さげにしているのが、
見ててとっても幸せ感じたなぁ。
殺陣もちょっとだけあったんですが、
やっぱり立ち姿とか動きとか、
松木さんの殺陣良いなぁって思う。
剣豪武蔵とは一転、
刀を押入れに入れっぱなしにして錆つかすような侍なので、
そんなに見せ場が多くなかったのが残念ですが。
私的初見の福地さんとの並びは、
眼福ものの色気あるイイ男の並びでございました。
ごちそうさまでした(笑)
福地さん、私が拝見した時にはお誕生日当日だったので、
松木源内の所にやってきて愚痴を言うはずが、
「お前、今日誕生日だってね」と先手を打たれる(笑)
続いて「はい、プレゼント」ってのど飴渡される。
喉大変だったみたいですね。
「ありがとう」と受け取って‥
そのまま小袋開封して‥食べちゃったよ!!台詞続くのに!(笑)
袖にはけるわけにいかないシーンだったので、
その後どうするんだろうと思ってたら‥
もごもご‥ごっくん。
‥飲みこみましたよね‥早急に。
すごい役者魂と思ってしまいました(笑)
その後それを着物の袂に入れるんですが、
動いている時にタイミングよくひらひらと舞台上に舞い落ちて、
ちょっと笑いも取れて(周りも上手く処理して)、
良い小道具使いでした(苦笑)
カーテンコールでは、
ドリカムのHAPPY BIRTHDAYの曲が流れる中、
スタッフさんがケーキを持って登場して、
火を吹き消すタイミングを失いつつ(笑)
みんなで盛大にお祝いをしました。

お話は私的にはもう少しタイトにして、
もっと欲しい筋を残した方が良いのかな?と思わなくもなく。
捨助がなぜ狂気に走ってしまったのか、
なぜ捨助があんなにもおぼろとお花に固執して、
わざわざこの街に戻って来た事も、
おぼろを語り悪行の限りをつくすのも、
どうしてなのか推し量れないんですよね。
だから話にどっぷり浸れない感じでした。
なんとなく主軸がちょっとブレ気味な印象を受けたので。
「え?それあっさりスルー?」的な部分と、
「え?そこそんなに詳しくなくても‥」的な部分があって、
もう少し整理されていると良いかな?と、
個人的な好みでそう思いました。
あとは未来の設定がちょっと腑に落ちなくてね。
「本物の雪を見た事無い」ならすとんと落ちたけど、
「月に雪は降らない」と言われても‥
人工雪は今の地球上に住んでる人たちでも、
見る事は可能なので月に降らせる事は可能だろうと、
ちょっと思っちゃったりしたんですよ。
タイムスリップ出来る能力があるのなら、
それぐらいの技術を月に運ぶくらい出来ると思うし。
‥すいません、現実的過ぎて。
キャストが多い分散漫になりがちな部分もあるし、
ちょっと欲張って色んな人の背景を語りたい部分との、
バランスがちょっと難しかったのかな?
おぼろチームと源内チーム、銭形チーム、捨助チームと、
4つの展開は結構きつかった気がします。

久しぶりのぷらっつ‥もといスペース・シアターからの帰路。
松木さんをあの場所で拝見出来たのも久々だったから、
なんだか懐かしいような、
それでいてちょっと切ないような気持ちを抱えて帰宅。
Rooterさんの役者さんを、
舞台の上で次に拝見出来るのはいつになるのかなぁ‥。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうせ好きになるのなら

2013年06月11日 23時47分05秒 | 日常のつぶやき
某アイドルの次のシングル曲のセンターの選挙やら、
スクランブル交差点の騒動を収めた警察官の方の、
「ものは言い様」的なお見事なワザとか、
そんな話題を見るにつけ改めて、
「日本って平和な国やなぁ‥」としみじみ感じます(笑)
もっとニュースとして伝えて欲しい事も、
伝えねばならない事もあるかもしれませんが、
こういう話も伝えていられる、
ほのぼのとした状況も、
悪くは無いなぁと思ったりもするんです。
週末に拝見した舞台の影響ですかね。
ご飯食べて安心して眠って、
夢見たり恋したり着飾ったり、
笑ったり泣いたり怒ったり嘆いたり愚痴ったり。
自由って‥平和って良いなぁって。
享受して保守していかないとなぁって。
そんなことを車や人を通行止めにして、
SP(警察官)付の鴨の引越しのコガモを見ながら思う。
うん(笑)
感想はまだ書けてないものがあるので、
溜まり気味ですが早くはきださないと、
私の記憶だけは順調にPut Out中なので、
完全に失ってしまいそう(笑)

趣味は何ですか?
なんて質問される事もまだ時にはあって、
とりあえず「観劇です」というここ数年。
(さすがに「華流です♪」というカミングアウトは、
ちょっと後の説明を考えると出来ないんです(笑))
もっともっと以前は「スポーツ観戦です」だったな。
今でも見るのは球技やら体操やら水泳やら、
柔道とか格闘技とか色々なスポーツ全般的に大好き。
やるのはからっきしダメだけど(苦笑)
超絶に運動音痴な上に体力無し子だから(笑)
そしてどれにしろ完全に私の「趣味」なんですよね。
そう‥楽しみ、興味あるもの。
誰かの役に立ったりとか全くないんですよね(苦笑)
私が好きで勝手に観に行っているもの‥という概念なので、
役者さんや明星さん、選手たちの役に立つ‥
なんて存在には全くならないんですよ。
「伝えて下さったものをしっかり受け止めました!」
とかの意思表示もあんまり示せてないから(苦笑)
応援者にもなれてないんですよね。
唯一、劇場座席埋めてるくらいが、
役にたってる事かな?とは思いますが、
それだって役に立ってないに、
ほぼイコールぐらいの役立ち具合(苦笑)
↑つまりからっきし役に立ってないって事だし(笑)
普段全くの役立たずなんだから、
趣味くらい人の役にたつものに、
興味を示すんだったなぁと思います(笑)
あっ!ちなみに‥
「私の」スタンスが役に立ててないというだけで、
観劇やスポーツ観戦等々で応援者として、
役に立てていらっしゃる方が大半だと思います。
観劇という趣味を否定しているわけではありません!
絶対に!!!
なのでまだこの趣味の看板を下ろす予定はありません。
‥たぶん(汗)
細々でも続いていければとは思ってるんだけど。
私の周りの方たちは、
趣味や興味のあるものが人の役に立つ方が多いので、
もっと周りの役に立てるような趣味も探そうかな?
そう思う今日この頃です。
仕事にしろ趣味にしろ夢中になれるものが何かあるって、
良いなぁと思うので、
この年になってもまだ人生の道行やきらめきを探すのを、
止めないでおきたいと思います。
‥たぶん(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加