☆CO.BLOG☆

SURF.DIRT.FASHION.MUSIC.東京足立の"NOT ONLY"な店「CO.BRA(コブラ)」のBLOG。

QUARTER EPS SURFBOARDS ORDER FAIR!!!

2016-10-17 15:05:38 | SURFBOARDS/サーフボード




JPSAショートボード最終戦、「ブルーエコシステムプロ supported by 夢コーポレーション」にて
アマチュアとしてトライアルから出場、破竹の勢いで勝ち上がり公認プロ資格を得ただけでなく、
その勢いのままに優勝した茅ヶ崎出身の森友二選手。

最近では世界戦での活躍も記憶に新しいところから、一気に注目を集めている選手でもあります。


 
photo : surfmedia




言うまでもなく最近の森選手のサーフィンを支えているのが、
皆さんもご存知、そしてご愛用の"QUARTER surfboards"ですよね。

この森選手は言わずもがな、田中IZUKI、田中海周、木谷裕といったプロチームや
CO.BRAでもショップライダーの渡辺TSUYOSHIなどがそのQUARTERのサーフボードで
皆さんを魅了する爆発的なサーフィンをしています。



photo:"QUARTERファクトリーマンのブログ"より



そしてここ最近、そんなQUARTERトップパイロットたちの動きを察知した方がたから
よくお問い合わせのある「EPSフォーム」でのオーダーについて。

強度も高く、非常に軽量なことからスモールウェーブでのパフォーマンス性能を引き上げ、
ネクストレベルのラディカルなターンを目指す方々に注目が高まっています。


ただし作業が通常のウレタンフォームよりは手間がかかることや、
材料費も高値であるためどうしても販売価格が高くなってしまうのはどのメーカーも同じ・・・。


そこで!この機会にいかがでしょう?というキャンペーンが始まりました!






以下QUARTER販売元、SeamilesIncより抜粋します


【EPS ORDER FAIR】開催!!!

皆さんも御存じでしょうが、近年コンペシーンにおいて、プロサーファーがEPS素材の
サーフボードを選択する選手が増えてきています。

もちろんクォーターサーフボードライダーの田中樹や、アマチュア森ゆうじも
2016年度の試合の多くの場面で使用していました。

今回のフェアでは、多くの方にEPS素材を選びやすくお求めいただきたい!!という事で
チャージ料金の値下げと、フィンボックスチャージ(FCS2トライフィン)の
無料キャンペーンを行いたいと思います。 


詳しくはお近くのクォーターサーフボードディーラーまでお問い合わせください。
また、ポリ素材も期間内のオーダーでフィンボックスオプションのみですが
フェア対象とさせていただきます。





●EPSとは

EPS素材はポリ素材よりも全体的に硬く、軽い素材です。硬い為、壊れずらいのも特徴の1つです!
以前のEPS素材と比べると黄ばみにくくなり、熱への耐久性は向上しました。

注)ポリ素材よりは熱には弱く、車内での放置や炎天下での屋外は剥離の原因となりますのでご注意ください



●メリット

ポリ素材よりライディング中にボトムからトップへの上がりが格段に上げやすい。
トップでの振り回しがとても軽く速い。

●デメリット

素材的にかなり軽く仕上がる為、オフショアが強く吹くと下に降りずらい。
フレックス(しなり)がポリに比べて硬いため、面のコンディションが悪いとボードがバンプを拾いやすい。


●サイズ


ポリよりは浮く素材の為、ポリより厚みを1mmから2mm薄くオーダーをお勧めします。
サイズの大きい波にはあまりお勧めしません。
膝から肩位までのコンディションで使えるボードがお勧めです。








トータルで計算してみると、ナント¥23,760-もおトクなこのキャンペーン、
ASSASSIN?はたまたSEEKER?
それともNIGHTHAWKで??

ぜひ次に乗るボードはいま注目の「EPS」にしてみてはいかがでしょうか?


軽量でスモールコンディションでのスピード性も高まるので
ウィメンズサーファーにもとってもオススメしたい素材でもあります!


分からないこと、もっと詳しく知りたい方はたくさんいらっしゃると思いますので、
ぜひ店頭にてご相談お待ちしております!






☆1 LIFE☆




 

『マリンスポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HAPPY☆WEDDING PARTY 10/15 | トップ | R U READY?〜"QUIVER" wetsuits »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。