京都の厨房屋のオヤジは歳をとりましたが、まだまだ旅の途中の様です・・

人が好きですからもう少し頑張って見ましょうか・・ などと厨房屋を永年営んでおります京都のミーハーオヤジです・・

大阪府への玄米保冷保管庫

2016年12月28日 11時49分09秒 | 全国への厨房機器販売、配送

 

大阪府の食堂様からのご注文は、玄米の

 

保冷保管庫ですが、14年前に納入しました

 

同商品のご使用経過年数によります

 

入れ替えを、厨房リニューアルに際し

 

決断されました。御飯が美味しくて有名な

 

食堂とのご主人のお話でした。

 

お米は常温で保存しますと呼吸をして

 

栄養分を吸収します。美味しさの素である

 

澱粉質も一緒に消費されます。

 

貯蔵が長期に及ぶとお米の脂肪が

 

酸化して鮮度も落ちてしまいます。

 

玄米を15℃以下に低温貯蔵して呼吸

 

作用を制御し収穫時の美味しさを保つ事が

 

大事となります。上等のお米でも精米後、

 

時間が経てば二級品のお米の精米直後

 

よりもお味が落ちる場合も御座いますので

 

勿体ないです。

 

弊店販価297,600円

 

勿論新品で、送料も不要です。

 

メーカー製造工場出荷部より直送で、

 

商品名は、ホシザキ・玄米保冷保管庫

 

HRA-28GD1

 

幅1400×奥行1045×高さ1910(mm)で

 

単相100Vの1570リッター

 

庫内温度は+5℃~+15℃で30Kgの

 

玄米袋を28袋収納します。

 

他にも小型で6、14、21袋収納タイプも有ります

 

何時でもお気軽に御問合わせ下さい。

 

勿論新品の一年間保証に加え、心臓部の

 

コンプレッサーは三年間の保証付きです。

 

後々のメンテやサービスもメーカーや弊店に

 

安心してお任せ下さい。

 

弊店は昔から律儀なお取引と、何時までも

 

信頼を持ってのお付き合いを望んでおります。

 

http://www.murasakinotyuuki.com

 

弊店所在地

 

御問合わせ

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〒 603-8303

京都府京都市北区紫野十二坊町 8-8

京都紫野厨器特販

今石 信太郎

090-1900-2973

TEL 075(417)2714

FAX 075(417)2715

E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com

E-mail : jitensya@mws.ne.jp

URL : http://www.murasakinotyuuki.com

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厨房機器の年内お届けは・・ | トップ | 鹿児島への3ドア台下冷蔵庫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。