yu-yapenguinのGOOグロ部

日々のいわゆる出来事描いてます。

下種でクズは高村副総裁だ!

2017-06-17 14:50:19 | 日本・政治・経済
 自民党の高村正彦副総裁は十六日の役員連絡会で、「加計学園」問題を巡り「岩盤規制に政治主導で穴をあけた立派な決定だった。しっかり説明し、野党の一部にあるげすの勘繰りを払拭(ふっしょく)してほしい」と語った。
 この発言に対し二階俊博幹事長は、同日の記者会見で「『げすの勘繰り』なんていう言葉は、ほとんど使用禁止用語。今後そういうことのないように党として考えたい」と話した。世論の反発を懸念したとみられる。

「以下略」

【政治】
 
高村氏「野党 げすの勘繰り」 自民幹部が 閣僚が…相次ぎ「口撃」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017061702000125.html
ーーーーーーーーーーーーー
盗人猛々しい。お前達こそ「下衆の極み」だ。

2017.06.17(土)

いまだに共謀罪がテロ対策だと騙されてる

 

朝日新聞に津田大介が「共謀罪」について書いている。
津田は〈「共謀罪」をめぐる議論の本質は、「安全」と「人権」の関係にある。〉と言う。
〈テロ防止のためには自由が制約される。自由を優先すれば安全を確保しにくくなる。〉と言う。

これは三浦瑠麗の主張に影響されてるのだろう。
一件、こういう「論点整理」がありそうに見えるが、秀才にありがちな、安易な分析である。

この「論点整理」は、「共謀罪」を受け入れれば、自由が縮減されるが、テロが防げるという誤解を招くではないか!

「共謀罪では、テロは防げない」というのが真実であり、「自由と民主主義が委縮する」というのが真実である。
これを高山佳奈子が見抜いているし、木村草太は分かっている。

つまり、三浦瑠麗にも、津田大介にも、まだ「論点整理」ができていない。

欧米では共謀罪があるのに、テロが頻発するが、日本では共謀罪がないにも関わらず、テロが起こっていない。
これはなぜか?
 

左翼過激派のテロと、オウム真理教のテロで、日本における組織的集団のテロリズムは終わった。
その後、現れるのは、秋葉原通り魔事件のような個人による無差別テロである。
ローンウルフ型のテロは、共謀罪では防げない。 

もちろん欧米を見れば分かるように、「共謀罪」があっても、テロは防げないし、対テロ対策はもはや手詰まりになっている。

日本では2002年以降、犯罪発生率が半減している。
抜群に治安はいいのだ。
それは日本人の公共意識が歴史的に広く、秩序感覚が強いからであり、格差拡大で活力が奪われているからでもある。
さらに、現在の刑法がすでにテロ防止になっているからだ。
外国と日本は違うのだ!外国のマネをする必要がない! 

外国のテロに怯えて、わざわざ日本国内の自由を手放す必要がどこにある?
テロルは恐怖という意味であって、恐怖で敵を動揺させ、自由や民主主義という価値を崩壊させ、混沌に巻き込むことが目的である。
日本は一度もイスラム過激派のテロを経験していないにも拘わらず、すでに、彼らのテロリズムに負けているではないか!
まったく馬鹿な国民だ!
YOSHINORI KOBAYASHI OFFICIAL SITE | 小林よしのり公式サイト

https://yoshinori-kobayashi.com/13309/

まったくだ!共謀罪をテロ対策だと思ってる国民どもはクズの極みだ!!!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日(金)のつぶやき その3 | トップ | ナチス+アルファ? »
最近の画像もっと見る

日本・政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL