ペンキ屋のディスカスライフ

趣味の1つディスカス飼育のブログです。

交換や洗浄後に白濁り!

2017-05-19 21:18:00 | 日記
こんばんは。

今日は当たり前の話になりますが
家で使っています上部とウールのみの例えで
ちょっと記事にしてみました。

ディスカスの数や餌量に対して
濾過不足の白濁りとは違い
昨日まで水ピカでウール交換もしくは洗浄をした!
こんな時
翌日に白濁りした場合
ウールの枚数を必要以上に交換し過ぎとなります。
また
洗浄も同じで必要以上に洗い過ぎると白濁りします。
従って少々濾過のバランス崩れ
次第にアンモニアや亜硝酸に戻ってしまいます。
ディスカスを始めた頃は殆ど知識がなく
見た目で判断し汚れてたら交換したり
洗浄したりして良く白濁りさせていましたね~
もちろん水質も少々悪化してたと思います。
ここで良く
バクテリアの素や吸着濾材などを買ってきては~
良く無駄遣いしてましたね~(笑)
原因は交換や洗浄の時期が適当過ぎたからです。

そして下手くそから数年
今もですが(笑)
良いお店に出会い
現在は教えて頂いた事を基本に考え
自分なりに決めて行っていますが
濁りとは無縁になりました。
昨日まで水ピカだったのに交換や洗浄をして
翌日に白濁りでは見た目いやですよね~
気分的にもです。

もし交換時や洗浄時に白濁りした場合は
他の水槽の交換や洗浄時期を利用して
タイミングが合えばそれを移して使い回ししますが
それ以外は餌抜き方法を選びます。
後、これとは別に水替えでの対応もありますが
基本水替えは1日1本ずづ
順番を決めてやっていますので
1つの水槽に構ってはいられないんです。
従って水が悪化してても
無理して水替えでの対応はしないです。
水替えの順番がこれば適度に行います。

また立ち直りは
使ってる濾過器や水量などで左右されますが
水量に対して濾過器が十分対応していれば
3~5日位で立ち直ってきます。
また水が立ち直ったからと言って
いきなり何時もの餌量を与えると
繰り返し水が悪くなってしまいますので
最初の数日は
ディスカスの胃をびっくりさせない事も兼ねて
餌は控えめに与えていく事になります!
そのうち元通りの水ピカになって
下の写真のように調子も凄く良くなってきます。



交換や洗浄でバクテリアを捨てる!
このタイミングを知れば
地域地域で自然に湧いたバクテリアで十分ですね!
ディスカスを辞めない限り
上手くバクテリアと付き合っていけば
一生もんですね!

ではまたで〜す。
『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目の保養第二弾! | トップ | 汲み置き水槽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL