コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

すべてがあなたにちょうどいい

2017-06-02 06:25:57 | Weblog
お釈迦様の言葉に、
このようなものがあります。

すべてがあなたにちょうどいい。
今のあなたに今の夫がちょうどいい。
今のあなたに今の妻がちょうどいい。
今のあなたに今の子どもがちょうどいい。
今のあなたに今の親がちょうどいい。
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい。
今のあなたに今の友人がちょうどいい。
今のあなたに今の仕事がちょうどいい。
死ぬ日もあなたにちょうどいい。
すべてがあなたにちょうどいい。

自分の思いどおりにならない人に対して、
ひどく怒ったり、
怒鳴りつけたり、
威張ったりする上司がいるとします。

そのような上司が、
「部下が自分の思いどおりにならない。
どうして思いどおりに動かないんだろう。
どうしたら、
自分の思いどおりに動くようになるか」
と相談があります。

そのような質問を受けたときは、
このお釈迦様の「ちょうどいい」という言葉の話をします。

「すべてがちょうどいいのだそうですよ。
自分の思いどおりにならない部下に対して、
怒鳴ったり、怒ったり、威張ったりしていませんか?」
と聞きますと、
「それは、ときにはそうしないといけない」と話されます。

でも、それは違うらしい。
怒鳴ったり、
怒ったり、
威張ったりしているのは、
自分が偉いと勘違いしているだけです。

怒鳴ったり、
怒ったり、
威張っている人のもとには、
そのような人しか集まってこない。

反対に、
どんなことに対しても、
笑顔で、にこやかに、
温かさを持って接することができる人は「人格者」であり、
「人格者」のもとには、
にこやかで楽しい人が集まってきます。

「私」がすべてを決めています。
すべてが自分にちょうどいいのです。

「私は会社を辞めたいと思っている。
うちの会社はこうで、
専務はこうで、
社長はこうで、
部長はこうで、
どうしようもない。
嫌になる」
と話す人が結構います。

そういうときには、
「あなたの言っている上司や会社は
たしかにそうかもしれません。
100%正しいことを誇張なく言っているのかもしれませんが、
あなたはその会社で給料をもらって、
それで食べているのですよね。
自分の生活を成り立たせてくれる会社や上司に対して
そういう愚痴や悪口を平気で言えるあなたは、
どうしようもない社長、専務、部長と同じような、
どうしようもない社員なのではありませんか?」

そう言われてショックを感じつつも、
ハッと気づく人がいます。

つまり、
人の悪口、
組織の悪口を言っているというのは、
実は、全部自分を暴露していることにほかならないのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月1日(木)のつぶやき | トップ | 最悪を受け入れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL