コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

自分の知恵を惜しみなく提供する

2016-10-12 06:16:44 | Weblog
年齢を重ねるたびに、
多くのことを学びます。

ですから、
学んだことのいくつかは、
若い人たちにとって貴重な教えになるはずです。

特別なスキルや知恵があるなら、
それを後輩たちに伝えたい。

情報や時間の出し惜しみはよくありません。
知恵とスキルも抱え込むより、
分かち合ったほうが大きな価値を生みます。

そのチャンスが到来したら、
そのときは惜しみなく時間と情報を提供するべきです。

例えばこの原稿だって同じです。
私のもっているすべてを書き綴ります。
すると、
次の知恵が湧いてくるのです。
セミナーだって、
研修会だって同じです。
毎回すべてを出し切ります。

自分の経験や知識がどんな人の役に立つかは、
誰にもわかりません。

思いがけないところで誰かを刺激したり、
誰かの心に火をつけたり、
誰かを励ましたりできるかもしれないのです。
ですから、
自分なんか誰の役にも立たないと思い込んではいけません。

このルールは、
職場でも積極的に活用してください。

自分だけの知識やスキルは、
職場での出世競争の武器です。
どうして、
競争相手に武器を渡さなければいけないのか?
そう考えるかもしれません。

しかし実際は、
成功する人ほど、
自分の知識やスキルを周りに惜しみなく
伝えているものも事実です。

知識は伝えなければ、
自分の代わりになる人が育たないからです。

知恵を守り通すということは
見方を変えれば、
一生今の状況に
自分を縛ることでもあるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い通りにならないことを楽しむ | トップ | 自分より恵まれた人を恨まない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL