コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

人の評価を気にしない

2017-06-20 06:58:42 | Weblog
人の評価を気にしないで、
やりたいことをとことんやる

そんなことをいつも考えています。

「人生に悔いはないが反省はある」
そんなことをいう人がいますが、
果たしてその人は、
ほんとうに後悔することはないのだろうか?
けっこう強がりでいっているようにも感じます。

後悔すること。
これは言い換えれば「過去を引きずっている」ことです。
「ああすればよかったのにそうできなかった」
「あれをやりたかったのにしなかった」
そんな思いを抱いてしまうのは、
力が足りなかったり、
判断が甘かったり、
リスクを怖がって一歩前に踏み出せなかったからです。

反対に力があったり、
判断が正確だったり、
リスクをいとわずやりたいことをやった人は、
後悔をあまりすることがないだろう。

「過去を振り返ると悔いの残ることばかりです。
どうすればいいんですか?」
そう悩んでいる人は、
まずこれからの人生、
やりたいなと思ったことは極力やるようにすることです。

たとえ人からおかしな目で見られそうなことでも気にせず、
多少の障害があってもそれを取り除く努力をし、
やりたいことをしっかり心に留めてやっていくことです。

悔いを残さないためには、
何かを決断するときには慌てることなく、
自分の正直な気持ちに照らし合わせて、
いま一度じっくり見つめてみることも重要です。
迷いは自分の真の心を見つめる絶好の機会です。

その上で
「たとえうまくいかなくても、
結果が出なくても、
自分の責任で選んだことだから後悔しない」
としっかりといい聞かせ、
実行することです。

また、
自分を等身大でとらえられる人は後悔が少ないものです。
等身大でいるには、
まず背伸びしないことです。
背伸びして何かをすれば、
失敗する確率は高くなります。
力がなければ、
強く求めてもそれがかなえられることはなかなかありません。
背伸びすることは結局、
後悔を増やす原因になります。

私もいままで
「悔いのない人生を生きてきた」つもりでした。
しかし、
歳をとると肉体が衰えて、
人間そうもいかなくなってきた。

歳をとると、
これまでできていたことが、
だんだんできなくなってくる。

そして最近、
そのせいで過去にとらわれている自分がいることに気づき
「あれっ?」と思うことがたびたびあります。
そんなことはこれまでありませんでした。

人はいずれ老い衰えます。
私も土に還るのもいずれあるでしょう。
人の世界において強かろうが弱かろうが、
最後はみな自然に還ります。

そして、
その日までに悔いのない生活を目指したい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命とは人が叩かれる | トップ | 「それがどうしたの?」と考える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL