コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

他人と張り合わず、自分を伸ばす

2016-10-31 06:27:26 | Weblog
「自分の人生は自分の責任」です。

そう考えれば、
不必要に人と張り合うことはありません。

今まで張り合っていた人に対して、
「この人は自分にとってなんの意味があるのか?
この人に勝ってみて、自分の人生になにかブラスになることがあるのか?」
と思えてくるからです。

そうなれば、
「あの人があれを買ったから、私も買いたい」
とは思わないし、
「あの人がまだあれを持っていないから、
私は早くあれを手に入れたい」
とは思いません。

シーベリー(米心理学者)は次のように言います。
「松の木はその枝を伸ばそうとします。
樫の木と張り合おうとしているわけではない。
自分の歌を歌う詩人になりなさい。
自分の色を待った画家になりなさい。
自分自身であることの権利を信じつつ、
あえて目標を定め意図を明確にするならば、
人生を心配ごとで曇らせるようなことはないでしょう。
人生には貴方本来の資質に反するような義務はないのです。
貴方があると思い込んでいるだけなのです。
もし自分自身であり得ないのなら悪魔になったほうがましだ」

私もこのとおりだと思っています。

しかし、なぜ人は、
「自分自身であることの権利を信じつつ、
あえて目標を定め意図を明確にするならば、
人生を心配ごとで曇らせるようなことはないでしょう」
という気持ちになれないのでしょうか。

それは、
「自分の人生は自分の責任」
と思っていないからです。

「自分の人生は自分の責任」という責任感の裏返しとして、
「自分自身であることの権利」を信じることができるのです。

その結果、
松の木は、
樫の木と張り合おうとしないで、
ただその枝を伸ばそうとするようになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世の中には怖いものはない | トップ | 「気に入られる」ことと「愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL