コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

自分自身に楽しいホラ

2017-07-12 06:52:44 | Weblog
他人の悪口を言うことや、
人を陥れるウソを言うことばよくないことは
当たり前のことです。

しかし
他人を傷つけないためにつくウソや
少しのホラであれば
別段問題はありません。

最もどこからがウソで、
どこからがホラであるかというのは、
人それぞれの感じ方で違いますから
難しいところですが、
多少のホラは、
自他共に元気づけるものです。

私が考えるに、
ホラとウソは見栄をはる程度の問題だと思います。

たとえばあるビジネスマンが
次の仕事は100方円の利益がある、
と人に言いふらしたとします。
もしその結果が本当に100万円であれば、
その人は白分の言葉に責任を持ったといえますが、
80万円だった場合は、
ホラ吹きといえます。
しかし、
ちょっと見栄をはったな、
と笑って許せます。
ただ結果が50万円以下になってしまうと、
今度はウソつきになってしまいます。
この人はできないことを言った、
ということになるのです。

しかし、
ホラを推奨する理由は
たいてい今から起こるかもしれない
未来の願望を言うものだからです。

人は、
願望を持たなければ、
現実とすることはできません。

また、
願望を100%達成するのはなかなか難しいものです。

100万円かせぐと言って、
100万円を本当にかせげる人はなかなかいません。
本当に100万円をかせぎたかったら、
目標をもう少し高く設定して、
最低でも120万円かせぐぞ、
と思っている人のほうが、
100万円をかせげるのです。

目先の目標は高ければ高いほどよいとは思うのですが、
あまり高すぎても具体的な現実味を帯びないでしょう。

200万円かせぐという目標にしてしまうと、
できもしないデタラメなことだから、
自分に確信が持てなくなってしまうのです。

人のもつイメージ力の偉大さを利用して、
自分自身に対して、
プラス発想のホラを吹くことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あと1割の努力 | トップ | 自分で自分を誉める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL