コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

誰にでも優しくする

2016-10-17 05:49:10 | Weblog
誰に対しても丁寧な態度で接し、
いつも助けの手を差しのべることです。

これは習慣化してしまうことです。

すると、
自然とできるようになる。

この態度を
パソコンの初期設定のように考えましょう。

いつ誰に何かを頼まれても、
これからのあなたは
「忙しいんだ。他に頼んでよ」とは答えないで、
「いいですよ。教えてあげよう」
とにこやかに答える人になりましょう。

この態度を仕事を行いましょう。
そして、
自分の評判とキャリアがどう変化するかを観察してください。

誰かが困っていたら、
いつでも自分から
「何かお手手伝いしましょうか?」
と声をかけることを基本にすることです。

買い物帰りに、
紙袋が破れてしまったといった
小さなことでかまいません。

声をかけた相手は、
助けが必要なら、
あなたの申し出を喜んで受け入れるだろう。
もし断られても、
少なくとも声はかけたという事実が残ります。
それがいちばん大切なことです。

これは、
日々の心かけの問題です。

いつも周りの人のためを思い、
笑顔をつくり、
助けを求めている人を見逃さない。

相手の立場で考え、
問題を抱えている人に同情します。

これは、
言いなりになる人と思われることではありません。
むしろ正反対です。
周りの人の問題をすべて解決する必要はありません。
ただ手間と時間を惜しまずに、
周りの人を気遣います。

周りの人にはまったくの赤の他人も含まれます。
すべての人が、
ときどき知らない人にも笑顔を向けるように努力すれば、
世の中の争いも毎日少しずつ減るでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優れた人をモデリングする | トップ | 相手の得を探す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL