コーチkazuの「夢が実現!」 http://www.katch.ne.jp/~k-kami/

コーチ日本1のkazuさんが満を持してブログに登場!教育コーチを日本に広めた第一人者として、東奔西走しています。

自分で自分を誉める

2017-07-13 06:18:02 | Weblog
自分で自分を誉めると言えば
1996年アトランタ五輪の女子マラソン、
有森裕子が3位でゴールし
「初めて自分で自分をほめたいと思います」
と言った名言を思い出します。

人から誉められれば誰でも嬉しいものです。
誉められるというのは、
他人から自分を認めてもらうということです。
これをコーチングでは「承認」と言いますが、
承認されることで人は自信を持ち、
自分の行動や考え方に肯定的になれます。
「これでいいんだ。もっと頑張ろう」という気持ちになれるのです。
それは揺るぎない土台を作ること、
つまり「自己強化」につながります。

ところで、
最近、誰かに誉められたことはありますか?

子どもの頃は、
きちんと挨拶したり、
家のお手伝いをするだけでも
「エライねえ」と誉めてもらえました。

しかし、
大人になるに従って誉められることは少なくなります。
会社で仕事をこなすのは当たり前。
誰も誉めてはくれない。
しかも日本のビジネス社会は減点主義で評価されがちです。
良いことをしても誉められないけれど、
悪いことをすると罰せられてしまいます。

誰だって成功体験を持っています。
うまくやった経験が多少はあるはずです。
しかし、
減点主義の世界にドップリと漬かっていると、
そんなのは当たり前だと思うようになって、
せっかく素晴らしいことをやっていても、
それは頭からすっかり抜け落ちてしまいます。

逆に他の人ならもっとうまくやったかもしれない
というマイナス思考にすら陥ります。

会社人生を歩めば歩むほど、
自分はいかに優れていないかというリストが
出来上がってきます。

特に日本人は反省が大好きですから、
できなかったことばかりに目が向きます。

結果、
自分はダメだと自信をなくしてしまいます。

もっと自分を正しく受け止めてほしいと思います。
自分の行動を前向きに受け止める。
自分を承認して
アウトプットに自信が持てれば、
次なる行動も起こしやすくなります。

だから、
自分を正しく受け止める作業として、
自分を誉めてあげてください。

太人の社会では誰かに誉められることは
そうそう期待できません。

であるならば、
自分で自分を誉めてあげましょう。
自分を一番認めてあげられる人は、
何より自分自身なのだからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分自身に楽しいホラ | トップ | 自分の土台を作る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL