†紋楼の桃色番外地†

MONNLOW主義+大画面では正しく表示されません+about必読+

有料の値打ち

2016年10月15日 | ■TV、NEWS■


ふつうにテレビって無料っていう概念が出来上がっていて
自分がみたい専門チャンネルなどがあればお金を払うという
感覚がある気がする。

あたしは経済の難しいことも法律のこともよくわからないうえで
思うのだが、NHKはお金を払わねばならないということになっている。

NHKの番組は特にBSのドキュメンタリーなど、貴重な取材をされた
番組や素晴らしい情報を多く提供してくれているし
NHKの記者が書いていた本もすごい取材力で感動したことがあるので
NHKがやってきてお金を払ってと言われたらうんと言うだろう。

けれど別に興味もない人も多くいるし、全然見ない人
(例えばあたしはテレビが嫌いなのでNHKのドキュメンタリーとか
基本テレビでニュースとか以外には見ない)
とか、NHK全く見ない人がいると思う。
そこで、お金が発生していると、なぜかわからないけれど
みんな払っているから自分も払わなければと思って払っている
パターンも多いのではないかなと思ったりする。

そういう風になぜかを考えず周りに合わせている人は
意味なく払い続けていれば良いと思う。周りに合わせるのが
目的だから。

しかしなぜかを考える人にとっては結構いろいろな疑問が
出てくるのではないかな?と思った。

NHKは受信料もらって成り立っている、
その受信料って国から出る、イコール国民から出る。
国民がNHKにお金払うことは法律になっているらしい。
例えば一部の勝手な人?(NHKから見て)のせいで、
本当に見たい人が見られなくなっては困る、という理由も
あるらしい。

だから払ってね、でもなく
みんな払ってるから払ってねでもない。
うちの家払ってるのに○○さんの家払ってないなんて不公平、
でもない。

思うに、これだけテレビが無料だと思っている認識があって
見る人も見ない人もお金払うことになっているシステムならば
お金を出すだけの値打ちが どれだけあるかを
NHK自身がアピールしないと、

なんでお金「払わせられる」の?になってしまう。

国だから法律だからというアピールは特にやらないほうがいいと
思うし、それはお金を払ってもらう相手に対して敬意がない。
反感を買うだけだし、その場ではうんと言っていても
嫌われると思うな。
そのうえ自分のところの会社をマイナスの印象にしている。

お金を払う人がいないと成り立たないのだから
いかに値打ちがあって面白そうで 
あたしたちが お金を「払いたくなる」ようにできないと
本当にもったいないと思う。

それだけどNHKはそういう努力をしているのかどうなのか
全く分からない。たぶんしているだろうが見えていないし
ほとんどの人に伝わっていない。

もうほとんどを無料にして有料版を作るとか、
もっと客としてお金を払ってもらう相手に
どういう風に接したらいいのかとか、
なんかいろいろと工夫というか努力?をしなければ
自分たちの首を自分たちでしめている風に感じる。

あたしはNHKの番組すごいなって思うのがあるから
別にいいけど、あたしみたいに思う人ってたぶんそういないと思う。
だからって民放で人気あるような番組を作る必要もない。
それなら民法でいいということになるからだ。

まず、一般に全然NHKがお金払うほど価値あるってこと
認識されていないと思う。

値打ちはどこにあるのか、払ったお金は何に使っているのか?
何もわからない。

あたしだけがこう思っているのだろうか?
むしろそれなら逆にいいのだけれど。

企業を経営してきたみんなに尊敬されているタイプの
人とかに指導してもらう?とかもありなのでは?
でないとせっかく良い番組を作っていてももったいないし。

この時代になんでNHKだけが選択の自由もなく有料なのか、
それだけ価値ありますっていう認知を広めてほしいと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この先一生これか | トップ | ✝MONNLOW Instagram✝ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。