Fishing-gate 乃村弘栄の日記

 琵琶湖 ミックバスクラブ内 レンタルボート 「フィッシングゲート」乃村の日記です

バリ島 GT釣行記 その2

2016-02-01 08:27:26 | Weblog


バリ島に到着した翌日

いよいよ釣りの開始だ

予定は3日間

期待を胸に朝目覚めると


「痛い 痛すぎる…」


前夜から歯茎に違和感があったのだったが 朝目覚めると痛さが増していた てか痛すぎる…

私の歯茎は疲れやストレスが溜まると炎症を起こす癖がある(不衛生?)

ストレスはあまりたまらない性分なのだが、どうやら遠征のやり過ぎで疲れが溜まっていたみたい 釣り疲れだ



とても食べ物が食べれる状態ではなかったが

せっかくついてるホテルの朝食を食べないのはもったいないと、飲みこむように朝食を食べる

プールサイドでの朝食 お洒落すぎるだろw












朝食後

迎えの人をホテルのロビーで待つ


待つ


待つ


約束の時間が過ぎる


待つ
 

待つ


来ねぇw





約束の時間を1時間程過ぎたが迎えが来ない

また このパターンwww


時差か?集合場所が違うのか?

オーストラリアでの惨劇が思い起こされる…





と、思ってたら

迎えが来ました

たんなるドライバーさんの遅刻でした



良かった♪良かった♪
















出船マリーナへ到着

世界各国からダイビングや水遊びをしに訪れる綺麗なマリーナ

そんな中竿持って歩く日本人 ちょっと恥ずかしい













船はポイントに向かいます

向かいますが 波高すぎです… 風が強い訳ではないんですが、丁度潮がぶつかる時間に重なってしまった為 激荒れです

途中 何回か体が浮く程荒れてました 日本なら確実に出船しないレベルの荒れ方です

しかも波の衝撃と同時に歯茎の激痛も走ります 地獄のようでした

クソ アノ ドライバー ガ チコク シヤガッタ カラダ










激荒れの中1時間程走り

ようやくポイントに到着です

既に身も心もボロボロです


しかも到着したポイント

激流で有名なポイントで、立ってるだけでもやっとなぐらいの波高ポイント

「こんなの投げれねーよ」

そう思いながらもヨレヨレ投げていた



2投目





ドッバーン!!!!





いきなり出やがった

しかも 結構デカイ



しかし残念ながらミスバイトに終わる





掛ける事は出来なかったが、一気に期待が高まる

期待が高まるが、この波の中で掛けてもヤリトリできるのか?

色々やべーなバリ島



なんだか楽しくなってきたが

すぐに潮が弱まり

魚からの反応は無くなった

クソ ヤッパリ ドライバー ガ チコク シヤガッタ カラダ











潮が動くまでの間はお昼休憩&ジギングタイムです

毎日お弁当を作ってきてくれます

日本人好みの味付けで美味しい



はずなんですが 歯茎が痛くて噛めません…

残すのもアレなんで一生懸命食べきります

歯が無い おじいちゃんレベルのスピードですw














お昼の後はジギングタイムです


バリ島はでっかいカンパチなんかがジギングで狙える為 ジギングの方も楽しみにしていました

しかし、潮が早いバリ島 100mぐらいの水深でも500g前後のジグを使用します

はっきり言って 辛いです 毎キャストが筋トレです

「移動します!」とか言われると正直イラッとしますw




そんな筋トレを続けていると、私の竿に生命反応!

あまり大きくは無さそうですが

巻き取りだけで一苦労です



クルーが私の後ろで遊んでました



あがってきたのは赤い魚

何これ?ハチビキ?

何かわからないがバリ島初フィッシュでございました♪














その後もジギングを続けたが反応無し










しばらくするとGTポイントの潮が動きだし

再びGT狙いに切り替えます










先程までは大型のペンシルを使用してんですが、シンキングのミノーに変えて攻めてみます

重量級のタックルで185gのミノー

これもまた筋トレです



しばらく筋トレしてると





ゴンッ!!!




竿が絞りこまれた



ジーーーーーーーーーーーー!!!


止まらないドラグ


あ~たまらん 気持ちよすぎる


魚もデカそうだし 潮が速い為 もの凄い引きだ





ドラグを締め込みリフトする



すると




ポロッ




バレタ…





クルーが言うにはフッキングが甘すぎるらしい

自分的には鬼のフッキングを決めたつもりだったのだが

相手が相手なだけにもっと強力なフッキングが必要なようだ

さすが キング オブ アジ







その後も釣り続けたが反応無し

初日の釣りを終了した

キャッチこそ出来なかったが 2バイト 1バラシ 1赤いの

なかなか満足な初日だった

「明日こそ釣る」そう誓い

南国っぽい酒飲んで眠りについたのであった



続く

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ島 GT釣行記 その1 | トップ | バリ島 GT釣行記 その3 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL